質問

Q

アレグラとオロパタジンの違いを教えて

回答済み

鼻炎でアレグラを使っているのですが、オロパタジンのほうが効果が高かったりしますか?
アレグラとオロパタジンは一緒に使えたりしますか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

堀絵
薬剤師

一般的にはオロパタジンのほうがアレグラよりも効果が強く、その分副作用も若干て安いと言われます。

アレグラ(成分:フェキソフェナジン塩酸塩)の副作用には、国内外の臨床試験の結果として主な副作用には頭痛310例(4.6%)、眠気158例(2.3%)、嘔気83例(1.2%)等が挙げられています。
%は試験対象の6809人に対する発生頻度です。

一方、オロパタジンの方は、主な副作用は眠気674件(7.0%)、ALT(GPT)上昇68件(0.7%)=肝臓への影響、倦怠感53件(0.6%)、AST(GOT)上昇46件(0.5%)=肝臓への影響、口の渇き36件(0.4%)等となっています。
%は試験対象の9,620例に対する発生頻度です。

ご参考ください。

アレグラに関するQA一覧

アレグラのお役立ち情報

関連するお薬のブランド

dメニュー