メイアクトは細菌による感染症を改善するための抗生物質です。メイアクトは薬効に優れ、体に及ぼす影響が比較的少なく、その安全性の高さから他の抗生物質よりも多く使用されています。一方で、メイアクトを服用した後に下痢が出やすいといった副作用が起きることでも知られています。
メイアクトを服用するとなぜ下痢になるのか、下痢になったときの対処法、赤ちゃんから大人まで下痢が生じるのかなどを解説していきますので、確認しておきましょう。

下痢の副作用はメイアクトなどの抗生物質ではよく見られる

メイアクトにはすぐれた殺菌効果があります。体内に侵入した細菌の細胞膜の合成を阻害することで、細菌の増殖を抑え症状を改善へと導きます。
それと同時に、メイアクトの成分が腸に達すると、腸内のバランスを整える善玉菌に作用し善玉菌が減ってしまいます。その結果、腸内バランスが崩れ下痢が生じてしまうということです。
メイアクトを服用した後に軟便や下痢が生じることは、感染症を治療する上で仕方のないことなのです。

下痢の対処法のひとつは整腸剤を処方してもらうこと

メイアクトの副作用で生じる下痢を緩和するための対処法があります。それはビオフェルミンRなどの整腸剤をメイアクトと一緒に服用する方法です。
ビオフェルミンRなどの整腸剤には、メイアクトによる腸内への作用に耐性のある善玉菌(乳酸菌)が含まれているので、善玉菌が減ってもそれを補うことができ、下痢の症状を軽くすることができます。
ただし、ビオフェルミンRなどの整腸剤は、医師の抗生物質と一緒に医師によって処方されるものなので、メイアクトと整腸剤の併用を希望する場合は、医師に相談しましょう。
他の対策といえば、十分な休養はもちろんのこと、水分補給を欠かさないようにしましょう。下痢の影響で脱水症状が起こることがあります。胃腸の状態も弱っていることが多いので、消化のよい食事にすることも忘れないでください。
お腹を整えるといえばヨーグルトですが、乳酸菌やビフィズス菌が含まれる製品であれば、ある程度の下痢への効果が期待できるとされています。しかし、ヨーグルトの種類や摂取するタイミング、体質、体調によって、逆効果になり下痢を悪化させる可能性があるので注意が必要です。

下痢は赤ちゃん、幼児、子供から大人まででるの?

メイアクトは赤ちゃんや幼児から大人まで幅広く用いられる治療薬です。大人に処方されるときは錠剤となりますが、子供や赤ちゃんに処方されるときは細粒剤となります。細粒剤の方が服用しやすく、喉につっかえる心配もないので安心ですね。
メイアクト服用後の下痢ですが、大人をはじめ子供や赤ちゃんでも出やすくなります。特に子供や赤ちゃんは大人に比べて下痢が生じやすい体です。本人の様子が元気であれば、多少の下痢や軟便で過度な心配をする必要はありませんので、便の状態を見ながら回復を待ちましょう。

ひどい下痢の場合には相談を

メイアクトは医師から指示された用量・用法を守って服用していれば、副作用で下痢が生じても基本的には問題ありません。とはいえ、あまりにもひどい下痢や下痢が長引くとき、悪化する場合などは医師に相談しましょう。