質問

Q

メキタジンは肝臓に負担を与えますか?

回答済み

メキタジンの飲み過ぎは肝臓に負担となりますか?

回答(1件)

A プロフィール画像

理絵
薬剤師

メキタジン錠の主な副作用は、眠気(発生頻度2.17%)、けん怠感(0.46%)、口渇:口の渇き(0.44%)などとなっています。そのほか、0.1~5%未満の発生頻度として報告されている副作用として、ふらふら感、胃部不快感などがあります。

ですので、副作用がおきるかは個人差や環境さやタイミングによっても大きく変わりますが、眠気、けん怠感、ふらふら感、胃部不快感、口の渇きなどには注意していただければと思います。また、特に発生頻度が低いとはいえ眠気を催すことがあるので自動車運転などの注意が必要となる作業はしないように注意が促されています。

そのほか、かなり稀ではありますが注意が必要な重目の副作用として
① ショック、アナフィラキシー
② 肝機能障害、黄疸といった肝臓への影響
③ 血小板減少といった血液への影響
といったものがあります。

ですので、かなり稀ですが、肝臓への負担も報告はあります。

② 肝機能障害、黄疸といった肝臓への影響
③ 血小板減少といった血液への影響
これらの副作用についても用法用量を守り、処方通りに使っていく分には滅多におこりませんが、長期的にメキタジン錠を服用する場合などは定期的な血液検査をして肝臓や血液の数値をチェックしてもらうと安心です。

ご参考ください。

薬剤師に相談する

minacolorでは、お薬について薬剤師にLINEで相談することが出来ます。

「どんなお薬を使えばいいのかわからない」「薬局に行って聞くのは大変だし、恥ずかしい」

そんなお悩みを解決します。

LINEの友だち追加で今すぐ相談できます。

ご相談の回数制限無し/初期費用月額費用¥0

薬局に行かずに病院のお薬を受け取りたい方はこちら

minacolorでは、薬局に行かずに病院のお薬を受け取れるオンライン服薬指導に対応しています。

ミナカラ薬局が提供するオンライン服薬指導は、お電話で薬剤師とやり取りをすることによって

お薬を宅配便等で受け取ることができるサービスです。