モアリップとは

モアリップとは唇の乾燥や荒れ、口唇炎などに効果のある資生堂が製造販売しているチューブタイプのリップクリームです。高い保湿力があり、子どもから大人まで唇が敏感な方にも愛用されています。

ドラッグストアなどで簡単に購入でき、有名人が使っていたり、口コミでも高い評価が継続してあることから人気の製品です。

リップクリームですが化粧品などとは違い、第3類の医薬品になります。

モアリップの効果

モアリップの効果としては、口唇のひびわれ、口唇のただれ、口唇炎、口角炎に効果があると製薬会社は説明しています。唇がカサつく、ひび割れがある、荒れて皮がむける症状などを改善する効果が期待できます。

口唇炎とは、ひどく乾燥したり何かにかぶれたりすることで炎症を起こし、赤く腫れてかゆみや痛み、ただれ、小さい水泡などを起こすものをいいます。

また、口角炎は加齢やビタミンB2、鉄、タンパク質などの栄養不足、皮膚炎、黄色ブドウ球菌の感染などにより、口角がただれて切れてしまう症状が起こります。

唇は角質層が薄いため水分を溜めこみにくく、汗腺や皮脂腺もないため皮膚のバリア機能が弱く荒れやすいです。モアリップは有効成分のほか、油分の中にうるおい成分がとじこめてあるので、のびがよく、使用感もなめらかです。唇を保護しながら高い保湿力に期待がもてます。

ヘルペスに効果はある?

口唇ヘルペスは口唇炎の症状と似ていることから勘違いされがちですが、モアリップのような口唇炎や口角炎用の薬を使用しても、口唇ヘルペスの治療に効果はありません。口唇ヘルペスの発症原因は単純ヘルペスウイルスの感染によるものであり、口唇炎などの発症原因とは異なるものです。口唇ヘルペスはウイルスをおさえる薬を使用しなければ治療に効果はありません。

自己判断で口唇炎用などの薬を口唇ヘルペスに使用すると、症状がさらに悪化する事例もあり、治療が長引く可能性があるので、症状が気になるときは早めに皮膚科を受診しましょう。

黒ずみや色素沈着に効果はある?

モアリップの効果には、唇の黒ずみや色素沈着の改善に効果があるとは明記されていません。モアリップの成分にビタミンEが含まれていることから、皮膚の血行改善や新陳代謝を促す効果があるので、結果的に黒ずみや色素沈着にも良い効果を得られる可能性はあります。

モアリップの成分

モアリップに含まれている有効成分と成分の主な効果は以下になります。

・アラントイン(5mg):ひび割れや荒れた唇の修復を促す
・グリチルレチン酸(3mg):唇の炎症を抑える
・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) (2mg):皮膚の血行を促進させて新陳代謝を促す
・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) (1mg):新陳代謝を促し、皮膚や粘膜の健康を維持する
・パンテノール(5mg):新陳代謝を促し、皮膚や粘膜の健康を維持する

また、添加物としてグリセリンやワセリンなどを含んでおり、保湿力やうるおいを保ちます。

モアリップにステロイドは含まれている?

モアリップにステロイド成分は含まれていません。ステロイドは含まれていませんが医薬品のため、妊娠中の方が使用したい場合は医師などに確認をとりましょう。

唇の皮膚炎などの症状により強い効果を期待したい場合はステロイド(プレドニゾロン、トリアムシノロンアセトニドなど)が含まれているものが良いでしょう。ただし、含まれている成分によって効果が変わるものもあるので注意してください。

モアリップの副作用

低刺激のリップクリームなので安全性は高いですが、副作用が生じる可能性もあります。皮膚に発疹、発赤、かゆみなどが現れた場合は副作用の可能性がありますので、すぐに使用を中止しましょう。また、5~6日間使用しても症状がよくならない場合や、使用して症状が悪化した場合は使用を中止してください。

モアリップは毎日使える?

モアリップは医薬品のため、唇に気になる症状が出ていない場合に常用することはおすすめしません。モアリップを普段から日常的に使っていると、荒れなどの副作用を起こす可能性もあります。モアリップは症状が出ているときに使いましょう。

日常使いするものは、普通の化粧品類のリップクリームが良いでしょう。また、薬用リップクリームは医薬部外品であり、日常からの予防目的にも使えるものですが、含まれている成分によっては刺激が強い成分もあるので、日常的に使うには注意が必要なものもあります。

モアリップの値段と種類

モアリップにはモアリップN、モアリップA、モアリップWなどの種類がいくつかありますが、成分に違いはありません。すべて資生堂が製造販売しているものであり、効果や使い方などにも違いはありません。

モアリップ

メーカー希望価格は税込みで1,296円と同じリップクリーム類の中では高額ですが、ネット通販やドラッグストアではもう少し安価で購入できる可能性があります。高額のものが効果が高いというわけではありませんが、モアリップは医薬品のため、症状が出ている場合の対処法としてすぐに使えるリップクリームです。

おわりに

唇が乾燥したときによく唇をなめがちですが、なめる行為は一時的に潤いを与えた後、より乾燥した状態をまねく可能性があります。モアリップは日常的に使うものではなく、唇に症状が出ているときに使うということを意識することが大切です。知らないうちに間違ったケアや使用方法をしていないか、よく確認してから使ってください。症状が気になる場合は早めに皮膚科を受診しましょう。