疲れたときの栄養ドリンクといえば「ユンケル」。

現在ドリンクタイプのユンケルは35種類あり、病気の治療を目的として厚生労働省に効果が認められている成分を使用した「医薬品」と、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定程度はいっている「医薬部外品」の二種類にわけられます。

薬局やインターネットのサイトでは医薬品と医薬部外品の両方を、コンビニエンスストアでは医薬部外品のユンケルを購入できます。

ユンケルは商品ごとに成分配合がすべて違います。また、含まれている生薬数が多いほど商品の価格が高くなっています。(※記事内の価格は2017年7月現在のメーカー希望小売価格)

毎日のベースケアにおすすめのユンケル

30~50mlのミニドリンク剤のユンケルは、ビタミンに生薬を加えて「低下した体の機能を高める滋養強壮作用」が中心となっています。

全てのユンケルに配合されている各成分は「1日に飲んでもよい上限の量」が配合されているので、1日1本なら毎日飲んでも問題ありません。

毎日のベースケアですぐに疲れを取りたい、活力を取り戻したいときにおすすめのユンケルは、ユンケル黄帝液プレミアム、ユンケルスーパー黄帝液Ⅱα、ユンケル黄帝液40の3種類です。

いずれも動物性生薬の「ハンピ」と「シベット」が含まれていているのが特徴で、ハンピはマムシの皮、シベットは雄の麝香猫(じゃこうねこ)の麝香腺分泌物で、中枢興奮や血流増加などの効果が知られています。

【第2類医薬品】ユンケル黄帝液 30mL

・ピリッと辛みのある味が特徴。疲れを翌日に残したくない方や、病中病後・風邪などの際の栄養補給に。

・1瓶30mLで800円。7種類の生薬が配合されています。

ユンケル黄帝液プレミアム

・ユンケル黄帝液をベースに生薬の組み合わせやバランスを強化。休んでも疲れが取れない、風邪などの際の栄養補給に。

・1瓶30mLで1000円。11種類の生薬が配合されています。

ユンケル黄帝L

・辛みを抑えたマイルドな味が特徴。マイルドな味を好む方や、妊娠授乳期や風邪などの際の栄養補給に。

・1瓶30mLで800円。6種類の生薬が配合されています。

ユンケルスーパー黄帝液IIα

・すぐに活力が欲しいときにおすすめのユンケル。強壮、鎮静、インポテンツ、精力増強などに使用されるトウチュウカソウを配合。

・1瓶30mLで900円。9種類の生薬が配合されています。

ユンケル黄帝液40

・全身の倦怠感が抜けず、元気が続かない方や、むくみ・冷えが気になる方に。

・1瓶40mLで971円。6種類の生薬が配合されています。

スパークユンケル

・飲みやすい味で、ユンケル初心者にもおすすめ。強精や強壮に用いられるイカリソウやオウセイと、滋養で知られるタイソウを配合。

・1瓶50mLで272円。3種類の生薬が配合されています。

ユンケルローヤルC【医薬部外品】

・甘酸っぱい味で飲みやすいユンケル。滋養強壮のオウセイをメインに、肉体疲労時に消耗する各種ビタミンを配合。

・1瓶30mLで486円。2種類の生薬が配合されています。

カフェインレス(DCF)タイプのユンケル

カフェインが入っていないユンケルは、寝る前や妊娠中など、カフェインを控えたいときにおすすめです。

すぐに活力が欲しい、疲れやストレスが胃腸にきている、体力を補いたいなど、生薬の特徴から自分に合ったものを選びましょう。

ユンケル黄帝液DCF

・生薬の配合量ではユンケル黄帝液40に近く、すぐに活力を高めたい方や、眠りを妨げずに元気を取り戻したい方におすすめ。

・1瓶30mLで971円。6種類の生薬が配合されています。

ユンケル黄帝L40DCF

・マイルドな味が特徴。疲れやストレスが溜まり胃腸の働きが乱れている、食欲が落ちている方に。

・1瓶40mLで1100円。7種類の生薬が配合されています。

スパークユンケルDCF

・滋養をメインにしたスパークユンケルのカフェインレス版。甘さを抑えたすっきり味で栄養ドリンクが苦手な方にもおすすめ。

・1瓶50mLで300円。3種類の生薬が配合されています。

体質や生活習慣で選ぶユンケル

次の3種類のユンケルに共通して使われている生薬が「イカリソウ」です。

「イカリソウ」は強精作用や強壮作用からインポテンツや腰膝の悩み、疲れて思うように体が動かないような場合に用いられています。

もともとの体質や生活習慣は「疲れ」に大きな影響を与えます。特に虚弱体質や胃腸の弱い方は、無理せずにゆっくりと体調を整えることも考えながらユンケルを活用しましょう。

ユンケル黄帝ゴールド

・1瓶当たり21kcalでユンケルシリーズで最もカロリーが低い。やせ型で胃腸が弱い方や、ストレスが疲れが溜まりやすい方の滋養強壮におすすめ。

・1瓶30mLで1166円。6種類の生薬が配合されています。

ユンケルD

・血糖降下作用のあるオウセイを配合。疲れで体が重く感じる方や、運動不足と生活習慣が気になる方におすすめ。

・1瓶50mLで1457円。4種類の生薬が配合されています。

ユンケル黄帝D

・疲れで体が重く感じ、日頃から冷えなどの血行不良も気になっている方や、虚弱体質で貧血傾向にある方に。

・1瓶50mLで、6種類の生薬が配合されています。

ここぞ!というときのユンケル

基本のユンケルよりさらに効果を求める方に人気なのが、生薬が豊富に含まれた高級シリーズです。

じっくりと見比べて選びたいものですが、気をつけたいのは「値段が高い」イコール「効果が高い」わけではないということです。

効果を感じられるかどうかは、人によって違います。自分の体質や疲れの質に合わせて「特別な1本」を選んでください。

ユンケル黄帝ロイヤル

・滋養強壮の植物性生薬と活力を高める動物性生薬を配合したスペシャルシリーズの基本版。ハードワークが続き疲れが溜まっている方の滋養強壮に。

・1瓶50mLで1942円。6種類の生薬が配合されています。

ユンケル黄帝ロイヤル2

・「ユンケル黄帝ロイヤル」の海馬の代わりにゴオウを配合。ゴオウは心筋の収縮力を高めて全身に栄養を巡らせる特徴があり、風邪などのときの栄養補給におすすめ。

・1瓶50mLで2000円。6種類の生薬が配合されています。

ユンケルロイヤル黄帝

・「ユンケル黄帝ロイヤル」に胃腸の働きをサポートするジャショウシをプラス。疲れが溜まって胃腸の働きも落ちている方や、発熱時の栄養補給などに。

・1瓶50mLで2000円。8種類の生薬が配合されています。

ユンケルファンティー

・胃腸の働きをサポートして蓄積した疲れを取ったり、ストレスに強い体に導くユンケル。長年の疲れやストレスに対処したい方におすすめ。

・1瓶50mLで2913円。15種類の生薬が配合されています。

ユンケルファンティ

・溜まり続けた疲れを一気に解放したい方や、激しいスポーツの際の栄養補給に。

・1瓶50mLで3000円。16種類の生薬が配合されています。

ユンケルスター

・生薬配合数が最も多くユンケルの最高峰。コウジンは高麗ニンジンの名でも知られる生薬で、心身の深い疲れに効果を発揮。

・1瓶50mLで3884円。20種類の生薬が配合されています。

ユンケルジュニア

・5~14才用のユンケルで飲みやすいフルーツ味。滋養をメインにした植物性生薬を配合し、発育期、偏食児、胃腸障害、病中病後の栄養補給におすすめ。

・1瓶50mLで292円。4種類の生薬が配合されています。

ビタミンを補給したいときのユンケル

100mLのドリンク剤のユンケルはビタミン中心の配合で、健康維持や栄養補給など「現在の体の状態を維持すること」を目的にしたものが主流となっています。

ファンテユンケル3Bドリンク

・ビタミンB群を中心に配合し、カフェインレスで飲みやすい味。神経痛や筋肉痛、目の疲れにおすすめ

・1瓶100mLで150円。生薬は含まれていません。

ファンテユンケル

・すっきりとしたピーチ味で、強壮や免疫力強化の生薬を配合。日常の疲れを早めに解消したい方におすすめ。

・1瓶100mLで180円。3種類の生薬が配合されています。

ファンテユンケルゴールド

・生薬の他にタウリン1000mg配合。疲れが溜まり食欲も落ち気味の方に。

・1瓶100mLで250円。2種類の生薬が配合されています。

ファンテユンケルロイヤル

・滋養強壮に効果がある生薬の他にタウリン2000mg配合。疲れて体が重く感じるときにおすすめ。

・1瓶100mLで400円。3種類の生薬が配合されています。

コンビニエンスストアで購入できるユンケル

コンビニエンスストアで購入できるのは医薬部外品のユンケルです。体への作用が穏やかで、価格も手頃なのが特徴です。

また、コンビニエンスストアのユンケルでカフェインが入っていないのは「ユンケル滋養液ゴールドα」と「ユンケルローヤルA」の2種類です。

疲れに対処したい場合は生薬が多めのユンケル、ビタミンの補給を中心に考えているときは100mLタイプのユンケルなど、体調や目的に合わせて選んでください。

ユンケル ローヤルC2 30ml×10本

・滋養強壮作用のあるオウセイの他、ビタミンCを500mg配合。疲れたときの栄養補給に。

・1瓶30mLで486円。2種類の生薬が配合されています。

佐藤製薬 ユンケルローヤルV 30ml×10本 [指定医薬部外品]

・ニンジンやセイヨウサンザシなど血流を改善して全身状態を整える生薬を配合。ストレスで胃腸の働きが落ちている方や、疲れが溜まったときの栄養補給に。

・1瓶30mLで600円。4種類の生薬が配合されています。

佐藤製薬 ユンケルローヤルV2  10本

・ユンケルローヤルVと配合されている生薬は同じだが、ニンジンとローヤルゼリーの配合量が多い。

・1瓶30mLで600円。4種類の生薬が配合されています。

ユンケル ローヤルゴールド 50ml×10本

・長年の疲れからエネルギー不足を感じている方や、足腰の衰えが気になる方に。

・1瓶50mLで762円。5種類の生薬が配合されています。

佐藤製薬 ユンケルローヤルD2 50ml 10本

・年を重ねてももっと頑張りたい方や、長年の疲れから眠りが浅くなった、物忘れも気になり始めた方に

・1瓶50mLで953円。8種類の生薬が配合されています。

ユンケル ローヤルF 50ml×3本

・高麗ニンジンの名で知られるコウジンを中心にした滋養強壮作用のある生薬に、タウリンも1000mg配合。

・1瓶50mLで1429円。コンビニのユンケルシリーズでは最多の10種類の生薬が配合されています。

ユンケル滋養液ゴールドα 50ml×10本 [指定医薬部外品]

・カフェインレスのユンケル。滋養強壮作用のエレウテロコックの他、ショウキョウ(生姜)も含まれている。冷えや食欲不振が気になる方におすすめ。

・1瓶50mLで762円。7種類の生薬が配合されています。

ユンケル ローヤル200 100ml×10本

・1本19kcalでカロリーが気になる方にもおすすめ。ローヤルゼリーチンキ200mgとタウリン1000mg配合。

・1瓶100mLで190円。1種類の生薬が配合されています。

ユンケルローヤル100 10本

・ミックスフルーツ味で飲みごたえのあるユンケル。含有成分はユンケルローヤル200とほぼ同じで、エネルギーもしっかりと摂取したい方に。

・1瓶100mLで190円。1種類の生薬が配合されています。

佐藤製薬 ユンケル ローヤルS100mlボトル缶×30本入×(2ケース)

・ユンケルシリーズ初のアルミ缶ボトルを採用。ショウキョウとローヤルゼリーの他にタウリンも1500mg配合。

・1瓶100mLで250円。2種類の生薬が配合されています。

ユンケルローヤルA 10本

・ショウキョウとローヤルゼリーの他に筋肉のエネルギー源となる分岐鎖アミノ酸を配合。疲れにくい体をつくり、体力をアップしたい方に。

・1瓶100mLで300円。4種類の生薬が配合されています。

ユンケルと一緒に飲んでも大丈夫?気になる組み合わせ

ユンケルと薬の飲み合わせ

製薬会社からの情報では「ユンケルと一緒に飲んではいけない薬は特にない」となっているので、風邪薬や胃腸薬などと一緒に飲んでも問題はないと考えていいでしょう。

ただし、ユンケルと同じ成分が含まれている薬を一緒に飲むと効き目が強く現れることがあるので、薬を併用している場合は飲むタイミングを医師や薬剤師に相談してください。

ユンケルと飲食物の組み合わせに注意!

ユンケルにはカフェインが含まれている商品が多数あります。

カフェインは眠気や倦怠感を抑える効果がありますが、過剰に摂取すると中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などが現れる場合があります。

ユンケルを飲むときは、コーヒーやお茶、ココア、コーラタイプのドリンク、またミントガムやチョコレートなどカフェインを含む食べ物などをなるべく摂取しすぎないよう注意してください。

カフェインを控えたい方はカフェインが含まれていないカフェインレス(DCF)タイプのユンケルを選びましょう。

またユンケルには血流の改善効果が期待される成分も複数含まれている商品があるので、アルコール類と一緒に飲むのは控えてください。

おわりに

ユンケルは生活習慣が乱れがちな人や疲れがたまっている人の活力となる栄養ドリンクです。さまざまなタイプのユンケルがありますが、成分や特徴をよく見て、体調の悩みや体質に合わせて選びましょう。