アンフラベートは、炎症をともなう皮膚炎や湿疹に処方される薬です。

処方薬は病院で処方箋を貰わなければ購入することができないため、薬がなくなってしまった際に、アンフラベートと同じ薬はドラッグストアなどで購入できるかどうかについて解説します。

アンフラベートと同成分の市販薬は存在しない

現在、アンフラベートは市販されていません。

また、アンフラベートと同じ有効成分の「ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル」が配合された市販薬も販売されていません。

販売されていない理由は、アンフラベートのステロイド成分の強さにあります。

ステロイド外用剤(=塗り薬)は体内への吸収度の違いにより5段階に分けられており、アンフラベートは上から二番目に強いII群VeryStrong(ベリーストロング)に属しています。

市販薬に含まれるステロイド成分はすべてⅢ群Strong(ストロング)以下の弱いものとなっているため、II群VeryStrong(ベリーストロング)に属するアンフラベートは、医師の処方以外に入手できないようになっています。

ランク 強さ 市販の有無
Ⅰ群:Strongest 最も強い ×市販されていない
Ⅱ群:Very Strong とても強い ×市販されていない
Ⅲ群:Strong 強い ○市販されている
Ⅳ群:Medium 中間 ○市販されている
Ⅴ群:Weak 弱い ○市販されている

アンフラベートを使用したい場合は、病院を受診して処方してもらいましょう。

市販薬を使用したい場合は似た効果を持つ薬で代用する形となります。

アンフラベートに近い効果のある市販薬は?

アンフラベートと同じ成分を配合した市販薬は販売されていないため、市販薬で代用したい場合、市販薬の中では最も強い効果を持つStrong(ストロング)のステロイド剤がアンフラベートに近い薬です。

該当する市販薬は「ベトネベート」と「フルコートf」の2種類が存在します。

「ベトネベート」には軟膏とクリーム、「フルコートf」には軟膏が用意されています。

症状によっては可能や感染を防ぐために、アンフラベートと抗生物質の軟膏を混ぜ合わせて処方されたり、同時に使うように抗生物質を別チューブで渡されたりするケースがあります。

その場合には「フルコートf」がおすすめです。

症状や好みに合わせて、使いやすく、かつ購入しやすいものを選ぶとよいでしょう。

ミナカラ薬局のピックアップ

ベトネベートN軟膏AS

ステロイド剤「ベタメタゾン吉草酸エステル」を使用した、軟膏タイプの塗り薬です。
雑菌の繁殖を防ぐ成分は配合されていないため、化膿している部分には使用できません。

ベトネベートクリームS

ステロイド剤「ベタメタゾン吉草酸エステル」を使用した、クリームタイプの塗り薬です。
雑菌の繁殖を防ぐ成分は配合されていないため、化膿している部分には使用できません。

フルコートf

ステロイド剤「フルオシノロンアセトニド」を使用した、軟膏タイプの塗り薬です。抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」も配合されているため、雑菌の繁殖も防ぎます。

アンフラベートはニキビ・虫刺されに使える?

アンフラベートがニキビ・虫刺されに使用できるかどうかについては、症状や体質によって異なるため自己判断することはできません。

アンフラベートをニキビ・虫刺されなどに使用したい場合は、必ず一度医師に相談して指示をあおいでください。

ここでは、アンフラベートに類似する市販薬がニキビや虫刺されに使用できるかどうかについて解説します。

ニキビ

ニキビのような化膿性の湿疹は、ステロイド成分が配合された薬を使用することによって症状を悪化させるおそれがあります。

ニキビにはステロイド外用剤を使用せずに、ニキビ専用の薬を使用するか、皮膚科を受診してください。

虫刺され

アンフラベートは自己判断で虫刺されに使用することはできませんが、アンフラベートに類似する市販薬は、虫刺されに使用することができます。

ただし、虫刺されの専用薬の方が、かゆみ止めや局所麻酔薬など成分が充実していて効果が見込めます。

その場しのぎに代用することはできますが、あえてアンフラベートの類似品を使用するのではなく、虫刺され専用の薬を使用しましょう。

液体ムヒアルファEX

消炎作用に優れたアンテドラッグ型のステロイド「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と、かゆみの原因物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合されています。
そのほか、皮膚に清涼感を与える「l-メントール」「dl-カンフル」が配合されているため、スーッとした使い心地です。
また、殺菌成分の「イソプロピルメチルフェノール」が雑菌の繁殖をおさえます。
さらっとした液体タイプでスーッとした使い心地が特徴です。
アンテドラッグのステロイドの虫刺されの市販薬の中では非常に知名度が高く、どこのドラッグストアでも置いていることが多い商品です。

おわりに

アンフラベートは、市販されていないため、購入したい場合は病院を受診しましょう。

どのような市販薬を使用すれば良いかわからない場合や、市販薬の選び方などについての相談は、ミナカラ薬剤師Q&Aでも無料で受付けていますので活用ください。