リンデロンの種類と違い|虫刺されに使えるものは?

リンデロンの種類(DP・V・VG・A)と特徴について詳しく解説。リンデロンが、かゆみや腫れなどの虫刺されの症状に使用できるかどうかについても紹介します。また、リンデロンが使用できる部位についてもあわせて紹介します。

リンデロン(DP・V・VG・A)の種類と違い

リンデロンの軟膏には、リンデロンDP・リンデロンV・リンデロンVG・リンデロンAの4種類があります。

リンデロンは種類によって配合されている成分が異なり、それぞれ効果や使用できる部位も異なります。

ここでは、4種類のリンデロンのそれぞれの特徴について解説します。

リンデロンのステロイドの強さ

リンデロンはステロイドと呼ばれる副腎皮質ホルモンが配合された薬で、皮膚症状全般に多く使用されます。

皮膚の炎症によるかゆみや腫れ、痛みなどの症状を速やかにおさえる効果があります。

ステロイドの強さは、抗炎症作用と血管収縮機能の強さによって以下の5段階にわけられています。

ランク 強さ
Ⅰ:Strongest 最も強い
Ⅱ:Very Strong とても強い
Ⅲ:Strong 強い
Ⅳ:Medium 中間
Ⅴ:Week 弱い

リンデロンの種類と特徴

リンデロンは製品名の最後につくアルファベットによって製品が異なり、ステロイドの強さも異なります。

  ステロイドのランク 特徴
リンデロンDP Very Strong:とても強い 大人は体幹部、子供は腕や足などに多く処方される
リンデロンV Strong:強い 大人は全身~体幹部、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部に処方されることが多い
リンデロンVG Strong:とても強い リンデロンVと同成分で、さらに細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「ゲンタマイシン硫酸塩」を配合
リンデロンA  Weakに相当(通常のステロイドとは異なる) 眼や耳などの特別な部位に使用される。細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」を配合

リンデロンDP

ベタメタゾンジプロピオン酸エステルというステロイドを配合した薬です。ステロイドの強さは「Ⅱ.Very Strong(非常に強い)」に分類されます。

湿疹・皮膚炎・乾癬(かんせん)などから虫刺されまで幅広い皮膚症状の改善に使用されます。

薬の剤形は軟膏・クリーム・ゾル(液体)があります。

リンデロンV

ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドを配合した薬です。ステロイドの強さは「Ⅲ.Strong(強い)」に分類されます。

湿疹・皮膚炎・虫刺されから円形脱毛症まで、さまざまな皮膚症状の赤み・はれ・かゆみをおさえる目的で使用されます。

耳の手術後の傷にも使用されることもあります。

薬の剤形は軟膏・クリーム・ローションがあります。

リンデロンVG

ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドとゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質を配合した薬です。ステロイドの強さは「Ⅲ.Strong(強い)」に分類されます。

リンデロンVの成分に抗生物質が配合された薬で、ステロイドの抗炎症作用と抗生物質の抗菌作用で、皮膚のかゆみ・赤み・はれなどをおさえます。

また、外傷ややけどなどの二次感染を防ぎます。

薬の剤形は軟膏・クリーム・ローションがあります。

リンデロンA

リンデロンAは目や耳、鼻に用いられる薬です。

ベタメタゾンリン酸エステルナトリウムというステロイドとフラジオマイシン硫酸塩という抗生物質が合成された薬です。

ステロイドの強さは正式には分類されていませんが、目や鼻など過敏な部分にも使用できることから「Ⅴ.Week(弱い)」に相当すると考えられています。

主に、細菌の感染が疑われる目や耳の周囲にできた皮膚の炎症に使用されます。

また、鼻炎の一種や耳鼻咽喉の手術後にも使用されることがあります。

薬の剤形は、目や耳用の軟膏に加え、点眼や点鼻用の液剤があります。

リンデロンは虫刺されに使える?

リンデロン軟膏は炎症を起こしている皮膚症状に高い効果を示すため、さまざまな皮膚症状に使用されています。

ただし、リンデロンの種類によって使用できる症状に違いがある場合があるので注意が必要です。

リンデロンDP・Vは虫刺されに使える

リンデロン軟膏の中でも、リンデロンDP・リンデロンVは虫刺されの症状に使用することができます。

虫刺されの症状はアレルギー反応の一種でもある場合があるため、アレルギー反応によるかゆみなどの炎症に、ステロイド薬であるリンデロンDP・リンデロンV優れた効果を発揮します。

ただし、虫刺されの部位や症状によってはリンデロンを使用することが適切ではないこともあるので、自己判断で使用せずに一度病院を受診してリンデロンを使用しても良いかどうかを確認しましょう。

水ぶくれや化膿には使える?

水ぶくれや化膿の症状がある場合、基本的には自己判断でリンデロンを使用せずに一度病院を受診しましょう。

リンデロンが使える部位

リンデロンは種類や症状によって使用できる部位が少し異なります。

リンデロンは陰部に使える?

リンデロンは、陰部の皮膚の炎症に処方されることもあります。

ただし、陰部は皮膚が薄くデリケートな部位なため、ステロイドの副作用が出やすくなっています。

特に、リンデロンDPはステロイドのレベルが高い部類に分類され、副作用が起こりやすい薬なので、自己判断で使用しないでください。

また、リンデロンは妊娠中の方への長期使用や大量使用は推奨されていないため、使用する前に必ず医師に相談してください。

リンデロンは顔に使える?

リンデロンは、に使用することもできます。

ただし、陰部と同様にリンデロンDPは副作用が起こりやすいので、自己判断で使用せずに、一度医師に相談してから使用しましょう。

リンデロンと同じ成分の市販薬はある?

リンデロンは処方薬なので、購入するためには病院を受診して医師の診察を受ける必要があります。

しかし、すぐに病院に行く時間がない場合には、市販薬を活用するのもひとつの手です。

現在、リンデロンとまったく同じ成分をもつ市販薬は販売されていませんが、類似の成分を使用し、似たような効果が期待できる市販薬は販売されています。

リンデロンと似た成分を配合した市販薬について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

おわりに

リンデロン軟膏は皮膚科でもよく処方される身近なステロイド薬です。

身近な薬だけに家族に処方されたなど家庭にあることも多い薬です。

しかし、薬の種類によって適した症状や症状の程度が異なるので、自己判断で使用せずに医師の指示にしたがいましょう。

リンデロンのお役立ち情報

リンデロンに関連するQA