睡眠薬ルネスタが効かない時はどうすればよい?効かない原因や注意点も詳しく解説!

睡眠薬を飲んでも眠れない・・。睡眠薬が効かないことには理由があります。今回は、睡眠薬ルネスタが効かないときの原因から対処法、注意点まで詳しく解説します。

不眠症で苦しんでいる方にとっては、心強い味方の睡眠薬。
現在さまざまなタイプの睡眠薬がありますが、効果の出かたや睡眠パターンに個人差があるため、実際に服用してみたものの症状が改善されない方もいらっしゃいます。

今回は睡眠薬「ルネスタ」を飲んでも効き目が感じられない、眠れない場合の原因から対処法まで詳しくご紹介します。

そもそもルネスタってどんな薬?

日本で認可されている睡眠薬の中で主流になっているのが、ベンゾジアゼピン系と、非ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬。非ベンゾジアゼピン系は、先に開発されたベンゾジアゼピン系を改良して、味覚異常や倦怠感などの副作用を軽減したものです。
ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、依存性などの注意すべきリスクも少ない薬とされています。

 ルネスタの作用時間

睡眠薬は作用時間で大きく4種類に分類されています。

・超短時間型・・・半減期が2~4時間
・短時間型・・・半減期が6~10時間
・中時間型・・・半減期が12~24時間
・長時間型・・・半減期が24時間以上

半減期とは、薬成分の血中濃度が半減するまでの時間のことで、薬が体に作用する時間の目安とされています。
ルネスタは、この4種類の中で「超短時間型」の睡眠薬です。

服薬してから10~15分で効果が現れはじめ、約1~1.5時間という比較的早い時間に血中濃度が最高値になり、半減期は約5~6時間です。
このことから、入眠障害、中途覚醒の双方に対して有効です。少しずつ眠くなるというよりはストンと眠りに入り、翌朝の眠気も少ないのが特徴です。

ルネスタの効果の特徴

① 睡眠導入作用や鎮静作用に優れている
覚醒状態から眠りに入るまでの時間が短い、ストンと眠りに入る感覚です。

② 睡眠維持作用もある
国内での臨床試験の結果、一度眠りに入った後に覚醒する時間・回数ともに減少傾向にあることがわかりました。

③ 抗不安や筋弛緩作用は比較的弱い
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴として、ふらつきなどが出にくく、高齢者でも使いやすいとされています。

④ 依存性が少ない
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の穏やかな作用機序により、依存性も軽減されています。

ルネスタが効かない原因・理由とは?

ひと言に「不眠」といっても、症状は人によってさまざまです。
睡眠薬を飲んでも効かない・・・。その原因は、そもそも自分の不眠のタイプに合っていない薬選びにあるのかもしれません。

ルネスタの効果の特徴は、「服用後、10~15分で効果が現れはじめ、5~6時間で効果が薄くなる」というものです。
そのため、入眠障害や中途覚醒の方、さらに熟睡障害の方には効果的ですが、朝早くに目が覚める早期覚醒タイプでは「薬が効かない」「効果が薄い」と感じてしまう可能性があります。

もしあなたが早期覚醒タイプの不眠なら、ルネスタよりも作用時間が長い睡眠薬を選んでみてはいかがでしょうか。

【睡眠障害のタイプ】
入眠障害 : 眠ろうとしてもなかなか(30分~1時間以上)眠れない
中途覚醒 : いったん眠りについても、翌朝までに何度も目が覚める
早朝覚醒 : 起床したい時刻の2時間以上前に目が覚めて、その後眠れない
熟睡障害 : 眠り始めの睡眠(ノンレム睡眠)が浅く、睡眠時間のわりに熟睡感が得られない
※これらの症状は、同時に複数現れることもあります。

注意!長く効く=強い薬ではありません

睡眠薬には、作用時間によって超短時間型~長時間型と種類があります。
うっかりすると「長時間型の方が効き目が強そうだ」と思いがちですが、「長く効く=効き目が強い」わけではありません。

長時間型の薬は効き目のピークが遅くなるものなので、入眠障害の方が服用すると余計に寝付けなくなることがあります。
さらに、朝になっても眠気がひどく、なかなか起きられなかったり、睡眠のパターンが一層乱れてしまうなど、不眠が悪化することもあります。

ちなみに効果の強さに関しては、一般的な睡眠薬(ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系)では、どれも大差はありません。
そのため、よく効く薬を選択されたい場合は、自分に合った作用時間(超短時間型~長時間型)のものを選び、強さは「量」で調整します。

もちろん、睡眠薬の種類・量ともに、医師の診断と相談のもと選んでください。

薬が効かなくても自己判断で増量しないこと!

睡眠薬を服用しても効果が感じられないと、つい自己判断で薬の量や服用回数を増やしがちですが、症状が一層深刻になったり、思わぬ事故を招いてしまう可能性があります。
絶対に、自己判断で薬の量を増やさないでください。

薬が効かない、どうしても眠れないという場合は、必ず専門の医師の診察を受けて、的確な治療を進めていきましょう。

また、深酒は体温を上げるので睡眠に悪影響です。睡眠薬とアルコールの併用も絶対にしないでください。依存になりやすくなります。

ルネスタが合っている人とは?

① 入眠障害・中途覚醒・熟睡障害タイプの人
ルネスタは「眠りにくい部分」だけを薬に助けてもらうので、睡眠や生活のリズムも乱れません。

② 時差がある場所や、不規則な生活から不眠に陥っている人
服用後、比較的すぐに眠りに入るタイプの薬なので、眠りたいときに眠れる良さがあります。時差のある場所などでは、体内時計の調整にも役立ちます。

③ 睡眠薬治療経験のない初期症状の人・比較的軽度な人
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のルネスタは、即効性があり、かつ依存性が少ないお薬なので、これまで睡眠薬を敬遠してきた方や、たまに眠れなくなる等の比較的軽度の方にもおすすめです。

④ 睡眠薬の副作用に悩んでいる人
ルネスタと効果が似ている非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に「アモバン」がありますが、苦味が出る味覚異常の副作用が一番のデメリット。
ルネスタは、このアモバンの改良版として味覚異常を軽減しています。
その他、依存性などの副作用も少なく、翌朝の眠気やふらつきも起きにくいため、高齢者も安心して服用できます。

睡眠薬の副作用については、こちらの記事も参考にしてください。
「ベンゾジアゼピン系睡眠薬は危険なの?!現役薬剤師が答える、現在社会になくてはならない存在になったBZ系薬のFAQ」
「超短時間?長時間型睡眠薬の選択法と服用中にケアすべきポイント(ハルシオン・マイスリー、デパスなど)」

さいごに 

睡眠薬は不眠症で悩んでいる方の強い味方ですが、一方で過剰服薬や依存なども問題となっており、正しい知識を持って適切に服用することが重要です。

眠れない状態が続いたら専門の医師の診断を受けて、軽度のうちに的確な治療をすすめてください。
その際にいつ頃から、どのように眠れないのか、いつ目が覚めてしまうのかなどを記録したものを持参すると、お薬選びに役立ちます。

睡眠薬に関しては、こちらの記事も参考になさってください。
睡眠薬ロゼレムが効かない原因と使用が向いている方について
市販の睡眠薬や睡眠導入剤は?ドリエル・ウット・レスティ錠の効能効果と副作用を解説!
睡眠薬を飲みたくない方は不眠症に効果的な漢方薬がおススメ!通販や薬局で買える漢方薬の効能効果をご紹介

ルネスタのお役立ち情報