ロキソニンとは

ロキソニン(成分名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)は、私達の生活にとても身近な解熱鎮痛薬のひとつです。

ロキソニンに含まれるロキソプロフェンは、NSAIDs(エヌセイズ)というグループに含まれる薬で、このグループに含まれる薬は、腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果があります。

風邪による発熱や生理痛、頭痛といった日常的な解熱・痛み止めとしての使用や、歯痛・抜歯後の鎮痛から重度の病気の痛み止めまで、様々なシーンで広く使用されています。

ロキソニンの特徴

ロキソニンはプロドラッグ製剤と呼ばれる工夫がされた薬です。ロキソニンを含めて、NSAIDsの薬には代表的な副作用として胃腸が荒れることがあげられます。しかし、プロドラッグ製剤とは、腸から吸収されてからはじめて活性化し、効果を発揮するため、腸で吸収される前には効力がなく、胃腸を荒らすような副作用が起こりにくくなっています。

ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)の効果

ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)には処方薬と市販薬があり、効能・効果が異なります。

 

●市販薬「ロキソニンS」の効能・効果

頭痛、月経痛(生理痛)、歯痛、抜歯後の疼痛、咽喉痛(のどの痛み)、腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、耳痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛、悪寒、発熱時の解熱

 

●処方薬「ロキソニン錠60mg」の効能・効果

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎(いわゆる風邪など)の解熱・鎮痛

市販薬と処方薬の成分は同じ

市販薬のロキソニンSと病院で処方される医療用の薬である「ロキソニン錠60mg」は、有効成分と量、添加物の内容と量、錠剤の大きさも同じです。つまり、成分的には同じ薬であるということができます。

効能・効果が違うのはなぜ?

同じ成分なのに効能・効果が違う理由は、処方薬は医師が診断するため様々な疾患の治療に使用されますが、市販薬の場合は、自分で認識できる症状の鎮痛や発熱時の解熱と目的として使用されるためです。

 

ロキソニンの効果と副作用についての詳細は以下の記事をご覧ください。

ロキソニンが効きはじめる時間

ロキソニンの効果があらわれはじめる時間については以下のような報告があります。

整形外科領域の手術後・外傷後疼痛に対するロキソニン(60mg)の鎮痛効果は15分後に19.8%、30分後に53.4%、60分後に72.4%の症例に認められています。
抜歯後疼痛に対するロキソニン(120mg頓用)の鎮痛効果は15分以内に51.6%、30分以内には83.9%の症例に認められています。

長屋郁郎 ほか:臨床医薬 1985; 1(1): 69-89 
内田安信 ほか:歯科薬物療法 1984; 3(1):32-48

報告によると、個人差はありますが、服用から15分前後で効き始める人が2割ほどで、半数以上の方は30分程度で効果が出てくるということがわかります。

市販薬のロキソニンSも基本的にはロキソニン錠と同じような動きをとると考えられ、半数以上の方が30分程度で効果を実感すると考えることができます。

ロキソニンの効果の持続時間

ロキソニンの効果持続時間については以下のような報告があります。

【効果持続時間】
抜歯、小手術後の疼痛発症患者の効果持続時間は、平均7.0時間と報告されています。
口腔外科小手術患者の術後疼痛ではロキソニンを服用後、5-6時間後に疼痛が再燃したものが最も多かったと報告されています。

清水正嗣 ほか:歯科ジャーナル 1994;39(6) :893-903 
藤本明秀 ほか:日本口腔外科学会雑誌 1989;35(2): 524 -529

解熱や鎮痛の症状や原因によっても効果の持続時間は異なってくるものの、通常は5〜7時間ほど効果が持続するといえるでしょう。

ロキソニンの服用間隔

ロキソニンを服用すると、有効成分が速やかに体内に吸収され、血液中の有効成分の濃度は以下のように変化します。

個人差はありますが、血中の濃度が最高値に達するまでの時間は約18〜37分で、血液中の成分が代謝されて半減するまでにかかる時間が約75〜102分となっています。

服用間隔は5時間以上空ける

痛みなどの症状が出たときに服用する場合は、前回の服用から4時間以上あけていただければ基本的には問題ないと考えられます。極端に短い時間に連続して飲み続けると、有効成分が体内に蓄積し過剰摂取となり、副作用のリスクが高まります。

 

ロキソニンは5〜7時間程度は効果が持続する薬のため、症状が出たときのみの服用で処方されているときは、前回の服用から5〜7時間以上経過し、症状が再度出てから服用すると良いでしょう。

ロキソニンの市販薬

ロキソニンS

成分 剤形
ロキソプロフェンナトリウム水和物 錠剤

ロキソニンSは、主成分がロキソプロフェンのみのシンプルな薬です。ロキソプロフェンが頭痛や生理痛などの痛み、発熱に効果を発揮します。

胃に優しいロキソニン

ロキソニンSプラス

成分 剤形
ロキソプロフェンナトリウム水和物
酸化マグネシウム
錠剤

ロキソニンSプラスは、胃を守る成分の酸化マグネシウムを配合しているため、胃への負担が比較的弱くなっています。

様々な有効成分を配合したロキソニン

ロキソニンSプレミアム

成分 剤形
ロキソプロフェンナトリウム水和物
アリルイソプロピルアセチル尿素
無水カフェイン
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム
錠剤

ロキソニンシリーズの薬の中で痛みに効く有効成分が最も多く配合された薬です。鎮痛成分であるアリルイソプロピルアセチル尿素と痛みをおさえる補助成分である無水カフェインを配合し、<速さ、効きめ、やさしさ>を同時に考えられた薬です。