ロキソニン(ロキソプロフェン)が効くまでの時間・効果の持続時間・間隔をあける時間は?

ロキソニン(成分名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)の効果時間にまつわる情報を解説。効くまでにかかる時間は15分〜60分、持続時間は平均7時間です。2回以上連続して服用するときは4〜6時間はあけましょう。

ロキソニン(成分名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)は、私達の生活にとても身近な解熱鎮痛薬のひとつです。

痛みや発熱に効くといった特徴から「ロキソニンは効くまでに何時間かかるの?」「効果は何時間つづくの?」「1日2回以上飲むときは何時間あければいいの?」といった質問をよくいただきます。

お薬が効くまでにかかる時間や持続時間は、個々人の症状や体質や代謝能力などにより変わってくるため変動があります。

ロキソニンの効果時間の研究報告などから、ロキソニンの効果発現時間と持続時間を解説します。

ロキソニンはどんな薬?

ロキソニン(成分名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)は、腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤(NSAID's)というグループの中でも、特に有名な薬です。

風邪の症状の熱や生理痛、頭痛といった日常的な解熱・痛み止めに始まり、歯痛・抜歯後の鎮痛から重度の病気の痛み止めまで、さまざまなシーンで広く使用されています。

ロキソニンが広く使われる理由は、ロキソプロフェンナトリウム製剤の中でも先発薬といって最初に発売された薬であり認知度が高いこと、主成分のロキソプロフェンナトリウムが他の解熱鎮痛薬よりも効果が高いことと、プロドラッグ製法といって胃痛などの副作用が出にくいように工夫された剤形であるといった特徴があるためでしょう。

また、2011年1月21日には「ロキソニンS」(主成分:ロキソプロフェンナトリウム60mg/錠)が市販薬としても登場し、その後、複数の製薬メーカーがロキソプロフェンを市販し始めたことも大きいでしょう。

ロキソプロフェンナトリウムを含んだ市販薬をドラッグストアや薬局で購入することが可能となり、より私たちの生活に身近なものとなりました。

ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)の効果

ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)には処方薬と市販薬があります。

市販薬のロキソニンSは、病院で処方される医療用「ロキソニン錠60mg」と有効成分と量、添加物の内容と量、錠剤の大きさなどがいずれも同じです。つまり、成分的には同じ薬であるということができます。

市販薬と処方薬の効果の違い

市販薬と処方薬では対応できる効能・効果に違いがあります。

これは、処方薬は医師が診断するためリウマチなどさまざまな疾患の治療に使用されますが、市販薬の場合は、自分で認識できる症状の鎮痛や発熱時の解熱と目的として使用されます。

【市販薬「ロキソニンS」の効能・効果】

頭痛、月経痛(生理痛)、歯痛、抜歯後の疼痛、咽喉痛(のどの痛み)、腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、耳痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛、悪寒、発熱時の解熱

【処方薬「ロキソニン錠60mg」の効能・効果(ロキソプロフェンナトリウム水和物60mg錠の副作用)】

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎(いわゆる風邪など)の解熱・鎮痛

なお、ロキソニンの効果と副作用についてフォーカスした記事は以下をごらんください。

ロキソニンが効きはじめる時間は15分〜60分

ロキソニンの効果が現れはじめる時間については以下のような報告があります。

整形外科領域の手術後・外傷後疼痛に対するロキソニン(60mg)の鎮痛効果は15分後に19.8%、30分後に53.4%、60分後に72.4%の症例に認められています。
抜歯後疼痛に対するロキソニン(120mg頓用)の鎮痛効果は15分以内に51.6%、30分以内には83.9%の症例に認められています。

長屋郁郎 ほか:臨床医薬 1985; 1(1): 69-89 
内田安信 ほか:歯科薬物療法 1984; 3(1):32-48

つまり、個人差はあるものの、15分前後で効き始める人が一定数いて、半数以上の方は30分程度で効果が出てくるということがわかります。

なお、一般的な解熱鎮痛目的で処方薬のロキソニンを使うときは1回1錠で服用します。

ただし、歯科での抜歯時など激しい痛みにロキソニンを使うときは、医師や歯科医師の処方のもと1回2錠として服用することがあります。

市販薬のロキソニンSも基本的にはロキソニン錠と同じような動きをとると考えられ、半数以上の方が15分以内に効果を実感すると考えることができます。

ロキソニンの効き目の持続時間は平均7時間

ロキソニンの効果持続時間については以下のような報告があります。

【効果持続時間】
抜歯、小手術後の疼痛発症患者の効果持続時間は、平均7.0時間と報告されています。
口腔外科小手術患者の術後疼痛ではロキソニンを服用後、5-6時間後に疼痛が再燃したものが最も多かったと報告されています。

清水正嗣 ほか:歯科ジャーナル 1994;39(6) :893-903 
藤本明秀 ほか:日本口腔外科学会雑誌 1989;35(2): 524 -529

解熱や鎮痛の症状や原因によっても効果の持続時間は異なってくるものの、通常は5〜7時間ほど効果が持続するといえるでしょう。

ロキソニンを連続で服用するときは4〜6時間はあけましょう

ロキソニンを服用すると、有効成分が速やかに体内に吸収され、血液中の有効成分の濃度は以下のように変化します。

個人差はあるものの、血中の濃度が最高値に達するまでの時間は0.31〜0.63(約18〜37分)で、血液中の成分が代謝されて半減するまでにかかる時間が1.26〜1.70時間(約75〜102分)となっています。

症状が出るときだけ服用する頓用(とんよう・とんぷく)の場合は、4時間以上あけていただければ基本的には問題ないと考えられます。2時間以内など極端に短い時間に連続して飲み続けると、有効成分が体内に蓄積し過剰摂取となるおそれがあります。

また、1日3回の食後の服用は問題ないとされています。

ロキソニンは基本的には5〜7時間は効果が持続するお薬なので、症状があるときのみ使う頓用で処方されているときは、前回の服用後5〜7時間以上たって症状が再度でてきてから服用すると良いでしょう。

ロキソニンの効果についてよくあるQ&A

ロキソニンの特徴について

Q. ロキソニンは胃が荒れるような副作用が出にくいといわれているのはなぜですか?

A.ロキソニンはプロドラッグ製剤と呼ばれる工夫がされたお薬です。ロキソニンと同じタイプのお薬(非ステロイド系抗消炎薬[NSAIDs]というグループの薬)の代表的な副作用に胃腸が荒れるなどありますが、プロドラッグ製剤とは腸から吸収されてからはじめて活性化して効果を発揮します。

そのため、腸で吸収される前には効力がないため胃腸を荒らすような副作用が起こりにくい製剤なのです。

Q. ロキソニンの痛みや熱への効果は早い方ですか?また効果は強いですか?

A.  今回ご紹介したように15〜60分で効果が出始めるということで、比較的効きはじめが早いタイプといえるでしょう。

また、症状によっては他の治療薬が適する場合も多いので一概に他の製品との比較はできませんが、ロキソニンと同じグループのお薬(非ステロイド系抗消炎薬[NSAIDs]というグループの薬)の中では効果がすぐれている方です。

実際、発売元の製薬メーカーでも以下のようにアナウンスされています。

「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が、痛みや熱の原因物質をすばやく抑え、すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。

-- 第一三共ヘルスケア「ロキソニンS」製品情報より

ロキソニンの効能・効果について

Q. ロキソニンは生理痛や頭痛や日常的な発熱にも使えますか?

ロキソニンも含まれる「非ステロイド系抗消炎薬[NSAIDs]」と呼ばれるグループはいろいろな痛みに広く使われています。

なかでも、ロキソニンは胃痛などの副作用が出にくいなど安全性が高く効き目もよいので、解熱鎮痛剤として最もよく使われているお薬の一つです。

日常的な生理痛や頭痛といった痛み止め目的だけでなく、熱やノド(喉)の痛みをともなう風邪の症状にも使われています。

Q. ロキソニンは対症療法(たいしょうりょうほう)ですか?

対症療法とは病気の原因でなく現れている症状をおさえるために使われる療法です。そのためロキソニンは、炎症をおさえることで、熱を下げたり、腫れや発赤(赤みが出るもの)や痛みなどの症状をおさえますが、原因そのものを治療するものではないため対症療法とされることが多いです。

そのため、市販薬として使う時や、頓服として(症状があるときだけ使うように)処方された時は、発熱や痛みがあるときだけ使って、症状が落ち着いたら止めるのも大切になります。

しかし、熱や痛みの原因そのものを治療する他の根本治療をサポートするために、処方薬の場合はある程度の期間使われることもあります。

このような場合は医師の指示通り用法用量を守って継続することも大切になります。
 

Q. ロキソニンはなんで効くの?どんな仕組み・メカニズムで効くの?

痛みや熱の原因物質はプロスタグラン人です。体の中で発熱や痛みがあるときは、プロスタグランジン(PG)が生成して、炎症や発熱を引き起こします。

ロキソニンの成分であるロキソプロフェンナトリウムは、アラキドン酸からプロスタグランジンを生成するシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害し、プログラグランジンの生成をおさえることで発熱、痛み、炎症をおさえます。

ロキソニンの用法・用量について

Q. ロキソニンは1日何回使えるの?

A. 市販薬と処方薬で使える回数や用法容量が異なっています。

市販薬の場合は1回1錠を基本的には1日2回までです。ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用でき、いずれも服用間隔は4時間以上おくこととなっています。

処方薬は通常は1回1錠を1日3回飲みます。症状があるときだけ飲むように処方されるケース(頓服・屯用)の場合は、1回1〜2錠飲みます。しかし、症状や体質によって増減されるため、医師の指示通りの用法用量を守って使用するようにしてください。

ロキソニンの副作用について

Q. ロキソニンの胃痛や腹痛の副作用の対策はありますか?

ロキソニンは胃腸を荒らすような副作用が発生しにくく工夫がされていますが、それでも0.1%〜1%未満の頻度で腹痛などの副作用が発生することが報告されています。

腹痛対策としては、ロキソニンを飲む時に空腹を避けて食後すぐに飲んだり、多めの水(コップ1杯)で飲むなどがおすすめです。

どうしても体調がすぐれないなどで食事が取れず、空腹時にロキソニンを飲む場合は、少量でも何か食べるか牛乳で飲むことで胃の負担を軽くしましょう。

また、処方薬であればムコスタセルベックス、市販薬であればセルベールなどの胃腸の粘膜を守るお薬をセットで服用することで副作用の腹痛対策もある程度可能です。

関連記事:ロキソニンの代表的な副作用とその対策・予防法を薬剤師が解説

Q. ロキソニンに眠気の副作用はありますか?

ロキソニンSの製薬メーカーである第一三共ヘルスケアでは「眠くなる成分を含みません。」とされています。これは市販の解熱鎮痛剤には、症状を和らげるために、鎮痛成分以外に鎮静成分が配合されたものがあります。ロキソニンにはこの鎮静成分が含まれていません。

しかし、処方薬の説明書には、0.1%〜1%未満の頻度で眠気が報告されているため、ごくまれに眠気がでることもあります。

もしロキソニンを服用して眠気を感じた場合は、副作用のおそれも考えられます。眠気の症状がひどくて生活に支障がある場合は、服用を調整したり、運転など注意力が必要な作業を避けるなど気をつけながら、ロキソニンを続けるべきか医師や薬剤師にご相談ください。

おわりに

ロキソニンを使用する場合は、用法用量を守ることが大切です。医師から処方された場合は、医師・薬剤師の指示を必ず守ってください。

処方薬・市販薬に関わらず、服用後に「いつもと違うな?」といった違和感を感じた時はなるべく早めに医療機関に相談しましょう。

ロキソニンのお役立ち情報

ロキソニンに関連するQA

dメニュー