ロキソニン(ロキソプロフェン)の効果・副作用と効くメカニズムを解説

ロキソニン(正式名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)の効果・副作用について解説。ロキソニンが効くメカニズムについても説明します。処方薬のロキソニンと市販薬のロキソニンSの違いについても詳しく解説します。

ロキソニン(ロキソプロフェン)は、痛みや発熱などの炎症をやわらげる解熱鎮痛消炎剤の中でも代表的な薬です。

2011年には市販薬としてロキソニンSが登場したこともあり、頭痛や生理痛、発熱など日常的な症状に広く活用されるようになってきました。

この記事では、ロキソニンの効能・効果・効くメカニズム・副作用などについて詳しく解説します。

ロキソニン(ロキソプロフェン)の成分

ロキソニンの成分の正式名は「ロキソプロフェンナトリウム水和物」です。

ロキソニンのジェネリック医薬品としてはロキソプロフェン錠、ロキソプロフェンナトリウム錠などがあります。

ジェネリック医薬品も成分はロキソニンと同じ「ロキソプロフェンナトリウム水和物」なので、効能・効果・副作用などはロキソニンと同様です。

処方薬のロキソニンと市販薬のロキソニンSの違い

ロキソニンには処方薬の「ロキソニン」と市販薬の「ロキソニンS」があります。

市販薬の「ロキソニンS」は、処方薬の「ロキソニン錠60mg」と成分・添加物の内容と量などが同じです。

しかし、市販薬の「ロキソニンS」と処方薬の「ロキソニン」は、用法・用量・効能・効果が異なります。

薬の外観の面では、市販薬の「ロキソニンS」には錠剤に割線と刻印が入っていないという特徴もあります。

市販薬のロキソニンSについて、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

ロキソニン(ロキソプロフェン)の効能・効果

処方薬「ロキソニン(ロキソプロフェン)」の効能・効果は、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎(風邪など)の解熱・鎮痛となっています。

頭痛、歯痛をはじめとする鎮痛効果や解熱効果など一部の効能・効果は処方薬の「ロキソニン」も市販薬の「ロキソニンS」も同じですが、関節性リウマチ、変形性関節症などの病院で診断し治療する病気については、処方薬でないと適応がありません。

ロキソニンが効くメカニズム

ロキソニンの有効成分である「ロキソプロフェンナトリウム水和物」は、NSAID's(非ステロイド性消炎鎮痛剤)に分類されます。

痛みや発熱を起こす体内物質である「プロスタグランジン」の生成をおさえることで、解熱・鎮痛・抗炎症作用を発揮します。

具体的には、「プロスタグランジン」を生成するのに必要な「シクロオキシゲナーゼ」という成分を「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が阻害することで、プロスタグランジンの生成をおさえるような薬です。

ロキソニンは解熱・鎮痛・抗炎症作用の中でも特に鎮痛作用が強力とされています。

また、ロキソニンは胃腸を通る時に効果を発揮せず、体内に吸収された後に解熱鎮痛効果を発揮する成分に変換される「プロドラッグ製剤」です。

そのため、インドメタシンやケトプロフェンなど他のNSAID'sに比べると胃粘膜への負担が少ないのが特徴です。

ロキソニンの効果発現時間(効き始める時間)

ロキソニンの効果発現時間(効き始める時間)は、環境や個人差によっても変動はありますがおおよそ「15〜60分」といわれており、半数の方が服用後30分以内に効果を認められているという報告があります。

ただし、同じロキソニンでも用量によって効き始める時間が異なります。

整形外科領域の手術後・外傷後疼痛などで服用する60mgの場合は、15分後に19.8%、30分後に53.4%、60分後に72.4%程度で効果が現れ始めるという報告があります。

抜歯後の痛みなどで服用する120mgの場合は、15分以内に51.6%、30分以内には83.9%程度で効果が現れ始めるという報告があります。

ロキソニンを服用してから効き始めるまでの時間について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

ロキソニンの副作用

処方薬のロキソニン錠の副作用として主なものは、次のようなものがあります。

副作用 症状
消化器症状 胃部不快感・腹痛・悪心・嘔吐・食欲不振・下痢など
皮膚症状 むくみ・発疹・じんましん・かゆみなど
全身症状 眠気・肝機能低下・貧血など

上記のほかにも、発生頻度は稀でありながらも重い副作用が発生するおそれが報告されています。

ロキソニンを服用していて副作用の初期症状などが見られた場合は、速やかに医療機関で医師の診察を受けましょう。

ロキソニンの副作用について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

ロキソニンを使用する上での注意点

ロキソニンを使用する上では次のようなことに注意してください。

妊婦や授乳中の方

分娩が遅くなったり母乳へ薬が移行するおそれがあるため、妊婦や授乳中の方がロキソニンを使用したいときは医師または薬剤師に相談しましょう。

どうしても痛みや熱がひどい場合はロキソニンが処方されることもありますが、自己判断で市販薬を選択せず、まずは医師または薬剤師に相談しましょう。

ほかの薬で喘息を起こしたことがある方

ほかの風邪薬や解熱鎮痛剤で喘息やアスピリン喘息になったことのある方は、事前に医師に伝えましょう。

薬物乱用頭痛に注意

ロキソニンのような頭痛薬を慢性的に使用することで新たに頭痛が起きてしまう「薬物乱用頭痛(やくぶつらんようずつう)」というものがあります。

薬物乱用頭痛は、「頭痛が月に15日以上でてしまう」という症状の病気で、頭痛薬の使いすぎが引き金となる頭痛です。

ロキソニンは市販薬タイプも登場してより便利になった薬ですが、医薬品である以上副作用もあるため、用法用量を守るなど正しい使い方をしましょう。

1か月に10日以上頭痛薬を飲み続けている方は注意しましょう。

おわりに

ロキソニンはよく使われている解熱鎮痛消炎剤ですが、医薬品である以上副作用は存在します。

薬を使用していて気になることがあれば医師または薬剤師に相談しましょう。

ロキソニンのお役立ち情報

ロキソニンに関連するQA