ロキソプロフェン(ロキソニン)の頭痛・生理痛への効果や副作用について解説

解熱鎮痛成分のロキソニン(成分名:ロキソプロフェン)の効果や副作用、何錠使用するかの用量、効かないと思った時の対応など全般的な事について解説します。ロキソプロフェンやロキソニンを使用する際の参考にして下さい。

ロキソプロフェン(正式名称ロキソプロフェンナトリウム)は解熱鎮痛剤としてよく使われる成分の一つであり、頭痛や生理痛など幅広い痛みや解熱目的として使用されています。

また、ロキソプロフェンは市販薬のロキソニンSの成分としても含まれています。

今回はこのロキソプロフェンについて、頭痛や生理痛といった痛みや発熱に対する効果、何錠使用するかなどの用量、副作用、ロキソニンとの関係についても確認していきたいと思います。
 

ロキソプロフェンは頭痛や生理痛などの痛みに対して鎮痛効果をもつ

ロキソプロフェンの医療用医薬品の効能・効果は以下の通りです。

1. 下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
2. 手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
3. 下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

一方、ロキソプロフェンが成分の市販薬ロキソニンSの効能・効果は以下の通りです。

頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
悪寒・発熱時の解熱

上記の通り、成分は同じロキソプロフェンですが、医療用医薬品と市販薬では効能・効果が少し異なっています。特に関節リウマチ、変形性関節症などの疾患での消炎・鎮痛では医師の適切な診断のもと使用しましょう。

また、市販のロキソニンSでは月経痛(生理痛)が効能効果として明記されており、鎮痛効果が期待できます。

ロキソプロフェンの作用のメカニズムですが、体の中でシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することで、その効果を発揮しています。

シクロオキシゲナーゼは、痛みや熱を引き起こすプロスタグランジンという物質を合成する役割を持っています。

このシクロオキシゲナーゼを阻害することで、痛みや熱の原因となるプロスタグランジンの合成が抑制され、結果的に鎮痛効果や解熱作用が現れます。

頭痛や生理痛の痛みはこのプロスタグランジが原因によるケースが多く、ロキソプロフェンは他の解熱鎮痛剤よりも効果が高い部類の成分と言われています。この点からもロキソプロフェンは頭痛や生理痛に対して高い鎮痛効果が期待されます。
 

ロキソプロフェンは頭痛や生理痛に何錠使う?用量を確認

ロキソプロフェンは頭痛、生理痛ともに1回あたり1錠での使用が基本となります。

医師から処方された場合1回2錠まで使用するケースもありますが、自己判断で2錠に増やすのはやめましょう

特に、市販薬のロキソニンSでは1回1錠と決まっていますので、副作用防止の観点からも用量を守りましょう。
 

ロキソプロフェンが頭痛や生理痛に効かないときは?

ロキソプロフェンをもう1錠追加したいと思うかもしれませんが、服用間隔は最低4時間程度空ける必要があります。

また、服用間隔を短くするのではなく、1回に2錠使用したいという場合は、自己判断では危険が伴いますので、クリニックで医師にその旨を伝えて、処方薬のロキソプロフェンを処方してもらうようにしましょう。

ロキソプロフェンを使用しても効かない場合に、そもそもロキソプロフェンで治らない種類の痛みの可能性も中にはあります。

一般に神経痛や偏頭痛などはロキソプロフェンの効果があまりないケースが多く、疾患そのものに効かない原因があることもありますので、一定期間使用しても効かな場合は医師の適切な診断を受けるようにしましょう。

 

ロキソプロフェンとロキソニンの関係性は?

先にも少し触れていますが、ロキソプロフェンはロキソニンという製品の成分名(一般名)になります。

ですので、基本的にはロキソニンとロキソプロフェンは同じものを指しており、商品名と成分名の違いということになります。

また、最近では様々な薬の後発医薬品(いわゆるジェネリック医薬品)が出ていますが、ジェネリック医薬品の名称は「成分名(一般名)+会社名」が一般的なため、ロキソニンのジェネリック医薬品はロキソプロフェンナトリウム錠60mg○○(○○は各社の会社名)という名称が多いです。

従って、ロキソプロフェンとロキソニンの違いは先発医薬品とジェネリック医薬品(後発医薬品)の違いとも言えます。

ロキソプロフェンもロキソニンも中身は同じと言えるので、基本的には効能・効果は同じと考えて大丈夫です。

 

ロキソプロフェンの副作用

続いてロキソプロフェンの副作用についてです。
主な副作用として、胃部不快感、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振等、浮腫・むくみ、発疹・蕁麻疹、眠気などが報告されています。

用法・用量で注意換気されているとおり、胃部不快感などの消化器症状を軽減するためにも、空腹時の投与を避けることが望ましいでしょう。

また、頻度は高くないものの、以下の重大な副作用も報告されています。使用の際には十分に注意が必要です。


1. ショック、アナフィラキシー様症状
2. 無顆粒球症、溶血性貧血、白血球減少、血小板減少
3. 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson 症候群)
4. 急性腎不全、ネフローゼ症候群、間質性腎炎
5. うっ血性心不全
6. 間質性肺炎
7. 消化管出血
8. 消化管穿孔
9. 肝機能障害、黄疸
10. 喘息発作
11. 無菌性髄膜炎
12. 横紋筋融解症

 

重大な副作用の追加;小腸・大腸の閉塞・狭窄について ※2016/3/22追記

厚生労働省の所管の独立行政法人PMDAより、ロキソプロフェン・ロキソニンの新たな重大な副作用として小腸・大腸の閉塞・狭窄などを注意喚起するよう指示があったことがニュースになりました。

話題が先行してロキソプロフェンを使うと小腸、大腸に重大な副作用が起きるという印象を受けた方もいるかと思いますが、実際は非常にごく稀にしか起こらないようです。

数年で6例起きたため、今回の流れになったようですが、年間でものすごい量が使われているロキソプロフェン、ロキソニンでたった6例ですので、頻度としてはものすごく低いと言えるでしょう。

実際に現在ロキソプロフェンやロキソニンを使用している人も使用を中止するような必要は全くなく、今まで通り用法量量をしっかりと守った使い方をしていただければと思います。

生理痛を早く解消する!生理痛・月経痛の症状・原因・治し方

ロキソニンのお役立ち情報

ロキソニンに関連するQA

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集