質問

Q

ロキソニンに依存性はありますか?

回答済み

毎月ロキソニンSを2箱くらい消費しています。

ちょっと気になったので質問させていただきたいのですが、私のように継続的に使っているとロキソニンに依存したりすることなどは起きるのでしょうか?

回答(1件)

1
A プロフィール画像

由実
薬剤師

ロキソニンSを頭痛などで使う場合、基本的には月に10日以内までとされています。

ロキソニンの成分そのものは依存性や離脱症状を起こすものではないのですが、薬物乱用頭痛と呼ばれるものがあります。

これはアセトアミノフェンや非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs=Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)などの鎮痛薬、トリプタン、複合鎮痛薬(鎮痛薬とカフェインの合剤など)、エルゴタミン製剤などの薬を常用することで起きてくる頭痛です。

ロキソニンは非ステロイド性消炎鎮痛剤に該当します。

頭痛持ちの人は、またいつ頭痛発作が起きるかわからないという不安があるため、痛いときはもちろんのこと、頭が痛くなくても予防的に薬を飲んでしまいがちです。
「今日は大事な会議があるから、前もって薬を飲んでおこう」とか、「今日は友だちとコンサートに行くので、頭が痛くなったら困るから薬を飲んでおこう」などという具合に薬への依存がエスカレートしていく傾向があります。
すると薬の量が増え、効き目が持続する時間も短くなり、やがては薬そのものによって頭痛が誘発されるケースがあります。
これが薬物乱用頭痛です。

薬物乱用頭痛の診断基準は、月に15日以上鎮痛薬を飲んでいる場合となっていますが、実際には月に10日以上飲んでいる人は要注意と思ったほうがよいでしょう。

また、薬物乱用頭痛は、薬を多用している以上、頭痛以外の他の諸症状の引き金となります(NSAIDsの副作用である胃腸の症状がでてしまうなど)
体全般にとってマイナスが大きいため、これは出来るだけ避けたいものです。
なので、痛い気持ちはとてもよくわかりますが、過剰服用はくれぐれも避けましょう。

薬物乱用頭痛になるのは、もともと片頭痛か緊張型頭痛を持っている人に限られます。
たとえば、同じ痛みでも、関節リウマチの患者さんが大量に鎮痛薬を使用しても、もともと片頭痛や緊張型頭痛を持っていなければ薬物乱用頭痛は起きません。つ
まり、片頭痛や緊張型頭痛そのものが、薬物乱用頭痛を引き起こす素因になっているものと考えられます。

 近年、このような患者さんが増えているため、日本頭痛学会では、この薬物乱用頭痛をいかにして予防するかということが、大きな課題になっています。

ロキソニンに関するQA一覧

ロキソニンのお役立ち情報

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集