ロコイド軟膏はどんな薬?

ロコイド軟膏は、皮膚の炎症やかゆみなどに幅広く処方されるステロイド剤です。

優れた血管収縮作用があり、湿疹・皮膚炎群・乾癬(かんせん)・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)といった皮膚疾患の赤み・はれ・かゆみ・炎症などの症状をおさえる目的で使用されます。

ステロイドの強さはミディアム

ステロイド剤(=塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、強さが5段階にわけられています。

ロコイドのステロイド成分である「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」は「Medium(ミディアム)」に分類されています。

Strongest(ストロンゲスト) 最も強い
VeryStrong(ベリーストロング) 非常に強い
Strong(ストロング) 強い
Medium(ミディアム) おだやか
Weak(ウィーク) 弱い

ステロイド剤の副作用を心配する人もいますが、ロコイドは他のステロイド剤に比べて副作用が穏やかな薬です。医師の指示どおり用量用法を守り使用すれば問題はありません。

ロコイドの副作用

ロコイドは、ステロイドの塗り薬の中では比較的副作用の穏やかな薬ですが、まれに副作用が起こることがあります。

下記のような症状がでた場合は、担当医もしくは薬剤師に相談してください。

・乾皮様皮膚炎(皮膚がガサガサになる)
・かゆみ
・毛包炎(毛の根元が赤くなり、かゆみや痛みを生じる)
・皮膚が赤くなる
・皮膚がチクチクする

なお、まぶたや目の周りに使用した場合、眼圧亢進・緑内障・ 白内障の症状が現れる場合があるので使用しないでください。

ロコイドはあせもに使える?

ロコイドには皮膚の炎症をおさえる作用があるため、あせもやニキビなど身近な皮膚トラブルにもよく処方されます。

軽度のあせもはステロイド剤を含まない薬でも対応できますが、炎症の強いあせもにはロコイドなどの抗炎症作用のあるステロイド剤を含む薬がおすすめです。

あせもに効く市販薬について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

ロコイド軟膏は市販されている?

ロコイドは処方箋が必要な塗り薬であり、処方箋なしで薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。

しかし、ロコイドと同じ有効成分である「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」を配合した市販薬はさまざま販売されています。

ステロイド成分の配合量自体はロコイドよりも少ないため、まったく同じ効果が得られるとは限りませんが、ロコイドと近い効果は期待できます。

ロコイドは顔や陰部に使える?

ロコイドは顔や陰部に使用はできますが、自宅に以前処方された薬があるからといって、自己判断で使用するのは危険です。

ロコイドを含むステロイド剤には、免疫細胞を弱めることで真菌や細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうという副作用があり、かゆみの原因が細菌や真菌の感染であった場合、症状を悪化させてしまう場合があります。

原因が何か分からない状態で処方薬を使用するのは危険なので、顔や陰部にかゆみや痛みの炎症が出た場合は、家にロコイドがあっても使用はせず、まずは医師の診察を受けてください。

ロコイド軟膏とクリームの違いは?

ロコイドには軟膏タイプとクリームタイプがあります。病院で処方される場合は、医師が症状に合った剤形を選んでいます。

タイプによって薬の効き目が変わることはないので、症状・患部の広さ・使用感などによって使いわけられます。

軟膏とクリームの違いは以下の通りです。

軟膏タイプ

べたつきがある油脂性基剤の塗り薬です。皮膚を保護する作用が強く刺激性が少ないため、あらゆる症状に使用できます。

特に乾燥してカサカサしている状態のものに適していますが、軟膏は患部を保護する性質があるため、かきこわして悪化した湿疹やジクジクと化膿しているような皮膚炎などにも使用できます。

べたつき感があるため洋服に薬剤がつきやすい上に、肌から洗い落としにくいという欠点があります。

クリームタイプ

水と油を混ぜ合わせてつくられている乳剤性基剤の塗り薬です。軟膏に比べてのびが良く、さらっとしています。

しかし、軟膏より刺激が少し強いため、ひどく悪化している症状にはおすすめできません。

ロコイドの使用上の注意

長期使用・大量使用は禁止

ステロイド薬は長期・大量使用をすると、薬の成分が過度に吸収されてしまい、副作用の危険性が高まります。

薬を広範囲に使用したり、なかなか治らないからといって、決められた期間より長く使用したりせず、必ず医師から指示を受けた用法用量を守りましょう。

妊娠中の方が使うとき

妊婦もしくは妊娠の可能性のある方にもロコイドは使用できますが、副作用の観点から塗る面積や妊娠週などを考慮する必要があります。

大量または長期にわたる広範囲の使用は、母体や胎児に悪影響を及ぼす危険性があるため、必ず医師の指示を守って使用するようにしましょう。

赤ちゃんに使用するとき

ロコイドはステロイドレベルがおだやかなミディアムに分類される薬なので、皮膚が弱い赤ちゃんでも使用できます。

赤ちゃんにステロイドを使用することを心配するママもいるかもしれませんが、用法用量を守って正しく使用すれば問題ありません。

しかし、赤ちゃんに使用する際には、広範囲に長期的に大量に使用することは推奨されていないため、できるだけ湿疹や炎症がある場所のみに使用してください。

ロコイドを使用するときは、医師の指示のもと用量用法を必ず守って使用してください。

また、あせもやおむつかぶれの場合は、患部をぬるま湯で綺麗に洗い流し、水分をしっかりと拭き取って清潔にした後に薬を塗りましょう。

なお、使用する際は長くても2〜3日までにしてください。

おわりに

処方薬ロコイドは、よく処方される皮膚治療薬のひとつです。ステロイド配合で優れた効果を示すことが特徴です。

処方薬を使用する際には、医師の指示を正しく守って使用してください。