葛根湯の成分と効果

葛根湯は、身近な漢方薬のひとつで、風邪のひきはじめなどの症状に使われます。

葛根湯は全部で7つの生薬から構成され、それぞれ以下の役割を果たしています。

葛根(カッコン) 発汗を促し、解熱させる。筋緊張を緩める
麻黄(マオウ) 発汗を促す。気管を拡げ、咳を止める
桂皮(ケイヒ) 体を温め、発汗を促す
芍薬(シャクヤク) 筋肉の張りを抑制して、痛みを緩和させる。発汗の調整
生姜(ショウキョウ) 腹部を温め、発汗を促す。咳や吐き気を抑える
大棗(タイソウ) 消化を調整する
甘草(カンゾウ) 消化を調整する

体を温める効能がある生薬を中心に配合しながらも、発汗による解熱をコントロールをする生薬も配合。さらに消化の調整もするという、とてもバランスの良い漢方です。
葛根湯は以下の症状に効果を発揮するとされています。

 

・風邪のひきはじめにみられる寒気や発熱、筋肉痛
・頭痛、肩こり
・鼻風邪、鼻炎
・上半身の神経痛
・蕁麻疹(じんましん)

葛根湯の注意すべき飲み合わせ

葛根湯に含まれるふたつの成分が、ほかの薬の飲み合わせで注意すべきとされています。

注意すべき成分 麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)

麻黄には「エフェドリン」という成分が含まれています。この成分を摂り過ぎると、交感神経を過剰に刺激してしまい、不眠、発汗過多、頻脈、動悸、全身脱力感、精神興奮といった副作用を起こす可能性があります。

 

甘草には「グリチルリチン」という成分が含まれています。この成分を摂り過ぎると、血液上昇やむくみといった症状を起こす「偽アルドステロン症」の原因になります。ほかにも、「ミオパシ―」という疾患を招き、筋萎縮や筋力低下といった筋肉障害を引き起こすケースがあります。

 

●葛根湯と他の薬の飲み合わせ

注意すべき飲み合わせ 風邪薬、頭痛薬
問題ない飲み合わせ カロナール(アセトアミノフェン)
ロキソニン(ロキソプロフェン)
花粉症の薬

風邪薬との飲み合わせ

風邪薬にはエフェドリンやグリチルリチンといった、葛根湯と同じ成分を含むものが多く販売されています。同一成分の複数の薬から摂取すると、効き目が強くなり過ぎてしまい、体に悪影響を与える恐れがあります。また風邪薬には解熱作用があるものが多く、葛根湯の解熱作用と同時に働いてしまうと体温が下がり過ぎて思わぬ症状が出る場合があります。
飲み合わせたい場合は、薬剤師や医師に確認しましょう。

 

コフト顆粒 12包(指定第2類医薬品)

コフト顆粒は葛根湯と総合かぜ薬成分をひとつにした市販薬です。

風邪のひきはじめに効く葛根湯と熱・のどの痛み・せきに効く総合かぜ薬成分の両方の効果で風邪に効きます。

葛根湯と風邪薬をあわせて服用したい場合は、こういった市販薬を使用すると良いでしょう。

頭痛薬(イブ、バファリン)との飲み合わせ

市販薬の頭痛薬(イブ、バファリン)などに含まれる、「イブプロフェン」は炎症を鎮めることで、解熱作用をもたらします。葛根湯にも解熱作用がありますが、こちらは体を温め発汗を促すことで余分な熱を体外に放出します。つまり、同じ解熱でも働きが異なるのです。
働きの違うふたつの薬を飲み合わせると、どちらの効果も十分に得られない可能性があります。どちらが適しているか、薬剤師や医師に相談した上で服用しましょう。

カロナールとの飲み合わせ

解熱鎮痛薬の中でも効き目が穏やかで安全性が高いことから、子どもや妊婦にも使用されるカロナール。主成分である「アセトアミノフェン」と葛根湯には、相互作用による副作用の危険性は少ないことから飲み合わせも問題ないとされています。ちなみに市販の風邪薬「プレコールエース顆粒」には、葛根湯エキスとアセトアミノフェンの両方が含まれています。

ロキソニンとの飲み合わせ

カロナールよりも効き目が強い解熱鎮痛薬がロキソニンです。ロキソニンと葛根湯は、薬の効果を消し合ったり、過剰な効き目を生み出すことがないため飲み合わせも問題ないとされています。

花粉症の薬(アレグラ)

アレグラに含まれる「フェキソフェナジン塩酸塩」と葛根湯の成分は、お互いに効果を消し合ったり、過剰に効果を強めることはないので、基本的には飲み合わせも問題ないとされています。

葛根湯を飲むタイミングと効果的な飲み方

葛根湯を飲むためには、飲むタイミングや飲み方に気を付けましょう。

葛根湯は食前に飲みましょう

葛根湯に含まれる自然由来の生薬は食材と似ているため、食後に内服すると、食べ物に吸収を阻害される可能性があります。葛根湯の成分を効果的に吸収するためには食前に飲みましょう。ただし、消化器系が弱い人は副作用のリスクを避けるために、食後に飲んでも構いません。

顆粒タイプの葛根湯をお湯に溶かして飲む

葛根湯エキス顆粒 21包(第2類医薬品)

市販の漢方薬は、生薬を煎じた濃縮エキスによるエキス剤を使用しています。エキス剤を煎じ薬に近い効果で飲むためには、味や香りを味わいながら飲むことがベストです。味や香りを味わって飲むには、顆粒タイプの葛根湯を100~120mlのお湯に溶かして飲みましょう。

錠剤で飲む場合は多めの水で

忙しいからじっくり味わえないという人、味・香りが苦手な人は、錠剤の葛根湯を服用しましょう。ただし錠剤を飲む場合は、喉に詰まらせないよう多めの水で飲んでください。また、ジュースや牛乳などで服用すると、飲料の成分が葛根湯の吸収を阻害する可能性があるので避けましょう。

葛根湯を効果的に服用しましょう

比較的安全性が高く、幅広い症状で服用される葛根湯ですが、適切な効果を得るためには飲み方や飲み合わせに注意することが大切です。葛根湯の服用について迷った場合は、医師や薬剤師に必ず相談しましょう。