現役薬剤師が解説!消毒用エタノールの効果や使い方

消毒用エタノールの濃度ごとの用途の違い、かびやノロウイルスへの効果、実際に使うときの使用方法について現役薬剤師が解説しています。ハッカ油と混ぜたおすすめ消臭スプレーの作り方を記載しています。

消毒用エタノールとは

エタノールは、消毒用エタノール・無水エタノール・エタノールの3つに分類されています。

消毒用エタノール・無水エタノール・エタノールの違い

消毒用エタノールと無水エタノール、エタノールはエタノールの濃度が違います。

分類 エタノール濃度(vol%) おすすめ用途
消毒用エタノール 76.9〜81.4 家庭内用品の掃除
無水エタノール 99.5以上 金属機器の掃除
エタノール 95.1〜96.9 消毒用エタノールの調製

エタノール濃度が80%前後のものが最も消毒効果が優れているので、消毒には消毒用エタノールが使用されます。エタノールは消毒用エタノールの代用とはなりません。

一方、機器の清掃には無水エタノールが使用されます。理由は、水分がほとんど含まれていないため、金属部品に影響しにくいからです。

消毒用エタノールの効果

医療上の効能・効果は手指・皮膚の消毒、医療機器の消毒です。

しかし、消毒用エタノールは消毒効果のほかにも、生活用品としての効果があります。

◼︎脱臭効果
まな板などに使うことで生臭さ、漬物のにおいを取り除きます。

◼︎脂を落とす(脱脂)効果
料理や食事の後の脂汚れを落とします。衣服も脱色してしまうため、色落ちしてしまうジーンズ、染め物にはかからないようにしてください。

消毒用エタノールの作用機序

消毒用エタノールは、たんぱく質を壊す作用、ばい菌の代謝を悪くする作用、菌を溶かす作用により消毒効果を現します。

消毒用エタノールはかびに効く?

消毒用エタノールはかびにも有効です。とくに問題となるのは糸状菌とよばれるかびです。人に感染することもあり、消毒用エタノールでしっかりと消毒することが重要です。消毒には比較的長い時間がかかるので消毒用エタノールをタオルなどでふきとらず、自然に乾燥させるようにしてください。

消毒用エタノールはノロウイルスに効く?

エタノールはノロウイルスに不向きです。ノロウイルスはエタノールに抵抗性があり、効果が十分に出ないことがあります。通常、ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウム液が使用されます。

消毒用エタノールの作り方

消毒用エタノールは消毒用エタノールより濃いエタノール(95.1~96.9vol%)から作ることができます。エタノールの添付文書には830mLを精製水でうすめて1000mLとし、これを消毒部位に塗布すると記載されています。つまり、エタノール830mLに精製水を約170mL入れて消毒用エタノール1000mLを作ることができます。

消毒用エタノールが1000mLも必要ない場合は、作りたい量に応じてエタノールを使用してください。

作りたい量(mL) エタノール(mL) 精製水(mL)
60 50 10
120 100 20
300 250 50
600 500 100

おすすめ消臭剤の作り方

消毒用エタノールにハッカ油を混ぜることで、生活用品への消臭効果がより実感できます。またハッカ油によるアロマテラピーにもなります。

【消臭剤の作り方】

1.消毒用エタノールを小分けするスプレーボトルを用意します。(100均のもので良いです。)

2.スプレーボトルに消毒用エタノール100mLを入れます。

3.スプレーボトルにハッカ油を5〜10滴ほど垂らして混ぜると消臭剤の出来上がりです。

消毒用エタノールの使い方

消毒用エタノールには様々な用途があります。

金属やプラスチックを腐食しにくいため、家庭内用品の掃除や消毒に向いています。

用途 使い方
冷蔵庫の掃除 1.綿や布にしみこませ、ふきとる。
2.冷凍室に吹きかけて、氷を落とす。
自己注射の際の消毒 綿にしみこませ、患部をふきとる。
まな板、キッチン、シンクの消毒 1.スプレー後、乾いた布などで水気をふきとる。
2.綿や布にしみこませ、ふきとる。
容器の消毒 綿や布にしみこませ、ふきとる。ふたをせずに保管する。
おもちゃの消毒 綿や布にしみこませ、ふきとる。量が多い場合は換気する。
ガラスや鏡の掃除 霧吹きスプレーで窓ガラスに吹きかけ、乾いた布でふきとる。
手指の消毒 両手のひらの裏表にまんべんなく伸ばす。タオル等でふきとらず、自然に乾くのを待つ。(約20秒〜30秒)

消毒用エタノールの使用上の注意

・引火性があるので火気がある場所で使用しないでください。

・合成ゴム製品や合成樹脂製品などにはエタノールで変質するものがあるので使用する場合はお控えください。

・付着物がある場合は、しっかりと浸透しないことがあるので、十分に洗い落としてから使用したほうが効果的です。

・眼や粘膜にかからないようにしてください。

消毒用エタノールの購入

消毒用エタノールには「消毒用エタノール」、「消毒用エタノールIP」、「消毒用エタノールIK」などがあります。

スプレータイプや、ボトルタイプがあります。

消毒用エタノールの価格の違い

エタノールには酒類と同じように酒税相当額が課税されます。

しかし、エタノールに添加物としてイソプロパノールを入れることで飲めなくなり、酒類ではなくなります。

そうすると酒税相当額が免税され、値段が安くなります。

商品 酒税 値段
無水エタノール あり 高い
エタノール あり 高い
消毒用エタノール あり 高い
消毒用エタノールIP なし 安い
消毒用エタノールIK なし 安い

エタノールとイソプロパノールの違い

エタノールとイソプロパノールの細菌に対する消毒効果はほぼ同じです。しかし、一部のウイルスに対してはエタノールのほうが消毒効果が優れているとの報告があります。

イソプロパノールはエタノールに比べて値段が安いですが脂を落とす作用が優れており、臭いが強い特徴があります。また芽胞以外のほとんどの微生物に効果を現します。

おわりに

消毒用エタノールは病院やクリニック、薬局でも頻繁に使用されます。しかし、すべての菌やウイルスに効果があるわけではありません。感染の危険性がある菌やウイルスがいる場合は、効果の有無を確認しましょう。

ピックアップ特集