当帰芍薬散は冷えやむくみなど、女性特有のトラブルを解消する薬として処方されることの多い漢方です。今回は当帰芍薬散の効能効果や副作用について解説していきます!

なお、生活習慣から冷えやむくみを改善する方法に関しては以下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

当帰芍薬散の成分

当帰芍薬散には、生薬と呼ばれる天然の成分が配合されています。

女性特有の症状に効果的な成分

◼︎トウキ(当帰)
セリ科シシウド属トウキの根を使います。気を整えて血の巡りを正常に戻す作用があります。
鎮静作用、強壮作用、血管拡張作用、血小板凝集抑制作用、身体を温める作用があり手足の冷えや腰の冷え月経の正常化などに効果的です。女性特有の症状に広く用いられます。副作用が少なく、穏やかに効きます。

◼︎センキュウ(川芎)
セリ科センキュウのヒゲ根を除いた根茎を湯通ししたあと乾燥させたものです。
冷え性や婦人科系の不調に効果的です。
中枢抑制作用、末梢血管拡張作用、抗血栓作用、鎮痙作用、腸血流増加作用、皮膚温度上昇作用、免疫賦活作用、血行促進作用があります。他の生薬で補血された血液を巡らせる作用があります。

◼︎シャクヤク(芍薬)
ボタン科の芍薬の根を用います。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ということわざにもある大きくキレイな花です。
外皮を除去して乾燥させたものを「白芍」、外皮をつけたまま乾燥させたものを「赤芍」、外皮を除去して湯通しして乾燥させたもが「真芍」と呼びます。筋肉のこわばりによる痛みを取るので筋肉痛や生理痛に効果的。血流を改善します。抗炎症作用、血圧低下作用、鎮静作用、ストレス性潰瘍抑制作用、抗痙攣作用などがあります。

消化器系を元気にして代謝をよくする成分

◼︎ブクリョウ(茯苓)
サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核を乾燥し外皮を除いたものです。
精神安定作用、利水作用(必要な水分を体に巡らせいらない水分は尿や汗として排泄する作用)、健脾作用などがあります。
食欲不振、消化不良、むくみや不眠にも効果をあらわします。

◼︎ソウジュツ(蒼朮)
ホソバオケラまたはシナケラの根茎を乾燥させたものです。
漢方では健胃作用、整腸作用、利尿作用があり、水分の代謝異常や消化器系の不調に用いられます。

◼︎タクシャ(沢瀉)
オモダカ科サジオモダカもしくは同種属の根茎の外皮を除き乾燥させたものです。クアイのように食用されるものもあります。
利尿作用、循環器系への作用、血液凝固抑制作用、抗脂肪肝作用、コレステロール血症の改善作用、性ホルモンへの作用、免疫賦活作用、尿路結石予防作用、血糖・血圧の降下作用、抗菌作用、抗脂肪肝作用などがあり、尿量が少なかったり、逆に頻尿、膀胱炎、めまい、口渇、むくみに用いられます。古くから水分代謝を促進する漢方薬としてよく使われてきました。

当帰芍薬散は女性の味方!

冷え性やむくみ、めまいや貧血といった女性特有の症状。それだけでも頭を悩ましてしまうのに、血の巡りが悪いと生理不順、不正出血、ひどい月経痛という症状を引き起こしやすくなります。

そんなときに役立つのが当帰芍薬散という漢方薬です。当帰芍薬散は血行をよくして体内にとどまっている水分や老廃物を排出させる作用によって、冷えやめまいなどの女性特有の症状改善に効果があります。

さらに、当帰芍薬散は妊娠とも深い関係のある漢方薬。妊娠を希望している方や不妊治療中の方、妊娠中の方にとっても効果的な漢方なのです。当帰芍薬散の妊娠中の服用や、妊娠に関わる効果を解説します。

詳しくは以下をご確認ください。

当帰芍薬散の効能効果

当帰芍薬散はこんな人に効く

当帰芍薬散は、冷えやむくみ貧血が気になる人、漢方の世界で言う「虚証」タイプの人に効果があります。

【虚証と実証の見分け方】

  虚証 実証
体型 線が細く痩せ型 がっしりとした体格
顔色 白い、青い、黄色っぽい 赤い
荒れやすい つやつやしている
胃腸 弱い 丈夫
食欲 あまりない いつもある

※数がほぼ同数の人は「中間証」に分類されます。

具体的には、冷え性で貧血の傾向があり、体力があまりなく疲れやすいタイプの人向けと言われています。以下の特徴を参考にしてみてください。

★次の項目に当てはまる人は当帰芍薬散錠がオススメ★
□水分をよくとるが、トイレの回数が少ない
□だいたい手足が冷えている
□夕方になると足がパンパン
□立ちっぱなしでいるとめまいがしたり貧血気味

当帰芍薬散の効能効果

当帰芍薬散は、慢性的な冷え性むくみに効果的です。
古くから妊娠中に服用する安泰薬として処方されており、最近では不妊治療PMS月経前症候群)に対しても使用されます。

具体的には以下のような症状に効果があります。

月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい、立ちくらみ、頭が重い、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

当帰芍薬散の副作用:太るって本当?

漢方である当帰芍薬散にも、少ないながら副作用はあります。服用の前には添付してある説明書を必ず確かめるようにして下さい。注意事項は守らないと現在の症状が悪化したり、副作用がおこりやすくなるので必ず確認してください。

なお、以下に当てはまる人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。

・医師の治療を受けている人
・他の薬を服用している人
・胃腸がとても弱い人
・食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢を起こしやすい人
・今まで薬などで発疹・発赤、かゆみなどの症状を起こしたことがある人

当帰芍薬散の副作用

当帰芍薬散の副作用には以下のようなものがあります。

・発疹・発赤、かゆみ
・胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢
・肝機能の異常

症状が現れたら直ちに服用を中止して添付の説明書をもって医師、または薬剤師、登録販売者に相談してください。

1ヶ月くらい(常習便秘、高血圧や肥満に伴う便秘に服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止して、添付の説明書をもって医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

これって当帰芍薬散の副作用なの?太るってホント?

この他にも当帰芍薬散を飲んでから、以下のような症状が現れたと訴える方がいます。

・太る
・眠気
・便秘
・ニキビの悪化
・むくみ
・めまい

これらは当帰芍薬散の副作用ではありません。しかし、なぜこのような症状が出るのでしょうか。原因を考えていきましょう。

★太る
「当帰芍薬散を飲みはじめたから太った」という方は多くいらっしゃいます。
考えられるのは、女性ホルモンが整ったり、血行が良くなったことにより体調が良くなり、結果的に太ったという可能性です。体重が増えたということは、虚弱体質の方が健康な体になったともいえるのです。

★眠気
今まで冷えていた体が、当帰芍薬散の作用により温まったことが原因だと考えられます。人は体温が下がる時に眠気を感じるので、一度上がった体温が元に戻った後に眠気が襲ってくるのです。

★便秘
当帰芍薬散はむくみがある=水分が余っている人に適した漢方ですが、体内に水分があまりない人の場合、水分を出しすぎて便秘になってしまったのではないかと考えられます。

★ニキビ悪化
当帰芍薬散は体力がなく、血の巡りが少なくて女性ホルモンのバランスが乱れている人に処方されます。体質やニキビの症状に合わないことが原因かもしれません。

★むくみ、めまい
当帰芍薬散は本来、体内の余分な水分を排出して、むくみやめまいを解消する効果があります。しかし悪化させてしまうということは、体質に合っていない可能性が高いでしょう。
当帰芍薬散に限らず漢方は、体質に合わなければマイナスに働きます。

体質や症状にあっているか疑ってみましょう

まとめると、このような症状が起きる原因は、大きく分けて以下のように考えられます。

①体質に合っていない
②症状に合っていない

体重の増加は副作用ではありませんが、特に女性は気になってしまうと思います。
気がかりな症状が現れた場合は、当帰芍薬散が体質や症状に合っていない可能性がありますので、薬剤師や医師に相談しましょう。

妊娠中の当帰芍薬散の使用について

当帰芍薬散の妊娠へ向けた効果

当帰芍薬散は6つの生薬が配合されています。
全身の血行をよくしながら栄養を与え、身体を冷やす原因となる不必要に溜まった水分を取り除きます。水分代謝を促進することで、冷え改善・身体を温める・生理痛を和らげる、むくみ改善といった効果があります。
これらの効果は日常における不調改善はもちろん、不妊治療中の方やこれから妊娠を希望している方にも重要です。

不妊治療中の方への効果

当帰芍薬散は、不妊治療のひとつとしてよく処方される漢方です。
不妊の原因としてあげられる「冷え、むくみ、貧血、生理不順」といった女性特有の症状改善に効果があります。症状が改善することにより、ホルモンバランス・生理周期・子宮環境などが整い、妊娠しやすい身体へと体質改善が期待できます。

妊娠を希望している方への効果

これから妊娠を希望している方も、意識して妊娠しやすい身体をつくることが大切です。
ホルモンバランスを整え、良い子宮環境を準備しておくことで妊娠後の自分の身体や赤ちゃんが元気に過ごすことができます。

当帰芍薬散の妊娠中の服用

当帰芍薬散を妊娠中に服用するとどのような効果があるのでしょうか。服用期間や副作用に関しても、あわせて把握していると安心ですね。

服用効果

当帰芍薬散は、妊娠中の安胎薬(あんたいやく)としての効果もあります。安胎薬とは、妊娠中に起こる可能性のある症状を和らげる効果のある薬のことです。
当帰芍薬散の効果は、習慣性流産の予防、妊娠中毒の予防、陣痛の軽減などです。

妊娠前から服用していた方は、妊娠したあとも服用をやめる必要はありません。
また、妊娠前は服用していなかった方が、妊娠をきっかけに服用し始めることも可能です。
当帰芍薬散を希望される場合は、医師に相談して用法用量を守って使用してください。

服用期間

安胎薬のひとつである当帰芍薬散ですが、妊娠中はいつまで服用できるのか考える方も多いかもしれません。
日本臨床漢方医会によると、芍薬を含む漢方である当帰芍薬散は、分娩時や産後6週間~8週間の時期に子宮収縮不全を起こす懸念もあると考えれられているとのこと。しかし、あくまで懸念であり、賛否両論のこの議論は結論がでていない現状のようです。

妊娠中の安胎薬ですので、この時期をすぎたら即刻服用をやめましょうというような期間の定めはありません。
漢方の効果や副作用は個人の体質によるところが大きいため、飲み続けていた方が体調の良い方や、逆に副作用を感じる方とさまざまです。そのため医師や、漢方の専門知識がある漢方医に相談・診察を受け、自分の状況や体調にあわせた期間を把握するとよいでしょう。

当帰芍薬散のおすすめの市販薬は?:処方薬と市販薬の違い

当帰芍薬散は病院で医師から処方される処方薬と、薬局やインターネットで購入できる市販薬があります。

処方薬の詳細はこちらをごらんください。

処方薬の生薬の量は市販薬の倍!

ツムラの当帰芍薬散の処方薬と市販薬を比較すると、処方薬は1日分7.5g中、生薬の乾燥エキス4.0gを含有しており、市販薬は1日分3.75g中、当帰芍薬散エキス2.0gを含有しています。

生薬の混合されている割合の内訳は、以下の通りです。

生薬 処方薬の配合量 市販薬の配合量
日局シャクヤク 4.0g 2.0g
日局ソウジュツ 4.0g 2.0g
日局タクシャ 4.0g 2.0g
日局ブクリョウ 4.0g 2.0g
日局センキュウ 3.0g 1.5g
日局トウキ 3.0g 1.5g

このように処方薬の生薬の量は、市販薬の倍となっています。
生薬の含有量が多いと、効き目も強くなります。ただ、その分副作用が起こる可能性も高くなるので、処方薬には医師の処方箋が必要となるのです。

市販の当帰芍薬散のおすすめ5選

市販の当帰芍薬散には顆粒タイプと錠剤タイプがありますが、最終的な効果は同じです。
顆粒の方が体内に溶けはじめるのが早いとされ、錠剤の方が飲みやすいといわれています。ご自身の好みで選んでください。
値段は顆粒の方が高めです。タイプが同じであれば商品ごとの値段の大きな差も特にありませんので、(量が多ければお得になりますが)自分がどのくらいの期間服用したいかで決めるといいでしょう。

市販薬のメリットは、薬局やインターネットで処方箋なしでも購入できることです。
処方薬と比べると効果は弱めですが、まずは市販薬の服用からはじめてみてはいかがでしょうか。
おすすめの市販の当帰芍薬散を5つ紹介します。

体に早く吸収される顆粒タイプ

当帰芍薬散は、もともと生薬を粉末状にしてそのまま飲むものです。
顆粒タイプは本来の形であり、いちばん効果が発揮されやすいのでおすすめです。
 

当帰芍薬散料エキス顆粒クラシエ

服用は1日3回、24包(8日分)と、45包(15日分)があります。24包は、持ち運びやすいスティックタイプの個別包装です。

ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒

こちらの服用は1日2回です。薬を飲むのを忘れがちな人におすすめします。24包(12日分)と64包(32日分)のものがあります。

飲みやすい錠剤タイプ
どうしても粉の漢方は飲みにくい…という方には錠剤タイプがおすすめです。

クラシエ当帰芍薬散錠

服用は成人は1回4錠、1日3回です。60錠(5日分)、96錠(8日分)、180錠(15日分)、288錠(24日分)があります。

ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス錠A

服用は1回3錠1日3回。クラシエよりも1回分が1錠少なくなっており、90錠で10日分の容量です。

ルビーナめぐり

こちらは、当帰芍薬散に体を温める生薬である人参を加えたものです。服用は1回3錠、1日3回、60錠入りと120錠入りがあります。

クラシエとツムラの違いは?

クラシエとツムラはどちらも当帰芍薬散でおすすめですが、成分に若干の違いがあるので確認しておきましょう。

クラシエが本来の処方である白朮を使用しているのに対し、ツムラは蒼朮を使用しています。

白朮も蒼朮も共に体内の水分の代謝を正常にする働きがありますが、作用が異なるため、自分の症状に合った方を選びましょう。

クラシエの当帰芍薬散は健胃作用と利尿作用に優れている!
白朮は内臓の余分な水分を排出する力が強いことが特徴です。
また、白朮は気を補う働きがあり、胃腸のエネルギー不足の時に使用されます。

ツムラの当帰芍薬散は発汗作用に優れている!
蒼朮は、体の表面の余分な水分を排出する力が強いことが特徴です。
また、蒼朮は気の流れを良くする働きがあります。そのため、ストレスで気の流れが悪くなった時におすすめです。

当帰芍薬散の購入の際には、薬剤師に相談しましょう。

当帰芍薬散の用法・用量

当帰芍薬散は多くの製薬会社から販売されており、用法用量も異なる場合もあります。以下にいくつか例をあげますが、詳細は使用する薬の添付文章をごらんください。

顆粒タイプ

■ツムラ

通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

ツムラ当帰芍薬散エキス顆粒(医療用)

クラシエ

通常、成人1日6.0gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

クラシエ当帰芍薬散料エキス細粒

【錠剤タイプ】

オースギ

通常,成人1日18錠を2~3回に分割し,食前又は食間に経口投与する。なお,年齢,体重,症状により適宜増減する。

オースギ当帰芍薬散料エキスT錠

おわりに

血液の流れを改善して脂質や水分の代謝機能が高れば体の巡りがよくなり、「溜めこまない」体と心が出来上がります。

冷えやむくみは慣れてしまいがちですが、それらの症状は大病を招きかねません。特に女性にとって冷えは大敵です。気になった人は体質改善について考えてみてください。そんな時、漢方が強い味方になってくれることでしょう。

ぜひ自分にあったものを見つけましょう。