麦門冬湯は咳に効く?効能・副作用・注意点について

麦門冬湯は乾いた咳を止める効果のある漢方薬です。麦門冬湯の効能や副作用、服用の注意点について徹底解説します!

はじめに

麦門冬湯(バクモンドウトウ)は、長引く空咳に効果のある漢方薬として知られています。風邪をこじらせてしまった時、麦門冬湯を処方されたことがある人もいるかもしれません。

麦門冬湯は、中国の古典医学書「金匱要略」に記載がある、古くからある漢方薬です。近年の臨床実験により、麦門冬湯は医薬品より早く、風邪の後の咳を止める効果が現れることがわかり、注目を浴びています。

この記事では、そんな麦門冬湯の効果効能・副作用などについて徹底解説していきます。

麦門冬湯はどんな漢方薬?

麦門冬湯は体力が中くらいで、のどや気道が乾燥して顔を赤くして咳き込んでしまうことのある人に向いている漢方薬です。

麦門冬湯に配合されている6つの生薬

麦門冬湯に含まれるのは、麦門冬(バクモンドウ)、半夏(ハンゲ)、人参(ニンジン)、粳米(コウベイ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)の6つの生薬です。

麦門冬はのどを潤し、咳を止め、たんを出しやすくする作用をします。半夏はこみ上げる咳を止め、吐き気をしずめる作用があり、つわりにも使用されることがあります。人参、粳米、大棗、甘草は乾いた体に潤いを持たせる効果があります。

麦門冬湯の効果効能:肺を潤し咳をしずめる

麦門冬湯は、肺に潤いを与えることによって、咳をしずめ、たんを除去します。さらに気管支を拡張する作用もあります。

【麦門冬湯が使える症状】
・乾いた咳、空咳
・風邪の後の長引く咳
・粘りっこいたんが切れにくい咳
・気管支炎
・ぜんそく
・百日咳
・のどのイガイガ
・間質性肺炎

【麦門冬湯が使えない症状や人】
・湿った咳
・水っぽいたんがたくさん出る咳
・咳以外の風邪
・むくみのある人

麦門冬湯と葛根湯・小青竜湯との違い

麦門冬湯と同じく風邪の時に使用される漢方に、葛根湯と小青竜湯があります。まず葛根湯は、風邪の初期に使用する漢方です。風邪の後期の咳に効果のある麦門冬湯とは反対に、葛根湯は咳をし始めると効かなくなります。

小青竜湯はたんが多く、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった湿った咳に効果を発揮します。麦門冬湯は肺を湿らせる効果があるので、こういった湿った咳に対して使用すると逆に悪化してしまう可能性があります。

麦門冬湯も小青竜湯も咳に効果のある漢方薬ですが、全く逆の種類の咳に対応するので、使い方を間違えないようにしましょう。

妊娠中も授乳中も服用できる麦門冬湯

妊娠中は免疫力が低下しているため、風邪もひきやすくなっています。咳が止まらないのに薬も飲めない…と悪循環に陥りがちです。そんな妊婦でも、麦門冬湯は服用することができます。
また、授乳中の方の服用も可能です。ただし妊娠中は体調が不安定になりがちですので、病院で受診してからの服用をおすすめします。

麦門冬湯は、子どもも高齢者も飲める

麦門冬湯は、小児気管支炎や小児ぜんそくにも効果があります。咳き込んでしまう発作性の咳や、咳と共に嘔吐してしまう症状にも対応します。ただし、2歳未満の子どもは服用できません。

また、高齢者は唾液の量が減り、のどや気道の粘膜が乾きやすくなっています。これが原因の空咳に対しても、麦門冬湯はよく効きます。

麦門冬湯の副作用

麦門冬湯にはほとんど副作用はありません。ただし、ごくまれに重篤な副作用を引き起こす可能性があります。配合生薬の甘草を大量に服用すると体内のカリウムの濃度が減り、むくみを生じたり血圧が上昇することがあります。これが、偽アルドステロン症やミオパチーと呼ばれる症状です。

・偽アルドステロン症
手足のだるさ、しびれ、つっぱり感、こわばりがみられ、これらに加えて、力が抜ける感じ、こむら返り、筋肉痛が現れて、だんだんきつくなる

・ミオパチー
筋肉の痛み、筋肉のこわばり、筋力の低下

・間質性肺炎
階段を登ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳(からせき)が出る、発熱する、などがみられ、これらの症状が急に出現したり、持続したりする

・肝機能障害:黄疸
からだがだるい、吐き気、嘔吐、食欲不振、かゆみ、尿が黄色い、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる

・その他
じんましん、発疹

他の薬との飲み合わせ

他の薬と併用する場合は、生薬が重複していないか確認してください。特に甘草やその主成分であるグリチルリチン酸が含まれている薬は要注意です。甘草やグリチルリチン酸を過剰摂取すると、副作用である偽アルドステロン症やミオパチーの原因となります。

麦門冬湯の効果効能・副作用については、こちらもあわせてごらんください。
ミナカラおくすり辞典:マツウラ麦門冬湯エキス顆粒(処方薬)

麦門冬湯を効果的に服用するために

甘みのある麦門冬湯は、お湯に溶かして飲むのがおすすめ

麦門冬湯は、食前・食間に服用してください。1日の服用回数は2回か3回です。詳しくは服用する薬の添付資料を確認してください。

「湯」がつく漢方は、お湯で溶かして飲むと良いといわれています。麦門冬「湯」も、お湯で飲むのがおすすめです。

麦門冬湯は生薬の粳米=うるち米が入っているので、お湯で溶かすと片栗粉のようにトロッとします。そのため、のどが潤っていくのを実感しながら飲むことができます。

麦門冬湯は甘みがあり、比較的飲みやすい漢方です。それでもどうしても飲めない、という方は、インスタントコーヒーやココア、抹茶と混ぜると飲みやすくなります。


image by photoAC

麦門冬湯は薬局やインターネットでも買える

麦門冬湯は、病院で処方してもらえます。
また、薬局・ドラッグストア・インターネットでも購入することもできます。

【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒 24包

商品価格:¥ 1,953


ツムラの1日2回の顆粒タイプです。

【第2類医薬品】ツムラ漢方内服液麦門冬湯S 30mL×3

商品価格:¥ 556


顆粒が苦手な方におすすめのドリンクタイプです。1日3回服用で、1箱に1日分が入っています。

【第2類医薬品】漢方せき止めトローチS「麦門冬湯」 18錠

商品価格:¥ 1,058


トローチタイプの麦門冬湯です。口の中でゆっくり溶かしてください。
 

【第2類医薬品】パブロン50錠 48錠

商品価格:¥ 940


風邪薬の定番パブロンに麦門冬湯が配合された錠剤タイプの薬です。
眠くなる原因である、抗ヒスタミン剤が入っていません。

おわりに

麦門冬湯は乾いた咳を止める効果の高い漢方薬です。しかしながら、湿った咳の場合に使用すると、逆に悪化してしまうことがあります。きちんと症状を見極め、使用しましょう。また症状が悪化した場合は、医師の診断を受けましょう。

ピックアップ特集