エピペンとは

エピペンはアナフィラキシーが現れたとき、医師の治療を受けるまでの間に症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐために使われる補助注射剤です。有効成分はアドレナリンで、筋肉注射をすることによって症状を緩和します。

アナフィラキシーの進行が急激な場合、アナフィラキシーの発現から心停止までの時間は30分とされており、手遅れになることを防ぐために開発されました。

しかしながら、あくまでも補助として使用する注射剤のため、注射後に症状が回復したとしても必ず医師による診察を受ける必要があります。注射後はすぐに病院を受診しましょう。

また、エピペンは医師からの処方が必要な医薬品ですが、医師であれば誰でも処方できるというわけではありません。講習を受けてエピペンの処方医登録をした医師だけが、エピペンを処方することができます。

エピペンの効能・効果

蜂毒・食物・薬物などのアレルギー原因物質によって、全身性にアレルギー反応が生じ、生命に危機を与える可能性がある病状をアナフィラキシーといいます。アナフィラキシーに加えて、血圧低下や意識障害をともなう場合をアナフィラキシーショックといいます。

エピペンは、アナフィラキシー反応を一時的に緩和し、ショックを防ぐ補助治療として使われます。

有効成分であるアドレナリンは、心筋の収縮力を高め心拍数を増加させる作用や、血圧をあげる作用、気管支を拡げて呼吸をしやすくする作用などがあります。また、粘膜のむくみを改善する作用や、アナフィラキシー症状を引き起こす体内からの化学物質の放出をおさえる作用があります。

エピペンの使い方

通常、アドレナリンとして0.01mg/kgが推奨用量で、エピペンを使用する体重を考慮して、アドレナリン0.15mgまたは0.3mgを筋肉内に注射します。

エピペンの詳しい使い方に関しては、必ず医師からの指示に従ってください。適切に使用できるように指導を受けることが大切です。

エピペンの製造元であるファイザー株式会社のエピペンのページにも、詳しい使い方の説明や動画が載っています。

エピペン講習会と練習用トレーナー

安全な使用のために各機関がエピペンの講習会を開いています。近くで開催されるものがあれば講習会に参加してみると良いでしょう。

また、実際にエピペンを正しく使用できるように、エピペンが処方されると針や薬液がついていない練習用トレーナーが付属しています。いざというときに確実にエピペンを注射できるように、トレーナーを使って継続的に練習しておきましょう。

エピペンを使用すべきタイミングと症状

下記のような症状が1つでもみられたら、できるだけ早くエピペンを使用し、救急車を呼んでください。

・繰り返し吐き続ける
・持続する我慢できないほどの腹痛
・のどや胸が締めつけられる
・声がかすれる
・犬が吠えるような咳や持続する強い咳こみ
・ゼーゼーする呼吸や息苦しさ
・唇や爪が青白い
・脈がふれにくかったり不規則な脈
・尿や便をもらす
・意識がもうろうとしている
・ぐったりしている

エピペンの価格と保険適用について

エピペンの価格は0.15mgが7979円、0.3mgが10894円です。(※2017年7月現在)

0.15mgは体重15kg以上30kg未満の方に処方され、0.3mgは体重30kg以上の方に処方されます。

エピペンは2011年9月から保険適用となったため、保険診療での処方が可能となっています。

70歳未満の方は3割負担、6歳以下は2割負担です。70歳以上は所得や年齢によって負担が異なります。

エピペンの副作用

主な副作用として、動悸・めまい・頭痛・不安・吐き気・嘔吐・発汗などがあります。

頻度は少ないですが重大な副作用として、肺水腫(初期症状として異常な血圧上昇)・呼吸困難・心停止(初期症状として頻脈・不整脈・動悸・胸が苦しい状態)が現れる可能性があります。使用後に異常を感じた場合は、すぐに病院を受診してください。

エピペンは飛行機内に持ち込める?

医師から処方されているエピペンは、機内への持ち込みが可能です。

保安検査の際に自己注射器(針)であることを知らせてください。機内持ち込みにあたって事前申告や診断書の提示は必要ありませんが、空港の保安検査が通りやすくなる可能性があるため処方箋や主治医の証明書などを携帯すると良いでしょう。

なお、海外の空港においては、国によって基準が異なる場合があるため、出発前に各国大使館などの関係機関へ問い合わせて、持ち込みが可能かどうかの確認しておくことをおすすめします。

エピペンの使用期限と廃棄方法

エピペンの使用期限は1年です。エピペンは医療機関にて医療廃棄物として廃棄します。

エピペンには使用期限切れを防ぐための「使用期限お知らせプログラム」があります。エピペンを処方されたら、必ず処方時に渡されるハガキかWebで登録をしてください。使用期限の約1か月前に使用期限切れを知らせる連絡が入ります。

処方された1年間の間に使用しなかった場合は、未使用のエピペンを処方を受けた医療機関に持って行き、新たにエピペンの処方を受けて再度登録をする必要があります。

また、使用した場合も使用後に病院を受診した際に、医師に使用済みのエピペンを渡してください。

エピペンの自主回収について

エピペン®注射液0.3㎎の一部製品に関して、正常に作動しない可能性が確認されたため、ファイザー株式会社が自主回収を行っています。

エピペン®注射液0.3㎎を処方された方は、箱の側面とエピペンの本体に記載されている製造番号を確認してください。回収対象の製品に該当した場合は、処方された病院で交換してもらいましょう。

回収対象のエピペン®注射液0.3㎎の製造番号は、PS00025Aです。

出荷された期間は2016年6月6日〜2016年7月26日です。この期間にエピペン®注射液0.3㎎を処方された方は必ず製造を確認してください。

おわりに

エピペンは必ず医師の指示に従って使用しましょう。疑問点や不安点が出た場合は、医師や処方した薬剤師に確認をとり自己判断は避けましょう。

エピペンの有効成分であるアドレナリンは光に分解しやすいため、携帯用ケースにいれて保存・携帯してください。

エピペンは15~30℃で保存することが望ましいため、日光の当たる高温の場所や夏場の車のダッシュボードの中などに放置しないように気をつけましょう。