エバスチンとは

エバスチンは花粉症などのアレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹や皮膚炎などの皮膚トラブルなどの改善に使われている抗ヒスタミン薬です。

エバスチンは第二世代の抗ヒスタミン薬であり、第一世代の抗ヒスタミン薬より副作用が少ないことが特徴です。第二世代の抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンをブロックする抗ヒスタミン作用と、ヒスタミンがつくられるのをおさえる抗アレルギー作用を併せ持ち、より効果を高めています。

1996年から発売されている先発医薬品の「エバステル」のジェネリック医薬品であり、現在では多くの製薬会社がジェネリック医薬品として、エバスチンを製造販売しています。

エバスチンの効果

エバスチンの効果は、アレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹や皮膚炎などにともなう症状の改善に効果があります。花粉症などの季節性のアレルギーに使う場合、症状が軽めである早い時期から使用することで予防効果が期待できます。

アレルギー性鼻炎・じんましんへの効果

アレルギー性鼻炎は、抗原である花粉やハウスダストなどが体内に侵入し、体が抗原抗体反応を起こすことにより発症します。アレルギー誘発物質のヒスタミンなど放出され、ヒスタミン受容体と結合すると、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状が発生します。

エバスチンはヒスタミンがヒスタミン受容体と結合するのを阻害し、ヒスタミンの発生もおさえる作用により、アレルギー性鼻炎に効果を発揮します。

また、アレルギー性のじんましんである場合は、ヒスタミンが大量に放出されることによって起こります。血管を拡張し、神経を刺激することでかゆみを起こすのです。

じんましんが起きる原因は、食べ物、感染症、ストレスなどさまざまあります。原因がアレルギー性によるものであるなら、エバスチンの抗ヒスタミン作用や抗アレルギー作用によって、かゆみをおさえる効果が期待できます。

OD錠ってなに?

エバスチンには5mg錠、10mg錠がありますが、OD錠というものもあります。

OD錠とは口腔内崩壊錠のことであり、口の中に入れると唾液ですぐに溶ける薬のことです。水がないときにもすぐに飲むことができます。普通錠もOD錠も効果は同じであり、効果が現れる時間も変わりません。

飲み込むことが苦手な子どもや高齢者の方などにも便利に使用できます。水なしで使用できますが、寝たままの状態で水なしでの使用はしないでください。同時にOD錠以外の薬と使用する場合は、水で飲んでください。

エバスチンの使い方

15歳以上の成人には、1回5~10mg(1~2錠)を1日に1回使用します。

効果が強く現れる最高血中濃度に達するまで5~6時間かかるものが多いですが、1日1回の使用で24時間持続的な効果が期待できます。

エバスチンは食事の影響がある薬ではないので、都合の良いタイミングで飲んでください。毎日同じ時間帯に飲むことを推奨します。

子どもや妊娠中にも使える?

通常は15歳以上の成人に使う薬ですが、医師の判断によっては15歳未満の子どもに使われることもあります。用法用量は医師の指示に従ってください。

妊婦中のある方への使用は安全性を確立していないので、医師に指示されたときのみ使用してください。授乳中の方は、エバスチンの使用中は授乳を避けてください。

エバスチンの副作用

エバスチンなどの第二世代の抗ヒスタミン薬は、第一世代の抗ヒスタミン薬と比べて眠気などの副作用が少ないことが特徴ですが、副作用がまったくないわけではありません。

エバスチンの主な副作用としては、眠気、口の渇き、だるさ、頭痛、めまい、吐き気、胃部の不快感などがあります。眠気以外は全体の1%以下の報告頻度であり、副作用は全体的に少ない安全性の高い薬になります。

眠気の頻度は?

エバスチンと同じ成分の先発医薬品であるエバステルの調査によると、副作用としての眠気の発生率は、全体の1.7%という結果を発表しています。

眠気が出ないというわけではないので、エバスチンを使用中は自動車の運転など危険をともなった機械の作業はしないでください。

飲み合わせに注意

エバスチンを使用するときは、抗生物質であるエリスロマイシンやリファンピシン、水虫などの抗真菌薬として使うイトラコナゾールとの飲み合わせには注意が必要です。一緒に使用することで、エバスチンの作用を増強・減弱させてしまう可能性があります。

現在、飲んでいる薬がある方は医師などに確認をとり、飲み合わせには注意してください。

エバスチンと同じ市販薬はある?

エバスチンと同じ有効成分を含むものとして、エバステルALという市販薬があります。5mgの錠剤であり、1日に1回1錠を就寝前に使用します。15歳未満の子どもは使用しないこととなっています。

エバステルALは第1類医薬品になります。薬剤師がいる薬局やドラッグストア、インターネット通販などでも購入できます。

エバステルAL 6錠(第2類医薬品)

1週間ほど使用しても症状がよくならない場合は、医師や薬剤師などに相談してください。また2週間を超えて使用する場合は、症状の改善がみられても医師や薬剤師などに相談してください。

またエバステルALは、「セルフメディケーション税制」対象商品になります。セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から導入された制度であり、セルフメディケーション税制対象商品を12,000円(扶養家族分の合算)を超えて購入し、一定の条件を満たした場合は医療費が控除されます。購入時のレシート(領収書)が必要になるので保管しておきましょう。

エバスチンの薬価

エバスチンの薬価は、1錠あたり5mg錠が26.80~41.10円、10mg錠が41.60~54.20円になります。OD錠も同じです。(2017年8月現在)

先発医薬品のエバステルの薬価は、1錠あたり5mg錠が69.50円、10mg錠が91.70円になり、ジェネリック医薬品のエバスチンは半額近い薬価になります。

処方薬には、薬価の他にも薬学管理料や調剤料が加算されるため、かかる費用は上記の金額通りではありませんが、保険適用の場合は自己負担額は合計の3割になります。

エバスチンとほかの抗ヒスタミン薬

エバスチンは抗ヒスタミン薬の中でも比較的効果が強く、眠気などの副作用も少ない薬になります。(下表ではエバステルと同じ)

※効果持続時間や効き目の強さは弊社薬剤師の見解です。
※効果の感じ方には個人差があります。

効果が比較的強く現れる薬(第一世代抗ヒスタミン薬に多い)では、同時に眠気などの副作用が多くみられる傾向があります。最近では眠気が強く出るような薬は避けられています。とくに子どもは、眠気が出ることによって勉強に支障が起きたりすることがあるためです。

アレグラやザイザルとの違いは?

抗ヒスタミン薬として有名な処方薬として、2007年に販売が開始されたアレグラ、2010年に販売が開始されたザイザルなどがあります。アレグラやザイザルも第二世代の抗ヒスタミン薬です。7歳以上の子どもから使用できます。

エバスチンは1日1回の使用ですが、アレグラは1日2回、ザイザルも症状や年齢によっては1日2回使用することがあります。

アレグラは副作用の眠気も少なく効果も穏やかな薬ですが、ザイザルは比較的効果も強い薬であり、眠気などの副作用もエバスチンと比べると出やすい傾向にあります。自動車の運転や高所での作業など、危険をともなう作業はできないので注意してください。

また、アレグラは市販薬としてアレグラFXという名称でドラッグストアなどで販売されているので簡単に入手できます。

アレグラFX 14錠 医療用アレグラと同成分配合 花粉症に (第2類医薬品)

アレグラは第2類医薬品であり、エバステルALと同じくセルフメディケーション税制対象商品になります。購入時のレシート(領収書)は保管しておきましょう。

おわりに

抗ヒスタミン薬は現在多くの薬があります、副作用や飲み方に注意して自分に合った薬を処方してもらうことが大切です。エバスチンはジェネリック医薬品も多いため、医療費を削減することができます。処方薬を切らした場合は、市販薬をドラッグストアなどで購入することも可能なので、ぜひ検討してみてください。