アレルビはどんな薬?

アレルビは、花粉やハウスダウトなどによるくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状に効果を発揮する市販薬です。

 

アレルビは「フェキソフェナジン塩酸塩」という成分が配合されています。

フェキソフェナジン塩酸塩は、処方薬アレグラや市販薬のアレグラFXに含まれている成分と同じ成分になります。

 

アレルビは、薬局・ドラッグストア・インターネットなどで購入することができます。

アレルビは花粉症の薬の中では眠気がでにくい

アレルビは、アレルギー症状の原因となる「ヒスタミン」という物質の働きをおさえる抗ヒスタミン剤に分類されます。

ヒスタミンは鼻や皮膚ではアレルギーを引き起こす働きをしますが、脳内では集中力・判断力・作業効率・覚醒を維持する働きをします。

 

抗ヒスタミン剤の成分が脳内に移行すると、脳のヒスタミンの働きをブロックしてしまうため、集中力・判断力・作業効率の低下などといったインペアード・パフォーマンスが起こることがあります。

アレルビの成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は脳内に移行しにくい特徴があり、他の花粉症の薬に比べると眠気などの副作用がでにくいとされています。

アレルビの主な副作用

アレルビの成分である「フェキソフェナジン塩酸塩」では、頻度は多くはないですが、以下の副作用が現れることがあります。


・口の渇き
・便秘
・下痢
・眠気
 

そのほかにも、頻度はまれですが以下の副作用が現れるおそれもあります。

皮膚 のど・まぶた・口唇等のはれ、発疹、かゆみ、じんましん、皮膚が赤くなる
消火器 吐き気、嘔吐、腹痛、消化不良
精神神経系 しびれ感、頭痛疲労、倦怠感、めまい、不眠、神経過敏、悪夢、睡眠障害
泌尿器 頻尿、排尿困難
その他 動悸、味覚異常、浮腫、胸痛、呼吸困難、血圧上昇、月経異常

薬の服用後に副作用が疑われる症状がでた場合は、早めに病院を受診し、医師に相談しましょう。

アレルビはアレグラFXとほぼ同じ薬

アレルビとアレグラFXの成分は同じ

アレルビとアレグラFXは、ともに「フェキソフェナジン塩酸塩」という処方薬のアレグラと同成分が配合されている市販薬です。

配合されている成分量も1日分が120mgと、処方薬アレグラと同量です。

有効成分以外に含まれている添加物は異なりますが、同じ有効成分が同じ量配合されており、ほとんど同じ薬であるといえるでしょう。

アレルビとアレグラFXの効果は同じ

アレルビとアレグラFXは、同じ成分が同じ量配合された薬のため、効果も同じといえます。

また、成分や配合量は処方薬アレグラとも同じなため、処方薬アレグラとほとんど同じ効果が期待できます。

 

なお、市販薬のアレルビとアレグラは、花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状の緩和に効果があります。

処方薬アレグラは、鼻などのアレルギー症状に加えて蕁麻疹や皮膚のかゆみなどにも処方されることがあります。

1日に飲む量と回数も同じ

アレルビとアレグラFXはともに、1回1錠を1日2回、朝と夕に使用します。

どちらの薬も15歳未満の子どもは使用できません。

アレルビとアレグラFXの違いは価格!

アレルビの最大の特徴は価格です。

アレルビとアレグラFXのメーカー希望小売価格は同じですが、アレルビには1錠当たりの価格が安い56錠入りのものが販売されているのが特徴です。

 

【アレルビとアレグラFXのメーカー希望小売価格(税抜)

  アレルビ アレグラFX 1錠あたりの値段
14錠(7日分) 1,314円 1,314円 93.85円
28錠(14日分) 1,886円 1,886円 67.35円
56錠(28日分) 2,850円 50.89円

※価格は2020年2月現在のものです

amazon価格で比較

【アレルビとアレグラFXのamazon.co.jp出品価格(税込)

  アレルビ アレグラFX
14錠(7日分) 495円 1,365円
28錠(14日分) 627円 1,556円
56錠(28日分) 859円

※価格は2020年2月現在のamazon.co.jpの出品価格

 

アレルビとアレグラFXは希望小売価格は同じですが、amazon.co.jpが出品する価格で比較すると大きな差がでてきます。

 

アレルビとアレグラFX28錠(14日分)の価格を、1日あたり(1日2錠)の価格で比較しました。

  アレルビ アレグラFX
1日あたりの価格 約45円 約111円

1日あたりの価格で比較すると、アレルビはアレグラFXの半額以下になることがわかります。

 

花粉症のシーズンは約1〜3ヶ月に渡るため、薬も長期に渡り飲み続けることになります。

花粉症のシーズンを通して使用することを考えると、アレルビの方がコストパフォーマンスに優れているといえます。

アレルビは処方薬アレグラより安い!

一般的に、市販薬より病院で処方される処方薬の方が安いことがほとんどですが、アレルビの場合は病院で処方されるアレグラよりも安価になります。

  アレルビ28錠(14日分) アレグラ錠60mg
1日あたりの薬の値段 約45円 約107.4円
約1ヶ月(28日)あたりの薬の値段 627円 1,019円(税込)

※処方薬の薬価は2020年2月現在のものです

なお、処方薬は、薬の値段に加えて診察料や調剤料が加算されるので、実際に購入時にかかる値段は上記の表の値段とは異なります。

安価な理由はジェネリック市販薬

アレルビは、処方薬アレグラ錠のジェネリック医薬品のひとつです。

ジェネリック医薬品は、先発品と異なり、承認に必要な研究や試験が少なく費用がかかっていないため、先発薬と比較すると安価になります。

アレルビが効かない場合は?

アレルビが効かない場合、まずは正しい飲み方をしているか確認しましょう。

1日1回の使用で良い花粉症の薬もありますが、アレルビは朝と夕の2回、飲む必要があります。

アレルビは、飲み続けることで効果が現れる薬であるため、しっかりと薬を飲む習慣をつけましょう。

また、アレルビは眠気などの副作用がでにくい反面、アレルギー症状をおさえる効果も穏やかな薬です。

アレルビを1週間使用しても症状の改善がみられない場合は、医師や薬剤師に相談してください。

※表中では、アレグラ=アレルビと考える

花粉症シーズンを乗り切る!アレルビ花粉症セット

花粉症のシーズンは約1〜3ヶ月と長期に渡るため、薬やマスクをまとめて用意しておくことをおすすめします。

花粉症・目と鼻の症状セット(1ヶ月分)

【セット】眠くなりにくいアレルビ・目薬・鼻炎薬花粉症セット(約1ヶ月分)

花粉症・鼻の症状セット(1ヶ月分)

【セット】眠くなりにくいアレルビ・鼻炎薬・花粉症セット(約1ヶ月分)