オキナゾールL100はカンジダ治療の市販薬です。カンジダは再発の場合であれば市販薬での治療が可能です。

この記事ではオキナゾールL100の効果や副作用、痛くない挿入方法、使用上の注意点などを細かく解説します!

オキナゾールL100の効果・有効成分

オキナゾールL100に含まれる有効成分「オキシコナゾール硝酸塩」は、カンジダ菌の細胞膜を破壊し増殖を抑制します。

オキシコナゾール硝酸塩は副作用が少なく効き目は強い、アゾール系の抗真菌剤です。膣内の症状だけでなく、外陰部の強いかゆみや腫れなども改善します。

使用実績がある医療用薬品から転用されたスイッチOTC薬なので、安全性が高いことも特徴です。

オキナゾールL100の用法用量

成分名 オキシコナゾール硝酸塩
用法用量
(成人)
1日1回、1錠を膣の奥深くに挿入。就寝前の挿入が望ましい。
用法用量
(小児)
15才未満又は60才以上は使用禁止。

オキナゾールL100は15才未満の小児と60才以上の使用はできませんのでご注意ください。

また、オキナゾールL100は以前医師から膣カンジダの診断・治療を受けたことがある人しか使用ができません。膣カンジダと思われる症状が出ても他の原因が隠されている可能性があります。自己判断での使用は避け、必ず医師の診断を受けてから使用してください。

オキナゾールL100(膣錠)の入れ方ポイント・4点

オキナゾールL100のスムーズな入れ方には、4つのポイントがあります。

・膣錠を入れやすいタイミングを知る
・指や膣口を軽く湿らせる
・自分にとって楽な姿勢を見つける
・正しい方向に膣錠を入れる

それぞれ、詳しくみていきましょう。

オキナゾールL100(膣錠)の入れ方①:タイミング

オキナゾールL100(膣錠)の使用回数は1日1回、1錠。特に時間などは指定されていませんが、就寝前が最も望ましいとされています。

これは、寝る前ならすぐに横になるので、オキナゾールL100が出てくるリスクが減るからです。また体がリラックスしているという点からも、就寝前は適切といえます。

そのほかのタイミングでは、入浴後やトイレの後もおすすめです。総じて「リラックス状態であること」、「手指や膣口が軽く湿っていること」が共通しています。

オキナゾールL100(膣錠)の入れ方②:指・膣口を軽く湿らせる

オキナゾールL10を入れる前には、必ず手洗いをしましょう。その際、膣錠を掴む人差し指と中指の指先だけ水分をぬぐい、指全体は軽く湿らせた状態にしておきましょう。指が膣内の奥まで入りやすくなります。

手指を湿らせただけでは入らないという人は、潤滑ゼリーを使うのもおすすめです。膣口に潤滑ゼリーを塗ることで、指が入りやすくなります。ただし、潤滑ゼリーを使うことによってオキナゾールL100の成分が膣内に届くまで、少し時間がかかる可能性があります。

潤滑ゼリーは、カンジダ市販薬を販売している小林製薬が販売しています。通販やドラッグストアで入手しやすいので、おすすめです。

フェミニーナ なめらかゼリー

オキナゾールL100(膣錠)の入れ方③:楽な姿勢を見つける

オキナゾールL100が痛くて入らない人の多くが、体が緊張してカチカチになってしまっています。自分にとって楽な姿勢を見つけましょう。

例えば、こんな姿勢がおすすめです。

・足を拡げ両膝を曲げた、深い前傾姿勢
・椅子に浅く座る
・片足を高い台の上に置く

このほか、布団の中で横になるのもおすすめです。

オキナゾールL100(膣錠)の入れ方④:正しい方向に入れる

膣錠を入れるのが痛いという人に多いのが、入れる方向の間違いです。

膣口は真上に向かって伸びていません。正しくは、斜め後ろの上方に向かって伸びています。

この流れに逆らって強引に入れようとすると、痛みを感じてしまいます。オキナゾールL100を使うときに、膣錠を入れる方向も意識してみましょう。

オキナゾールL100の副作用と注意点

以下の症状があらわれた場合、副作用の可能性があります。直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持参の上、医師・薬剤師などに相談してください。

関係部位 症状
疼痛(ずきずきする痛み)、腫脹感(はれた感じ)
発赤、刺激感、かゆみ、熱感

また、オキナゾールL100は必ず6日間連続して使用してください。その上で3日経っても症状の改善が見られない場合、または6日間使用しても症状が消失しなかった場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

オキナゾールL100の使用中に多い疑問

薬が出てきてしまったけれど、問題ありませんか?

オキナゾールL100は白い塊やペースト状となって、徐々に体外に排出されます。膣錠が出てきたときには、すでに薬の成分が膣内に直接作用されているので、特に問題ありません。

ただし、出てきた薬の成分が下着についたまま放っておくとムレや雑菌の増殖の原因となります。膣周辺を清潔に保つために、オキナゾールL100を入れたときは「おりものシート」を使うことをおすすめします。

薬が出てきたら、おりものシートを交換しましょう。

膣錠の細い部分と太い部分、どちらから入れたら良い?

オキナゾールL100は、白色でアーモンドに似た剤形が特徴です。そのため、上下の片側が太く、もう一方は細くなっています。入れるときには細い部分から入れると、入れやすいです。

生理のときにオキナゾールL100を使ってもいい?

生理中の使用は控えてください。生理中は薬の効果が十分得られない場合があります。また、使用中に生理になった場合は、使用を中止しましょう。

生理が終わり治療を再開する場合は、独断でオキナゾールL100を使用せず、医師に相談してください。治癒経過を知った上で、治療を再開する必要があります。

オキナゾールL100を使用中に性行為はして良いのか?

オキナゾールL100を使用中の性行為は禁止されています。カンジダに感染している時に性行為をすると、相手に感染する可能性があります。万が一パートナーの性器にかゆみや発疹の症状が出ている場合は、早急に医療機関を受診するようにしてください。

オキナゾールL100の通販・その他のカンジダ市販薬について

オキナゾールL100はインターネット通販でも購入が可能です。

また、カンジダの市販薬は膣剤・クリームタイプなど色々な種類が販売されています。カンジダの治療に使用できる市販薬については以下の記事で詳しく解説しています。インターネットでそのまま購入もできるのでぜひごらんください。 

さいごに

オキナゾールL100は、膣カンジダを再発した人に向けたお薬です。
膣カンジダと非常に似た症状が出た場合でも、初めて経験した場合は必ず医師の診断を受けましょう。

一度かかると、約半数の人が再発するといわれる膣カンジダ。
正しい薬の使い方を身につけ、効率よく治したいですね。