ガスモチンは、胃腸の働きを高めて胸やけや吐き気などを鎮める胃腸薬です。
慢性胃炎や逆流性食道炎などの治療で用いられることが多い処方薬で、ジェネリック医薬品(後発医薬品)もたくさんありますが、まったく同じ作用を持つ市販薬はありません。

忙しくてすぐに病院に行けない場合など、ガスモチンの代用として市販薬を選ぶ場合、どのような点に注目すればよいのでしょうか。効能効果もあわせて紹介します。

ガスモチンの効能効果

胃や腸など消化管の動きが鈍くなると、食べ物の消化に時間がかかり胃腸の負担が大きくなります。
ガスモチンは胃腸のぜん動運動を高めて胃酸の逆流を防いだり、消化を促進するよう働きかける薬で、慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけや悪心・嘔吐など)や、逆流性食道炎の治療に用いられています。

■ ガスモチンがよく使われるケース

・ 慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけ、悪心・嘔吐)
・ 経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助

ガスモチンの有効成分はモサプリドクエン酸塩水和物で、セロトニン受容体作動薬という種類の薬です。
モサプリドクエン酸塩は、消化管に存在するセロトニン受容体を刺激して、神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を促進。その結果、副交感神経の働きが高まって、次のような効果をもたらします。

・ 薄い唾液を大量に分泌させ、消化を助ける
・ 胃の消化運動を促進する
・ 腸のぜん動運動を促進する
・ 胃液や膵液など、消化液の分泌を増加させる等

セロトニン受容体は私たちの体のあらゆる部分に存在しますが、ガスモチンは胃や大腸にあるセロトニン受容体だけを選択的に刺激するよう開発されました。
これにより、他のセロトニン受容体作動薬で心配される脳や脊髄に対する作用やホルモン系に関わる副作用を軽減できたことが、ガスモチンの大きな特徴です。

ミナカラおくすり辞典 : ガスモチン錠5mgガスモチン錠2.5mgガスモチン散1%

ガスモチンの代わりに使う市販薬は?

市販の胃腸薬には、有効成分にモサプリドクエン酸塩水和液を使用した薬がないため、残念ながらガスモチンとまったく同じ効能効果をもつ市販薬はありません

病院に行く時間がない等、ガスモチンを処方してもらうのが難しい場合、次のポイントで市販薬を選んでみましょう。

・ 胃酸の分泌を調整する作用があること
・ 胃腸の運動機能を改善する作用があること

慢性胃炎には胃食道逆流型と運動不全型があり、胃酸の分泌過多や運動機能の衰えによってさまざまな不快な症状を引き起こしています。

逆流性食道炎も、胃から食道への逆流を防ぐ機能が衰えたり、胃酸の分泌が増え過ぎたりして起こるので、これらを改善する成分が配合された胃腸薬が選択のカギとなります。

胃酸の分泌調整にはH2ブロッカー

食べ過ぎ・飲み過ぎやストレスなどで体内でヒスタミンが作られると、胃粘膜にあるH2受容体を刺激して胃酸の分泌が盛んになって胃酸過多となります。
H2ブロッカー(H2受容体拮抗剤)は、ヒスタミンより先に胃粘膜のH2受容体と結びついて過剰な胃酸の分泌を抑える薬です。

H2ブロッカーの働きをもつ有効成分には
・ファモチジン
・ニザチジン
・ラニチジン
・ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩
などがあります。
これらの成分が配合された市販薬の主なものは、次のとおりです。

① ファモチジン配合の市販薬

商品名 製薬会社 メーカー希望
小売価格
ガスター10 12錠 第一三共ヘルスケア 1580円
ニチブロック10 12錠 新新薬品工業 オープン価格
ファモガスOD錠10 12錠 新新薬品工業 1166円
ベッセンH2 12錠 新新薬品工業 1380円
ファモチジン錠「クニヒロ」12錠 皇漢堂製薬 1580円

いずれも成人(15才以上、80才未満)で1回1錠、1日2回までの服用です。

② ニザチジン配合の市販薬

商品名 製薬会社 メーカー希望
小売価格
アシノンZ錠 12錠 ゼリア新薬 1314円

成人(15才以上、80才未満)で1回1錠、1日2回までの服用です。

③ ラニチジン配合の市販薬

商品名 製薬会社 メーカー希望
小売価格
アバロンZ 12錠 大正製薬 980円

成人(15才以上、80才未満)で1回2錠、1日2回までの服用です。

④ ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩配合の市販薬

商品名 製薬会社 メーカー希望
小売価格
イノセアワンブロック 3カプセル 佐藤製薬 980円

成人(15才以上、80才未満)で1回1カプセル、1日1回までの服用です。

■薬剤師おすすめのH2ブロッカーはこれ!

ガスター10<散>

特長1:胃痛、胸やけ、もたれ、むかつきにすぐれた効果を発揮
特長2:傷ついた胃にやさしい環境を作ります
特長3:直径7ミリの小粒で飲みやすい糖衣錠

錠剤以外にも液体タイプや粉薬、水なしで飲めるOD錠もある H2ブロッカー胃腸薬です。

胃の運動機能改善には健胃(整胃)剤

健胃剤とは弱った胃の働きを高める薬のことで、食前に服用します。
主に漢方が使われ、生薬の成分の独特の味や香りの中には、唾液や胃液の分泌を促し、胃の働きを活発にする作用があるとされています。

■ 主な生薬成分
オウバク:
ミカン科の木の樹皮を乾燥したもので、唾液や胃液の分泌を促進し、消化を助ける作用があります。
センブリ:
苦味成分が胃粘膜を刺激し、唾液や胃液の分泌を促進。胃腸の運動も改善します。
ウイキョウ:
甘い香りが唾液の促進を促すとともに、血行を促進して胃腸の働きを高めます。
ケイヒ:
クスノキ科の樹皮を乾燥させたもので、胃腸の機能を整え、血液循環を改善する作用もあります。
チョウジ:
胃を温め、停滞しているものを動かす作用があります。
チンピ:
ミカン科の果皮を乾燥させたもので、香り成分がストレスを和らげ、血流を改善する作用があります。

■ 健胃作用が期待できる市販薬の主なものは、次のとおりです。

商品名 製薬会社 メーカー希望小売価格 用法用量
(15才以上)
小児
太田胃散分包 16包 太田胃散 590円 1回1包、1日3回 8~14才1回1/2包、1日3回
大正漢方胃腸薬 12包 大正製薬 970円 1回1包、1日3回 5~14才1回1/2包、1日3回
セルベール 12包 エーザイ 950円 1回1包、1日3回 15才未満は服用しない
タケダ漢方胃腸薬A末 16包 武田薬品工業 1200円 1回1包、1日3回 7~14才1回2/3包、1日3回


慢性胃炎や逆流性食道炎では、胃や食道の粘膜が荒れて刺激を受けやすくなっているため、

・胃運動機能改善(整胃)剤: 胃の表面を覆っている粘液の分泌を高める
・粘膜修復剤: 荒れた粘膜を修復する
・制酸剤: 胃酸を中和して、胃粘膜への刺激を緩和する
・鎮痛鎮痙剤: 胃痛を抑える

このような種類の胃腸薬も有効です。
総合胃腸薬は複数の成分が配合されているので、自分の症状に合った成分が入っているかを確認して選んでください。

■薬剤師おすすめの健胃剤はこれ!

特長1:7種の健胃生薬が弱った胃を元気に
特長2:胸やけ、胃痛などの不快な症状に4種の制酸剤が効く
特長3:独自の製法でスッキリ爽やか

自然(生薬)の良さを生かした、長年愛用されている総合胃腸薬です。

おわりに 

慢性胃炎には過度の喫煙や飲酒、加齢による胃の老化、ストレスなども関係しており、薬の服用をやめると再発することが多いとされています。
ピロリ菌感染によって慢性胃炎が起きている場合は、薬による除菌治療を考えなければなりません。

症状がなくなったとしても胃炎が治ったとは限らないので、自覚症状がなくなっても油断せずに、医師の指示のもと薬の服用など治療を続けてください。
また薬だけに頼るのではなく、規則正しい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心がけましょう。