カフコデとは

カフコデは正式にはカフコデN配合錠といい、咳をおさえて呼吸を楽にしたり、痛みを緩和したり、熱を下げるなどの作用がある有効成分を6種類配合する薬です。主に総合かぜ薬として処方されています。

カフコデの効果

カフコデN配合錠の1錠中には以下の6種類の有効成分が配合されており、鎮咳、鎮痛、解熱などの作用から、かぜ症候群の症状の緩和を目的として使われています。また、気管支炎において咳をおさえる目的で使用されることもあります。

・ジプロフィリン(20mg):
気管支を拡張させて、息苦しい呼吸を緩和します。

・ジヒドロコデインリン酸塩(2.5mg):
中枢神経系の咳を起こさせる中枢に作用して、異物などの喉の刺激により起こる咳をおさえます。

・dl-メチルエフェドリン塩酸塩(5mg):
交感神経を刺激して気管支を拡張させ、息苦しさを楽にして、咳をおさえます。

・ジフェンヒドラミンサリチル酸塩(3mg):
ヒスタミンの作用をおさえることで、鼻水やくしゃみ、咳の発生などをおさえます。

・アセトアミノフェン(100mg):
脳の体温調節の中枢に作用し、皮膚の血管を拡張させることで熱を下げ、痛みを感じる中枢に作用することで、痛みをおさえる作用を現します。

・ブロモバレリル尿素(60mg):
脳の興奮を抑えて、痛みをしずめる作用を助けます。

カフコデの副作用

カフコデN配合錠は比較的安全性の高い薬ですが、いくつかの成分を配合している薬なので、副作用として現れる症状も広く報告されています。

主な副作用としては、眠気、めまい、発疹、発汗、倦怠感、頭痛、動悸、吐き気、便秘、下痢、腹痛、口の渇きなどが報告されています。製薬会社の発表では副作用が起こる頻度は明らかにされていません。

眠気はどうして出る?

配合されている成分の中に、副作用として眠気を起こす成分がいくつか含まれています。特にジフェンヒドラミンは、花粉症などの抗ヒスタミン薬としてもよく使われている成分であり、脳の中枢神経へ強く作用するため、眠気などの作用が比較的強く現れます。

脳の中枢神経系は、ヒスタミンの作用によって覚醒や興奮作用が保たれています。ジフェンヒドラミンがヒスタミンの作用を遮断することにより、眠気などの症状が現れることがあるのです。また、ブロモバレリル尿素にも鎮静作用があるため、眠気を起こす原因のひとつとなります。

カフコデN配合錠を使用中の場合は、自動車の運転など危険をともなう機械の操作はしないでください。

カフコデは子どもや妊娠中の方は使える?

2017年7月に厚生労働省により使用可能な年齢が定められ、カフコデN配合錠は12歳以上から使用することとなりました。

ただし、必要最小限の使用にとどめるなど、副作用の発現に注意しながら慎重に使用してください。

12歳未満の子どもには、重篤な副作用などが現れるおそれがあるため使用できません。

通常成人には1回2錠を1日3回使用しますが、子どもは年齢によって減量することがあります。医師の指示に従って用法用量を守って正しく使ってください。

妊娠中・授乳中の場合は?

妊娠中(12週以内あるいは妊娠後期)や妊娠している可能性のある方は、医師の指示があった場合にのみ使用することとなっています。新生児に影響が出るおそれがあるため、自己判断で使用しないように注意してください。

また授乳中の方は、カフコデN配合錠を使用しているときは、母乳に成分が移行するおそれがあるので授乳を避けてください。

カフコデの使用に注意が必要な方は?

重篤な呼吸抑制がある、気管支喘息が発作中の方、アスピリン喘息がある、消化性潰瘍がある、重篤な肝障害・腎障害・血液の異常・心機能不全がある、緑内障の方、前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患がある、アドレナリンやイソプロテレノールなどのカテコールアミンを使用の方などは、症状の悪化などのおそれがあるためカフコデN配合錠は使用できません。

また、気管支喘息、てんかん、高血圧症、出血傾向がある、衰弱している、アルコールを多量に飲む、高齢者の方なども、症状の悪化や体への悪影響などのおそれがあるため慎重に使用することとなっています。

自分の体の症状で気になることがある方は、事前に医師に相談してください。

カフコデの飲み合わせ

カフコデN配合錠は多数の成分を含んでいるため、飲み合わせにも注意が必要なものがあります。

カテコールアミン製剤のアドレナリン(ボスミン)、イソプロテレノール(プロタノール等)などは、不整脈、場合によっては心停止を起こすおそれがあるので併用はできません。

そのほかにも、併用することによって作用を増強させてしまう薬もあるため、現在使用している薬がある方は医師などに相談するようにしましょう。

アルコールとの併用は?

アルコールと一緒にカフコデN配合錠を使用すると、呼吸抑制、低血圧や、顕著な鎮静や昏睡が起こるおそれがあります。また、アルコールを多量に摂取した場合、アセトアミノフェンの作用によって肝不全を起こしたとの報告もあります。

カフコデN配合錠を使用している場合は、肝臓に負担がかかる飲酒は避けましょう。

カフコデとカロナールの併用

カフコデN配合錠は、解熱鎮痛成分としてアセトアミノフェンを含んでいますが、アセトアミノフェンは比較的効果が穏やかな薬です。1錠中に含まれているアセトアミノフェンの量は100mgであり、1回あたりのアセトアミノフェンの量は200mgとなっています。

基本的には成分の重複を避けるために同じ成分を含む薬は同時に使用されません。ただし、熱や痛みがひどい方により解熱鎮痛の作用を発揮することを目的に、カロナールなどのアセトアミノフェン製剤がカフコデN配合錠と一緒に処方されることがあります。処方された際は医師の指示にしたがって使用してください。

アセトアミノフェンの過量使用には注意が必要です。1日の最大限度量を超えないよう、アセトアミノフェンを含んでいるほかの薬を使用している方は事前に医師や薬剤師に相談してください。

ロキソニンとの併用は?

アセトアミノフェン製剤だけでなく、解熱鎮痛の作用を現す有効成分をロキソプロフェンとするロキソニンなどと一緒に処方されることもあります。ロキソニンも解熱鎮痛に効果的な作用を現すため、医師に指示された場合は適正に使用してください。

カフコデとフスコデの違い

カフコデN配合錠と似た薬として、フスコデ配合錠があります。フスコデ配合錠に含まれている有効成分は3種類であり、主に咳をおさえる作用の成分が配合されています。

カフコデN配合錠は総合かぜ薬として解熱鎮痛成分も含んでいますが、フスコデ配合錠には解熱鎮痛成分は含まれていません。フスコデ配合錠は咳止め薬として使われることが主になります。また、子どもにも飲みやすいフスコデ配合シロップもあります。

おわりに

カフコデN配合錠は総合的なかぜ薬として成分を複数含んでいる薬です。自分のかぜの症状として特に咳がひどい、鼻水がひどい、熱を下げたいなど症状別に特別気になるものがある場合は、それに合った成分を重点的に含んでいる薬がより効果的になります。自分のかぜの症状で特に気になるものがある場合は、医師などによく相談しましょう。