カロナール(アセトアミノフェン)の頭痛や熱への効果は?ロキソニンとの違いは?

カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500はよく使用される解熱鎮痛剤です。使用中に関心が寄せられることの多い用法用量、頭痛や熱に対する効果、ロキソニンと比較した効き目の強さまで薬剤師が解説します。

カロナールはアセトアミノフェンを成分とする薬

カロナールは「アセトアミノフェン」を成分とする処方薬の解熱鎮痛剤です。

カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500といった錠剤のほか、坐薬や粉薬、シロップなど多くの種類があります。

15歳以上の方だけでなく、赤ちゃんや授乳中のママでも使用できる成分ということもあり幅広く使用されています。

カロナールのジェネリック

カロナールにはジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品は開発費用が抑えられるため、先発薬と同じ成分でほとんど同じ効果の薬でありながら、安価に購入することができます。

成分がアセトアミノフェンであることから、「アセトアミノフェン錠」などの名称で販売されています。ジェネリック医薬品を希望する場合は医師・薬剤師に申告しましょう。

アセトアミノフェン錠などのジェネリック医薬品も使用方法や気をつけるべきポイントや効き方・副作用などはカロナールと同様です。

カロナール(アセトアミノフェン)の頭痛や熱に対する効果

まずはカロナールの効能・効果について確認していきましょう。

薬の説明書に当たる添付文書には以下のとおり記載されています1)

1.下記の疾患並びに症状の鎮痛
頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症

2.下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

3.小児科領域における解熱・鎮痛

カロナール200・カロナール300・カロナール500の錠剤 添付文書

カロナールは、頭痛を初めとしたさまざまな痛みに対して使用できます。また、いわゆる風邪の急性上気道炎に対しては、熱を下げるためにも使用されます。

カロナール(アセトアミノフェン)は頭痛や熱に対して7割以上の人に有効

では、実際カロナールは頭痛や熱に対してどの程度有効なのでしょうか。

カロナールの添付文書を見ると、実際の患者に投与した試験(臨床試験)を2回実施した時の結果が記載されています2),3)

結果は、頭痛など痛みに対しては70.6%が有効、熱に対しては71.4%で有効であったとされています。7割以上の患者に有効といえます。

子供にはカロナール(アセトアミノフェン)が使用されることが多い

カロナールの特徴の一つは小児科領域でも比較的安全に使用できる点です。

カロナールはインフルエンザの時に使っても「インフルエンザ脳症」が起こる危険が少なく、幼い小児でも使用できる比較的安全な薬といえます。

そのため、子供にはカロナールが使用されることが多くなっています。

カロナールの用法用量

効能又は効果(1)の場合
通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300~1000mgを経口投与し,投与間隔は4~6時間以上とする。なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として4000mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

効能又は効果(2)の場合
通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300~500mgを頓用する。なお,年齢,症状により適宜増減する。ただし,原則として1日2回までとし,1日最大1500mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

効能又は効果(3)の場合
通常,幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして,体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与し,投与間隔は4~6時間以上とする。なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として60mg/kgを限度とする。ただし,成人の用量を超えない。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

カロナール200・カロナール300・カロナール500の錠剤 添付文書

アセトアミノフェンとはカロナールの成分を指します。

カロナールは、1回で使用できる最大量は500mgだった時期もありましたが、上記の通り使える量が多くなり、以前よりも高い効果が期待できるようになっています。

カロナール200・カロナール300・カロナール500で使用できる錠数のまとめ

カロナールの最大で使用できる錠数をまとめると以下の通りです。

  頭痛などの痛み 風邪の解熱・痛み
  1回の最大 1日の最大 1回の最大 1日の最大
カロナール200 5錠 20錠 2錠 7錠
カロナール300 3錠 13錠 1錠 5錠
カロナール500 2錠 8錠 1錠 3錠


上記の表はあくまで最大量を使用した場合の量です。安全面から実際に上記の量を使用するかどうかは、処方医の先生と相談しましょう。

カロナール(アセトアミノフェン)の仕組み・メカニズム

カロナールが頭痛や熱に効果をもたらすメカニズムは、実はまだわかっていない部分もあります。

頭痛や熱によく使われるロキソニンなどのいわゆるNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)というグループに分類される解熱鎮痛薬などは、シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害し、痛みや熱の原因となるプロスタグランジンという物質が増えることをおさえることによって痛みや熱に効果があります。

カロナールもシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害しますが、作用のメカニズムは異なっており、脳の中枢などに作用することによって効果を発揮しているといわれています。

しかし、詳細な作用については明らかになっていません。そのため、 NSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)というグループには分類されていません。

メカニズムの違いからカロナールは他の解熱鎮痛剤が持っている抗炎症作用がほとんど期待できないという面もありますが、胃腸障害などの副作用が出にくいというメリットもあります。

カロナールとロキソニンは同程度の効果が得られる?

カロナールの特徴の一つは、他の解熱鎮痛剤と比較して副作用が少なく、安全性が高いという点があります。

カロナールの効果の強さを他の解熱鎮痛剤と比較している文献はいくつかありますが、ロキソニンとの比較をまとめたものによると、骨削除が必要となる程度の下顎埋伏智歯抜歯後の鎮痛効果をアセトアミノフェン(カロナールの成分)1000mgとロキソプロフェン(ロキソニンの成分)60mgとで比較した結果、カロナールの成分はロキソニンの成分に匹敵する効果があるという報告もあります4)

使える用量が違うため少し条件が異なってはいますが、カロナールの成分も用量を増やせばロキソニンと遜色ない鎮痛効果を得られる可能性もあると解釈できそうです。

同じ文献によると、日本ではもともと使われる用量が少なかったために十分な鎮痛効果が得られてなかったが、適切な用量で使用すればカロナールの成分でも十分な効果が期待できると考察しています。

結論として、効果の強さはロキソニンが勝るものの、適切な用量で使えばカロナールでも十分な効果は期待して良いでしょう。

カロナールとロキソニンの効果時間・効き始めの時間、効果の持続時間の違いは?

カロナールを服用後に効果を感じられるスピードや、体内から排出されて消えていくスピードはロキソニンと似通っています。解熱鎮痛剤の中では比較的早く効いて、早く抜けていくタイプです。

カロナールもロキソニン も半数以上の方は30分程度で効果が出てくるというデータがあります。

血液中の濃度が最高値に達するまでの時間と血液中の濃度が半減するまでの時間についてまとめました。

 

血液中の濃度が最高値に達するまでの時間

血液中の濃度が半減するまでの時間
ロキソニン 0.79時間(約47分) 1.31時間(約79分)
カロナール・アセトアミノフェン 0.46時間(約28分) 2.36時間(約142分)

1) カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書
2) 三木 亮ほか:基礎と臨床 30(7), 1773~1777(1996)
3) 牛嶋 久:基礎と臨床 30(7), 1779~1784(1996)
4) 井川 雅子ほか:歯界展望 121(5), 968-969(2013)

カロナールのお役立ち情報

カロナールに関連するQA

ピックアップ特集