カロナールと同じ成分の市販薬

解熱・鎮痛剤で使用されるカロナールは同じ成分を使用した市販薬があります。現役薬剤師監修のもとカロナールの成分から市販薬まで紹介します!

風邪による高熱や、頭痛・腰痛・生理痛などの体の痛みをおさえるために処方される解熱・鎮痛剤のカロナール。
子どもから大人まで幅広く使えて比較的安全性が高い薬なので、使ったことのある方も多いのではないでしょうか。
突然の発熱や体の痛みに襲われたとき、わざわざ病院に行かなくてもカロナールを手にいれることができたら大変便利ですよね。
カロナールは市販で買うことができるのでしょうか?もしくはカロナールと同じ効果のある市販薬はあるの?
いざというとき手元に置いておきたい、カロナールと市販薬の疑問について解説します!

解熱鎮痛剤・カロナールの分類や特徴

発熱や痛みをおさえるために使用される解熱・鎮痛剤の種類は、大きく2つに分けられます。
NSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれる「非ステロイド性抗炎症薬」に分類されるか、されないか、という2種類です。この2種類の大きな違いは、解熱や鎮痛に効く効果の強さにあらわれます。
カロナールはNSAIDsに分類されない薬のため、分類される解熱・鎮痛剤に比べてやさしい薬といえるのです。ちなみに、NSAIDsに分類される代表的な解熱・鎮静剤はロキソニンがあります。

カロナールの特徴

NSAIDsに分類される解熱・鎮痛剤に比べて、発熱や痛みをおさえる効果はおだやかになりますが、その分、医師の診断のもとで子どもや妊婦、授乳中にも使用できます。また、インフルエンザのときにも比較的安全に使用できることも大きな特徴です。
もちろんNSAIDsに分類される薬もされない薬も、共通する部分や注意が必要なことはあるので、医師の処方や薬の添付文章をしっかりと確認してください。

カロナールの成分

効果も穏やかでやさしい薬に分類されるカロナールの主成分はアセトアミノフェンです。アセトアミフェンは脳の中枢神経に働きかけて発熱や痛みを抑えます。
ミナカラおくすり辞典:カロナール原末

カロナールは錠剤のほか、細粒や坐剤、小児用のシロップ剤もあります。
ミナカラおくすり辞典:カロナール錠200 カロナール細粒20% カロナール坐剤200 カロナールシロップ2% 

カロナールと同じ成分が含まれた市販薬

カロナールは医師の診察により処方された処方箋がないと購入できません。
しかし、カロナールの主成分であるアセトアミノフェンが含まれた市販薬は販売されていて薬局などで購入できます。
薬局やドラッグストア、amazonなどのインターネットでも購入できるカロナールと同じ成分が含まれた市販薬をご紹介します。

市販薬の種類は、成分の違いによって大きく3種類です。

主成分がアセトアミノフェンだけの市販薬

カロナールと同じく、主成分がアセトアミノフェンだけの薬です。

違いは含まれる添加物によるため、効果はほぼ同じになります。

アセトアミノフェン単体では解熱・鎮痛効果はおだやかです。そのため重くない痛みの鎮痛などに向いています。

また、眠気が起こる成分が入っておらず、胃に負担もかけにくいため、いつでも飲めるということが大きな特徴です。
 

タイレノールA

15歳以上は1回1錠を服用します。1日の服用回数は3回までで、服用間隔は4時間以上空けてください。

1錠中にアセトアミノフェン300mgが含まれています。

ミナカラ薬局のポイント
有効成分がアセトアミノフェンのみとなっている数少ない市販薬です。妊娠中や授乳中の方も服用でき、空腹時にも服用できるため使用しやすい薬となっています。眠くなる成分が入っていないため、運転をする方も使用できます。

授乳中のカロナールの服用

カロナールは解熱・鎮痛剤の中ではおだやかな種類に分類されるため、授乳中も使うことができます。

ただし、医師の診断による処方の場合が基本になります。

NSAIDsに分類されない薬は副作用が起こりにくい比較的安全な薬ではありますが、市販薬を購入する際には、使う人の状況や体調などを、薬剤師など専門知識をもった人に相談しましょう。

おわりに

解熱・鎮痛剤の市販薬はたくさんあるため、自分の症状にあわせて選択することが大切です。
成分がアセトアミノフェンのみの薬は、効果が比較的弱いということもありますが、その分副作用のリスクが低いという利点もあります。
まずは、アセトアミノフェンのみの薬を使用してみるのもいいかもしれません。効果があまり感じられなかったり、判断が難しい場合は、薬剤師など専門の知識がある人に相談し、適切な薬を使用してくださいね。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

タイレノールA

カロナールのお役立ち情報

カロナールに関連するQA

dメニュー