カロナールの成分「アセトアミノフェン」とは?

カロナールは、発熱や痛み止めに広く処方される解熱鎮痛剤です。カロナールの主成分はアセトアミノフェンで、脳の中枢神経に働きかけて発熱や痛みをおさえます。

カロナールと同じ商品名の市販薬は存在しませんが、同じ成分の「アセトアミノフェン」が配合された市販薬は販売されています。

アセトアミノフェンとNSAIDsの違い

一般的に「痛み止め」として処方・販売されている薬の多くは「NSAIDs(エヌセイズ/エヌセッズ)」という非ステロイド性の抗炎症薬に分類されます。痛みや炎症の原因物質であるプロスタグランジンができるのをおさえ、解熱や鎮痛、抗炎症作用を発揮します。

ロキソプロフェン・イブプロフェン・エテンザミドなどは全てNSAIDsに分類される薬です。

対して、カロナールの成分であるアセトアミノフェンは、解熱・鎮痛作用がありますが抗炎症作用はほとんどなく、NSAIDsには分類されていません。

アセトアミノフェンはNSAIDs服用の際に起こりうる胃腸障害や腎障害、NSAIDsに対する過敏症(喘息や蕁麻疹など)の副作用が少ない解熱鎮痛剤として知られています。

カロナールと同じ成分配合の市販薬

アセトアミノフェンは、量を調整すれば幼児や子どもにも使用できる成分であるため、妊娠中や授乳中でも比較的安全に使用できるといえます。ただし、念のため妊娠中・授乳中の方は使用前に医師または薬剤師・登録販売者に相談してください。

カロナールは有効成分がアセトアミノフェンのみとなっているため、カロナールと最も近い効果を期待する場合は、アセトアミノフェン単一成分の市販薬を選択しましょう。今回ご紹介する薬は全てアセトアミノフェン単一成分の市販薬です。

 

タイレノールAは15才から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが300mg含まれています。

胃を守る作用があるプロスタグランジンという体内物質にほとんど影響を与えないため、空腹時でも飲むことができる解熱鎮痛剤です。

年齢 1回量 1日服用回数
15才以上 1錠 3回を限度とする
15才未満 服用しないこと

 

ラックル 12錠(第2類医薬品)

ラックルは15才から服用することができ、1錠中にアセトアミノフェンを300mg配合しています。

ラックルは水にすぐ溶けるタイプの速溶錠です。口の中で噛み砕くか、軽く口の中で溶かしてから水と一緒に服用してください。

本商品のパッケージには「腰痛 神経痛に早く効く」といった効能が記載されていますが、腰痛や神経痛のみならず、発熱や頭痛等の風邪症状にもお使いいただけます。

処方薬と同等の成分や効果を期待する方におすすめです。

 

年齢 1回量 1日服用回数
15才以上 1錠 3回を限度とする
15才未満 服用しないこと

 

7歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが100mg含まれています。

水なしで飲めるチュアブル錠で、フルーツ味のため飲みやすく、小・中・高校生の発熱や頭痛、生理痛にも適しています。

一般的な子供用の解熱鎮痛剤よりもアセトアミノフェンの配合量が多く、大人の方でも服用できる薬になっています。

 

タイレノールのような大人用のアセトアミノフェン単剤の市販薬は現在需要が多く、品薄となっています。バファリンルナJは子供用の薬ではありますが、服用量を増やすことによって大人の方でも使用できます。大人用のアセトアミノフェン単剤が手に入らない場合は、バファリンルナJで代用が可能です。

年齢 1回量 1日服用回数

15才以上

3錠

3回を限度とする
11才以上15才未満 2錠
7才以上11才未満 1錠
7才未満 服用しないこと

子供用のアセトアミノフェン配合市販薬

アセトアミノフェンは子供でも服用できる成分ですが、服用量が大人と異なります。子供が服用する場合は必ず小児用の市販薬を使用してください。

 

小児用バファリンC2 16錠(第2類医薬品)

3歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが33mg含まれています。

有効成分がアセトアミノフェンのみで、眠くならない薬です。苦味のないフルーツ味の小粒で、子どもでも服用しやすくなっています。

※含量が少ないため15才以上の方はご利用できません。

年齢 1回量

1日服用回数

11才以上15才未満

6錠

3回を限度とする
7才以上11才未満 4錠
3才以上7才未満 3錠
3才未満 服用しないこと

 

小児用バファリンチュアブル 12錠(第2類医薬品)

3歳から服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが50mg含まれています。

有効成分がアセトアミノフェンのみで、眠くならない薬です。オレンジ味の小粒で、子どもも服用しやすくなっています。

水なしで服用できるため、外出時などの携帯用としてもおすすめです。

※含量が少ないため15才以上の方はご利用いただけません。

年齢 1回量

1日服用回数

11才以上15才未満

4錠

3回を限度とする
7才以上11才未満 3錠
3才以上7才未満 2錠
3才未満 服用しないこと

アセトアミノフェンの市販薬を購入する時の注意点

アセトアミノフェンが含まれる市販薬を購入する際は以下の点に注意しましょう。

アセトアミノフェン以外の成分に注意

アセトアミノフェンが含まれる市販薬の中には、NSAIDsやその他の成分も含まれる配合剤が存在します。副作用のリスクを考えてNSAIDsを避けたい方は、アセトアミノフェン以外の成分も必ず確認するようにしましょう。

アセトアミノフェンの副作用

アセトアミノフェンは比較的副作用の少ない薬ですが、服用量を誤ると肝臓機能の障害が起こる危険性があります。効果がなかなか出ないからといって、用法用量を守らず多量に服用するのはやめましょう。