ブテナロックVαエアー50ml

¥2,962 税込

『かゆみ止め成分+冷却力』のW効果でかゆみを抑えます!!
患部にピンポイントで噴射できる「ジェット式」なので、直接
手を触れることなく簡単・清潔に使用できます。

数量:
送料無料 配送区分: 宅急便コンパクト
選べる支払方法
・クレジットカード
・Amazon Pay
・楽天ペイ(旧:楽天ID決済)
・d払い
最短配送日: 14時までの注文完了で本日出荷
薬剤師に相談する(無料)

基本情報

用法・用量

1日1回、適量を患部に噴射塗布してください。

(1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(2)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに
   水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けてください。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)患部より約10cmの距離で噴射してください。
(6)同じ箇所に連続して3秒以上噴射しないでください。
(7)患部に対して容器を下に向けて使用してください。(上向き、横向きでの
   使用は噴射剤のみが出て、薬液が残り、最後まで使用できなくなります。)

してはいけないこと

[守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。]

1.次の人は使用しないでください。
本剤による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人。

2.次の部位には使用しないでください。
(1)目や目の周囲、顔面、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、
   外陰部等。
(2)湿疹。
(3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部。

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)乳幼児。
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)患部が広範囲の人。
(7)患部が化膿している人。
(8)「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきり
   しない人。(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等
   他の原因による場合が多い。)

2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に
  ご相談ください。
(1)使用後、次の症状があらわれた場合。
  [関係部位]:[症状]
    皮ふ  :発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、落屑、ただれ、
         水庖、亀裂
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合、又、本剤の使用により症状が
   悪化した場合。 

保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所にキャップを閉めて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる
   ことがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても
   開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。
(5)火気に近づけたり、火の中に入れたりしないでください。また、使用済みの容器は
   火中に投じないでください。
(6)合成樹脂(スチロール等)を軟化したり、塗料を溶かしたりすることがあるので、
   床や家具などにつかないようにしてください。
(7)火花が出る所で使用しないでください。

その他の注意

ガス抜きキャップの注意事項と方法/分別廃棄の仕方

*「PUSH」マークを上に押し上げるように押してください。
*押しボタンを引き抜きます。
*キャップの上部をはずし、平らな所に図の様に置きます。
*本体を逆さまにし、噴射口をキャップの受け口にあわせて置きます。
*本体を「カチッ」と音がするまで押し込み、噴射音が消えるまで放置します。
*噴射音が完全に消えてから、市町村等で定められた方法により破棄してください。
※必ず中身を使い切ってから、火気のない屋外でガス抜きを行ってください。
※ガス抜き中は、わずかに残った薬液がガスと共に噴き出しますので、顔を近づけないで
 ください。
※本品のキャップ以外使用しないでください。

水虫治療の5ポイント
1.足が蒸れないように、ふだんから心がけましょう。
  白癬菌は温度15℃以上、湿度70%以上になると増殖します。
  常に群れを防ぎ、乾燥させることを心がけましょう。
2.患部を清潔にしましょう。毎日、石けんでよく洗うことが大切です。
  1日1回の使用で効果のある商品ですが、患部を清潔にすること、
  長時間蒸れないように注意する、靴や靴下を不潔なままにしない(こまめに洗う)
  などの工夫が必要です。
3.くすりは患部だけでなく、周囲まで広く、薄く塗りましょう。
  白癬菌は症状が発生している範囲より広く寄生していることが多いので、薬剤を
  広めに塗布しましょう。
4.症状がなくなっても、水虫薬は最低1ヶ月程度、塗り続けましょう。
  症状がなくなっても、白癬菌の活動を抑えているにすぎのないこともあります。
  根気よく継続して塗り続けることが完治への道です。
5.ご家族に水虫の人がいたら、一緒に治療しましょう。
  ご家族の方に水虫の人がいたら、うつります。おかしいなと思ったら早めの治療を
  心がけましょう。
水虫の治癒に向けて毎日のトータルフットケアが大切です。

ブテナロックVαエアー50ml
¥2,962 税込
送料無料
14時までの注文完了で本日出荷