【花粉症対策】まぶたの腫れに効く薬の選び方・腫れの原因と原因別の治し方を解説

まぶたの腫れの原因と対処法を解説!まぶたの腫れは、花粉などの刺激、化粧、乾燥、ものもらいなどさまざまな原因が考えられます。まぶたが腫れる原因を詳しく解説、原因ごとに薬剤師が選ぶおすすめ市販薬を紹介します。薬で治せないむくみのとり方もピックアップ!

まぶたの腫れは市販薬で治せる!

朝起きたらまぶたが腫れている・・まぶたの腫れは痛みやかゆみでつらいだけでなく、見た目にも憂鬱なもの。

原因も対処法もわからず、腫れがおさまるのを待つだけの方も多いのではないでしょうか。

まぶたが腫れる原因はさまざまあります。腫れの原因によっては、市販薬で症状を改善させることができるのです。

ただし、目や目のまわりは繊細な部位でもあるため、市販薬を使用しても症状が改善しない・悪化する場合は、速やかに眼科を受診しましょう。

市販薬で治せるまぶたの腫れの原因は?

市販薬が有効なまぶたの腫れの原因を紹介します。

目や目のまわりの乾燥

目が乾燥するドライアイやまぶたの皮膚の乾燥は、目やまぶたのかゆみから腫れにつながります。

まぶたの皮膚は他の皮膚に比べて薄く、かゆみでこすってしまうととても腫れやすい部位でもあります。

まぶたにも使えるかゆみを抑える塗り薬や軟膏が有効です。

ものもらい

目に細菌が繁殖したり、目のまわりの分泌腺が詰まってしまうとものもらいができます。

ものもらいは症状が進行するとかゆみや痛みをともない、さらにまぶたの腫れを引き起こすこともあります。

ものもらいを治す目薬を使用しましょう。

アイメイクなど化粧品の刺激

アイシャドウやアイラインなど化粧品に含まれる成分の刺激でまぶたが腫れてしまうことがあります。

また、まぶたに小さな傷があったときに化粧道具が不衛生だと、傷から細菌が入り込み炎症を起こして腫れることがあります。

かゆみや炎症を抑える塗り薬が有効です。

花粉症でもまぶたが腫れる

花粉に対するアレルギー反応でまぶたが腫れることがあります。

アレルギー反応が原因となる場合は、まぶたの腫れに目のかゆみをともなうことがほとんどで、目が充血しまぶた全体が腫れあがります。

アレルギー症状を抑える目薬などが有効です。

まぶたの腫れを改善する市販薬9選!

腫れの原因や症状によって、塗り薬を塗るのか目薬をさすのか使い分けていきましょう。

花粉が原因で起こるまぶたの腫れに

いわゆる花粉症の症状として目やまぶたが腫れている場合は、アレルギー症状を抑える目薬などを使用して目の腫れを改善していきましょう。

ザジテンAL点眼薬

抗アレルギー成分のケトチフェンフマル酸塩が配合されている、アレルギー専用眼科用薬です。花粉などあらゆるアレルギーによる目の腫れ、充血やかゆみ、涙目などに優れた効果が期待できます。

抗アレルギーだけでなく、かゆみを抑える抗ヒスタミン成分と抗炎症作用を持っているため、アレルギー症状による目の治療全般に効果があるといえます。

マイティアアイテクトアルピタット

抗アレルギー成分であるクロモグリク酸ナトリウムと、かゆみを抑える抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合されており、かゆみをしっかりと抑えます。
優しいさし心地のタイプとクールタイプの2種類が販売されています。

ロートアルガードクリアブロックEXa

かゆみや充血などのつらいアレルギー症状を抑える効果があります。また、炎症を抑えるプラノプロフェンが配合されているため、目が赤くなってしまうような炎症にも効果が期待できます。

角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムも配合されており、従来の一般的なアレルギー用目薬では効かなかった場合にも効果的です。

爽快感があり、スッキリとした付け心地でかゆみを和らげます。

花粉症に効く目薬について詳しくは関連記事をごらんください。

目や皮膚の乾燥が原因で起こるまぶたの腫れに

まぶたの皮膚の乾燥が原因でかゆみや腫れ、赤みを生じることがあります。

まぶたの保湿を行う場合、目に近い場所なのでできるだけ添加物などの少ないクリームを選びましょう。

サンホワイト 50g P-1

着色料、香料、保存料を一切使用していないワセリンです。塗ると肌に薄い膜を張り、皮膚から水分が蒸発していくのを防ぎます。

天然由来の成分のみで作られているため、顔や目の周りにも安心して使用することができます。 

まぶたのかゆみを抑える市販薬!

まぶたが炎症を起こし、腫れと同時にかゆみをともなう場合におすすめの市販薬を紹介します。目のまわりにクリームなどの外用薬を塗る場合には、目の中に入らないよう十分注意してください。

オイラックスA

ステロイド剤を配合したクリームで、かゆみに効果を発揮します。ステロイド配合の外用薬の中では、ステロイドの強さがもっとも低い分類の薬であるため、広範囲でなければ顔に使用することができます。

タクトプラスクリーム

ステロイド剤を配合したかゆみや赤み、腫れに効果があるクリームです。ステロイドの強さが一番弱いものに分類される薬のため、広範囲でなければ顔にも塗ることができます。
スーッと爽快感のある塗り心地でかゆみを鎮めます。

ものもらいが原因で起こるまぶたの腫れに

ものもらいが原因でまぶたが腫れてしまったときは、まずものもらいを治すことを優先しましょう。

ものもらいの症状が軽い場合は市販の抗菌目薬で治ることもありますが、なかなか治らない場合や痛み・腫れが深刻な場合は早めに眼科を受診してください。

抗菌アイリス使いきり

細菌が原因でおこるものもらいなどを効果的に治す抗菌目薬です。1回使い切りタイプなので防腐剤を添加していません。

目にしみない優しいさし心地で、炎症を起こしている目にも刺激をあたえません。

ロート抗菌目薬i

使い切りタイプの抗菌目薬です。強い殺菌作用をもつサルファ剤を配合し、抗炎症作用のある成分も配合することですばやく的確にものもらいの症状を抑えることが期待できます。

また、眼のかゆみや充血の症状にも効果があります。

マージナル抗菌AZ

外部から侵入した細菌による炎症やかゆみを抑える効果があります。結膜炎に効果的なスルファメトキサゾールと、炎症やかゆみを抑えるアズレンスルホン酸ナトリウム、クロルフェニラインマレイン酸塩が配合されています。

ソフトコンタクトレンズ着用中は使用できません。

むくみが原因の場合は薬では治せない

痛みやかゆみ、赤みをともなわないまぶたの腫れは、むくみである可能性が高くなります。

塩分の多い食事や運動不足、体の冷え、疲れ、寝不足によってむくんで腫れている場合は、市販薬では改善できません。

生活習慣の見直しや休養が大切になります。

まぶたのむくみに温冷療法

まぶたのむくみやかゆみには温冷療法が効果的です。

①蒸しタオルを用意します。熱めのお湯につけたタオルをしぼるか、濡らしたタオルを電子レンジで30秒ほど温めると簡単にできます。

②タオルをもう一枚用意し、冷たい水につけてしぼります。タオルが1枚しかない場合などは洗面器に冷たい水を張っておくと良いでしょう。

③顔に蒸しタオルを1~2分当てたあと、冷たいタオルや冷水で顔を冷やします。これを2~3回繰り返しましょう。

温冷療法は顔の滞っていた血流を促進する効果があり、まぶたの腫れにも効果があります。また、まぶただけでなく顔全体のむくみにも効果があるため、むくみが気になる日は試してみてください。

おわりに

まぶたの腫れは痛みやかゆみをともなうため、早めに市販薬などで対処していきましょう。

特に原因がないのに毎日まぶたの上が腫れている場合や、市販薬を使用しても効果がなかった場合は別の病気が原因となっているおそれがあります。

まぶたの腫れが長引く場合は、できるだけ早く眼科を受診しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ザジテンAL点眼薬

マイティアアイテクトアルピタット

ロートアルガードクリアブロックEXa

サンホワイト 50g P-1

オイラックスA

タクトプラスクリーム

抗菌アイリス使いきり

ロート抗菌目薬i

さらに表示する

マージナル抗菌AZ

目に関するお役立ち情報

目に関連するQA

dメニュー