目やにがでる原因と予防法を解説

目やにがでる原因とメカニズムについて詳しく解説します。朝起きたら目やにがでている理由についても説明します。目やにとほかの症状から考えられる病気も紹介。目やにの症状がどんな場合に病院を受診するべきかについてもあわせて解説します。目やにがでないようにする予防法も紹介します。

朝起きたら目の周りに乾燥した目やに。ひどい場合だと目やにが接着剤のようになってまぶたが開かない、という経験をした方もいるのではないでしょうか。

目やにがでる原因はさまざまあります。目の代謝活動として自然に分泌される目やには問題ありませんが、中には目の病気が原因となって分泌される目やにも存在します。

この記事では、目やにの原因と考えられる目の病気、目やにの予防法について解説します。

目やにがでる原因は?

目やには、目の中に入ってきたゴミ・ウイルス・細菌などを、体外に排出するために分泌される身体の防御反応の一種です。

人間の身体は、古くなった細胞を新しい細胞に入れ替える「代謝」という働きによって健康を保っています。代謝は目でも毎日行われ、その結果として目やにが分泌されます。

人間の目には、まばたきをスムーズにするためにまぶたの裏側から粘り気のある液体が分泌していて、目の中に異物が混入した場合は液体に異物を絡めてて体外へ排出される仕組みがあります。

つまり、目やにの正体は「目の液体とともに排出された異物」なのです。

朝起きたら目やにがでる理由

起きている間はまばたきによって、目やにが涙と一緒に鼻涙管という鼻とつながる穴に流れていき、最終的に鼻垢(いわゆる鼻くそ)となって体外へ排出されます。

しかし、睡眠中はまばたきをしないため、目やにが鼻涙管に流れず目元に残ってしまい、目やにとなります。

朝起きたときに目やにがでることは、体の正常なメカニズムによることがほとんどであり、過度に心配する必要はありません。

目やにから考えられる病気

目やには、代謝活動だけではなく細菌やウイルスなどの異物が混入した場合にも免疫反応として分泌されます。

免疫反応のとして目やにがでる場合、細菌やウイルスを排除するために戦った白血球の死骸などが目やにに含まれるため、通常の目やにとは色や状態に違いがでてきます。

目やにの色や状態から、目やにの原因を推測することができます。

目やにの状態に不安がある場合や、目やに以外にもかゆみなどの目の症状がでている場合は、早めに眼科医の診断を受けましょう。

目やにの色 目やにの状態 考えられる原因
白や黒 乾燥状態 通常の代謝ででる目やに
黄緑色 ドロドロ

細菌による炎症が起きている疑いがある:細菌性結膜炎・涙囊炎

透明や白 サラサラ 花粉やアレルギーで炎症を起こしている疑いがある:アレルギー性結膜炎・春季カタル
透明や白 ドロドロ ウイルスなどに感染している疑いがある:ウイルス性結膜炎

細菌性結膜炎

目に細菌が感染することによって引き起こされる結膜炎です。

目やにのほか、結膜の充血・目の異物感・かゆみを感じるといった症状がでます。

ウイルス性結膜炎

目にウイルスが感染することによって引き起こされる結膜炎です。主な症状は細菌性結膜炎と同じく目やに・充血・目の異物感などで、症状が強く現れる傾向があります。

原因となるウイルスにはアデノウイルス・エンテロウイルス・ヘルペスウイルスなどがあります。

人への伝染性も強いため、涙や目やにを介して周囲の人に感染するおそれがあるため注意が必要です。

アレルギー性結膜炎

花粉やほこり、動物の毛、ハウスダストなどのアレルゲンが目に付着することによって引き起こされる結膜炎です。

目のかゆみが強くでるのが特徴で、目やに・涙がでる・目の異物感などの症状をともなうこともあります。

春季カタル(しゅんきかたる)

春季カタルは重症なアレルギー性の結膜炎で、特に小学生の男の子に多くみられます。

まぶたの裏に白いブツブツができて強いかゆみをともなったり、黒目と白目の境目が腫れたりすることがあります。

症状が悪化するとブツブツが大きくなって角膜に潰瘍ができ、強い痛みが生じることもあります。

粘り気のある白い糸状の目やにがでることが特徴です。

涙嚢炎(るいのうえん)

涙囊炎(るいのうえん)とは、目頭のあたりにある涙が流れ込む小さな袋のような「涙囊」という器官が細菌感染を起こした状態をいいます。

目と鼻をつなぐ鼻涙管という管が何らかの原因によって詰まってしまうことが誘因となり発症します。

主な症状は、多量の目やに・涙の分泌で、症状が悪化すると涙嚢が大きく腫れ、強い痛みをともないます。また、発熱・膿などの症状が現れることもあります。

病院を受診するべき症状

朝起きたときに生じる少量の目やになどは、基本的には病院を受診する必要はありません。

しかし、目やににともなって次のような症状がある場合は、病院を受診してください。

・まぶたの裏に強いかゆみをともなう白いブツブツがある(春季カタル)
・さらっとした涙を多くともない、喉の痛み・リンパ節の腫れなどがある
・激しい痛みや眩しさがある
・症状が片目だけで鼻の症状がない
・視力の低下

目やにの予防法

目やにが過剰に分泌されてしまう原因のほとんどは、細菌やゴミなどの異物の混入です。

部屋の空気が汚れていたり、汚い手で目を触ったりすると、目に異物が混入して目やにがいつもより多く分泌されてしまいます。

目はとてもデリケートな部位なので、目やにの過剰な分泌を予防するためにも、日常生活の中で以下のことに注意してください。

・汚い手で目を触らない
・できるだけ目をこすらない
・部屋の掃除をこまめに行う
・家庭内に結膜炎の人がいる場合は、タオルの使い回しをしない
・コンタクトレンズをつけっぱなしで寝ない
・コンタクトレンズの使用期限を守る

おわりに

目やにを取る際には綿棒やティッシュ等で取り、手で触れないように気を配りましょう。

乾燥して取れない場合は、無理やり取ろうとすると肌を傷つけてしまうため、水やお湯で湿らせてとることをおすすめします。

目やにがいつもと違った色や状態に感じられたら、自己判断で放置せずに病院を受診してください。