ピルの値段を比較!目的別のピルの値段と個人輸入について

ピルの種類や服用の目的によって、購入にかかる値段も異なります。国内で販売されているピルの値段を比較、個人輸入や通販についても解説します。

ピルの値段は薬の種類・服用目的により異なる

ピルの値段は、薬の種類や服用の目的により異なります。

避妊目的でピルを使用する場合、基本的には自由診療になるため、健康保険の適用を受けられないので10割自己負担になります。また、自由診療では、病院によって薬の値段を設定することができるため病院によっても値段は若干異なります。

ピルが保険適応になる場合は、月経困難症などの治療として処方されるケースです。

また、緊急避妊や月経をずらす目的でピルを使用する場合も、服用の仕方やピルの種類によって値段が異なります。

ピルの値段の相場は?

国内の医療機関でピルを処方してもらう場合、一般的には1シート(28日分)あたり1,500~3,000円になります。また、薬代とは別に医療機関での診察費用や処方料が発生しますが、自由診療のため薬代・診察費用ともに各病院によって値段は異なります。

ひと月あたり薬代+診察費用で3,000円前後がひとつの目安といえるでしょう。初診の際やピルを初めて処方される時には、血液検査などの検査料として3,000〜5,000円ほどかかる場合があります。

避妊目的で長期的に使用する場合は、1シート28日周期のため、年間13シート使用して年間約20,000~40,000円という計算になります。

検査費の一部を省略することができる?

初めてピルを処方されるときや、服用から6か月が経過したときの定期検査など、血液検査の実施を医療機関から求められることがあります。

すでに学校や会社で健康診断をしていて有効期限内の血液検査のデータを持っていたり、献血手帳に血液検査のデータが入っている場合などは、そういったデータを持参することで検査の代わりにすることも可能です。

血液検査を省くことで診察費用や検査費用の削減にもなるため、データをお持ちの方は持参しましょう。

目的別のピルの値段

ピルは使用の目的に応じて保険の適用が異なります。以下に記載の値段はあくまで目安なので詳しくは各病院にお問い合わせください。

月経困難症の治療の場合:保険適用ピル

子宮内膜症に伴う月経困難症や、機能性月経困難症の治療にピルを処方される場合、保険適応となります。

現在、月経困難症に処方され保険適用となるピルは、ルナベルLD・フリウェルLD(ルナベルLDのジェネリック)・ルナベルULD・ヤーズの4つになります。

月経困難症で使用する場合の各薬の値段は以下のとおりです。(2016年8月現在)

ピルの種類 薬剤名 1錠あたりの薬価
低用量ピル ルナベルLD 270.10円
フリウェルLD 170.40円
超低用量ピル ルナベルULD 336.40円
ヤーズ 253.50円

ただし、保険適用の3割でルナベル、ヤーズは1シート(1か月分)およそ2,000円、ルナベルのジェネリック・フリウェルはおよそ1,600円になります。これに診療代や薬剤料、処方料などが別途加算されます。

自費診療で処方される他のピル(トリキュラー、マーベロンなど)が1シート2,000円から3,000円程度と考えると、保険適用でも大きく費用が安くなるというわけではありません。

なお再診の場合は検査料などがかからないため、初診より安くなるケースがほとんどです。

関連記事:ルナベル:副作用や避妊効果について徹底解説!
関連記事:【超低用量ピル】ヤーズの効果と副作用を解説!

避妊目的の場合:保険適用外ピル

現在日本国内で認可されている低用量ピルはマーベロン、トリキュラー、アンジュ、ラベルフィーユ、シンフェーズ、ファボワールなどがあります。

保険が適応でない場合、自費診療になるため、病院ごとに薬の値段が異なります。あくまで目安なので、詳しくは各医院にお問い合わせください。

なお、薬の値段の他に診察代などが別途加算されます。

薬剤名 1シートの値段
マーベロン 2,100〜2,500円
ファボワール(マーベロンのジェネリック) 2,000円
トリキュラー 1,800〜2,500円
アンジュ 2,000〜2,500円
ラベルフィーユ 2,000円
シンフェーズ 1,800〜2,000円

緊急避妊(アフターピル)の場合

アフターピル(緊急避妊)には二通りの方法があります。中・高用量ピルを使用しホルモン値を変化させるヤッペ法と、緊急避妊専用のノルレボ錠を服用する方法です。

アフターピルについて詳しくは関連記事をごらんください。
関連記事:関連記事:アフターピル(緊急避妊)の副作用は?失敗しない飲み方まで解説!

種類 値段 特徴
ヤッペ法 約4,000〜5,000円 比較的安価だが副作用がでる可能性がある
ノルレボ錠 約13,000〜15,000円 高価だが副作用がほとんどない

アフターピルは保険が適用されない自費診療になります。そのため、病院ごとに薬代や診療代も異なるためご注意ください。

なお、アフターピルの処方は問診のみになり内診はありません。

生理をずらす場合

生理をずらす場合は、保険の適用にならない自費診療になります。月経日の付近でピルを数日間服用してホルモンを調整して生理期間をずらします。

1回の月経移動にかかる費用として3,000〜5,000円前後が目安になります。また、ピル1錠につきいくらと設定している病院もあり、生理をずらす日が長ければ長いほど費用もかかる計算になります。

自費診療のため、検査費や薬の値段も病院により異なります。また、使用する薬の種類によっても値段は異なります。詳しくは各病院にお問い合わせください。

ピルを個人輸入・通販で購入する際の注意

現在、ピルをインターネットなどの通信販売で購入したり、個人輸入で入手することは可能です。通販や個人輸入では、通常より安価であったり病院に行く手間が省けたり、便利に感じられることもあります。

しかし、個人輸入でピルを購入した場合は、服用方法・飲み忘れ等の対処・検査の手配・ピルの確保などの全てが自己責任となります。これは個人輸入サイトにも記載されている注意です。

個人輸入でピルを購入する場合は、以下のリスクがあることを認識しておきましょう。

◼︎個人輸入で入手した医薬品で発生する問題はすべて自己責任となる
◼︎販売ページに商品についての詳細な説明がないので、購入後に自分で外国語の取扱説明書をしっかりと読む必要がある
◼︎日本国内で流通している医薬品ではなく、品質管理なども異なる海外の製品である
◼︎副作用があったときに国の補償などを受けられない

病院で処方してもらった医薬品で重大な副作用が起きた場合は、医薬品副作用被害救済制度などで補償されることがありますが、個人輸入の医薬品などは補償の対象外になります。

ピルは副作用が起こる可能性のある医薬品なので、個人輸入ではなく、国内の医療機関で販売されている正当なピルの使用をお勧めします。

おわりに

ピルの値段は目的や薬の種類、購入方法により異なります。長期にわたって服用を考えている方には、値段が最大の基準になりがちです。

しかし、ピルはあくまで医薬品です。値段だけで考えずに、薬が自分に合っているか、症状の改善はみられるか、病院の通いやすさなどをしっかり検討して選択しましょう。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA