中用量ピルの副作用や種類について徹底解説!

中用量ピルは、病院では月経困難症の治療薬などの目的で処方されます。中用量ピルの種類や副作用、効果や値段などについて解説します。

中用量ピルとは

ピルは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンからできているホルモン剤です。ピル=避妊薬というイメージが強いですが、女性ホルモンを補充することでホルモンバランスを整え、月経周期および量の異常、無月経、月経時の諸症状などを改善する効果もあります。

中用量ピルは、卵胞ホルモンの量が50マイクログラムのピルを指します。50マイクログラムを超えるものは高用量ピル、それ未満のものは低用量ピルと呼ばれています。

中用量ピルと低用量ピルの違い

中用量ピルは、低用量ピルより女性ホルモンの配合量が多いため、副作用が出る可能性が高くなります。そのため、低用量ピルが処方される現在では中用量ピルを避妊目的のみで処方されることは少なくなりました。

また中用量ピルは、女性のホルモンが原因となっているニキビや吹き出物の改善にも効果が期待されますが、この治療に関しても低用量ピルが処方されることが多くなっています。

関連記事:低用量ピルを徹底解説!種類・効果・副作用について

中用量ピルの種類

中用量ピルには、プラノバール、ソフィアA、ソフィアC(高用量ピルに分類されることもある)、ルテジオンなどがあります。

中用量ピルの効果

中用量ピルは、月経困難症や月経周期および月経量の異常を改善させる目的で処方されることが多くなっています。

また、排卵後のホルモンを補うことは、子宮を妊娠しやすく整える意味もあります。そのため、中用量ピルは不妊治療で処方される場合もあります。

生理を早める・遅らせる効果

中用量ピルは生理日の調整に向いている薬です。そのため、旅行や結婚式など、大きなイベントに生理が重ならないように調整するには、中用量ピルの使用をおすすめします。

生理日を早める場合、生理の7日目くらいから中用量ピルを9日間内服します。すると、その後数日で生理出血がきます。

生理日を遅らせる場合、生理予定日のの5日目くらいに中用量ピルの服用を開始します。生理をずらしたい日まで服用を継続すると服用終了後の数日で生理がきて、それが新しい生理周期となります。

ピルを服用している間は生理がきませんが、長期間遅らせると茶褐色のおりものがでることがあります。これは、ピルによって子宮内膜が厚くなりすぎ、内膜表層付近の内膜細胞が持ちこたえられなくなって少量の茶褐色のおりものとして剥離してきてしまうためです。

関連記事:ピルで生理を早める方法は?ピルの効果や副作用と生理の関係を解説!

避妊効果

中用量ピルは、日本では避妊を目的とした薬としては認可されていません。しかしながら排卵を抑制する効果があるため、医師の判断によって避妊目的としても処方されるケースもみられます。

ただし、中用量ピルの服用開始時期によって、避妊効果があらわれるタイミングが変わってくるので注意しましょう。月経困難症などの治療で飲み始めた場合、生理開始日5日目から服用を開始するため、この生理周期の避妊は完全ではありません。コンドームの使用など、他の避妊法を併用しましょう。

アフターピルとしての効果

アフターピルとは、何らかの理由で避妊に失敗した場合、妊娠を防ぐために服用するピルのことです。

中用量ピルを使い、ホルモン値を一気に上昇→下降させて、子宮内膜を剥がし受精卵の着床を防ぎ避妊効果を発揮させる方法をヤッペ法といいます。

この方法では、主にプラノバールが使われます。性行為後、72時間以内に2錠を服用し、さらに12時間後に2錠を服用します。

この方法は、ホルモン剤を多量摂取するため、身体に相当負荷が掛かります。当然、出血がくる前にまた失敗したからと言って重ねての緊急避妊はできません。あくまでも緊急であり連用できないので、最終手段だととらえておきましょう。

関連記事:アフターピル(緊急避妊)の副作用は?失敗しない飲み方まで解説!

中用量ピルの副作用

中用量ピル服用時の主な副作用として、次のようなものがあります。

吐き気・嘔吐、食欲不振、発疹、黄疸、肝機能異常、不正出血、経血量変化、帯下増加、乳房緊満感、血圧上昇、便秘、下痢、口内炎、眠気、神経過敏、湿疹、座瘡、色素沈着、熱感、腰痛、肩こり

ピルに体が慣れてくると副作用は治まります。症状が続く場合は、中用量ピルを処方してもらった医療機関に相談し、ほかのピルへの変更などを含めて相談するようにしましょう。

また、薬の種類によって、副作用も多少の違いがありますので、詳しくはそれぞれの薬の添付文書を確認してください。

体重増加・ニキビについて

中用量ピルを飲むことにより、「太る」という症状を訴える人がいます。これはホルモンを投与する影響で、体が妊娠をしている状態と錯覚し、食欲が増すためと考えられます。もちろん個人差があるため、まったく気にならない人もいます。同じ理由で、ニキビができる人もいます。
ただし、中用量ピルは長期的に使用する薬ではないため、体重の増加やニキビも一時的な場合が多いといえます。

関連記事:ニキビ治療にピルが効果的?!ニキビに効くピルや仕組みを解説

血栓症について

中用量ピルを飲んでいる間はいつでも血栓症になる可能性があり、生命に関わることがあります。血栓症について、十分理解出来るまで医師から説明を受けてください。

次のような症状が出た場合は、すぐに服用を中止し、医師に相談してください。

手足 突然の足の痛み・腫れ、手足のしびれ、脱力・まひ
鋭い胸の痛み、突然の息切れ、押しつぶされるような痛み
激しい頭痛、めまい
舌のもつれ・しゃべりにくい
目のかすみ

その他、失神や足のむくみ、足がつるなど、服用前にみられなかった症状が増えた場合もすぐに服用をやめて、医療機関を受診してください。

なお、35歳以上でタバコを吸う人は血栓症のリスクが格段に高くなります。中用量ピルを服用する場合は、禁煙をおすすめします。

また、オフィスなどでも定期的に体を動かすようにして、水分を摂るようにし、同じ姿勢のままでいることはやめましょう。

中用量ピルを長期間使用する場合には、約6か月ごとに婦人科的検査が必要です。受診日を守ってください。

中用量ピルの値段

中用量ピルは「月経困難症」などの治療薬として用いられる場合、基本的には保険が適用されます。ただし、避妊目的や生理日をずらす目的である場合は保険は適用されません。
国で定められた1錠あたりの価格は、それぞれ次のようになります。(2016年8月現在)

薬の名前 1錠あたりの価格
プラノバール 14.0円
ソフィアA   8.2円
ソフィアC 13.5円
ルテジオン 14.0円

ただし、自由診療の場合、価格はこの限りではありません。また、薬の値段とは別にクリニックでの診察料などが加算されます。

関連記事:ピルの値段を比較!目的別のピルの値段と個人輸入について

中用量ピルの飲み方

中用量ピルは、目的によって飲み方が変わります。
中用量ピルの飲み方について、詳しくはこちらをごらんください。

関連記事:プラノバールの効果は?避妊効果や月経トラブルへの効果を解説!
関連記事:【中用量ピル】ソフィアAの効果と副作用を解説!
関連記事:【高・中用量ピル】ソフィアCの効果や副作用を解説!
関連記事:【中用量ピル】ルテジオンの効果と飲み方を徹底解説!

中用量ピルを飲み忘れた場合

避妊目的で服用している中用量ピルを飲み忘れた場合、まずは、気がついたときに1回分を飲んでください。その際、決して2回分を一度に飲まないでください。

誤って多く飲んでしまった場合はすぐに医師に相談しましょう。詳しくは、それぞれの薬の添付文書を確認してください。

おわりに

中用量ピルは、低用量ピルに比べ女性ホルモンの量が多い薬です。その分効果がありますが、副作用が出る可能性も高くなります。もし、副作用が長く続く場合は、低用量ピルなど他のピルへの切り替えを検討しましょう。

女性に関するお役立ち情報

ピックアップ特集