へその緒が取れた後に要注意!新生児特有のおへその病気 「臍炎(さいえん)」と「臍肉芽腫(さいにくげしゅ)」の症状と治療法

お母さんと赤ちゃんをつないできた「へその緒」。自然と取れるものですが、細菌に感染すると「臍炎(さいえん)」と「臍肉芽腫(さいにくげしゅ)」とよばれる病気にかかってしまいます。その症状を知っておきましょう。

はじめに

お腹の中で赤ちゃんに栄養を与え続けてきた「へその緒」は、正式には「臍帯(さいたい)」と呼ばれます。

通常は生後1~2週間かけてだんだんと乾き、しなびてきて自然にポロリと取れるものです。

ところがその際、細菌などに感染すると病気にかかってしまいます。

今回は新生児によくある「臍炎(さいえん)」「臍肉芽腫(さいにくげしゅ)」について知っておきましょう。

image by

photo AC

臍炎(さいえん)とは?

へその緒が取れた傷口から細菌が入って感染し、炎症を起こすことを臍炎(さいえん)といいます。

原因は「黄色ブドウ球菌」などをはじめとする細菌感染です。

通常へその緒は自然に取れた後、しばらくおへその消毒を続けていると1週間くらいで乾いてきます。

しかし炎症を起こした場合は臍炎になり、さらに「臍周囲炎(さいしゅういえん)」といって炎症がおへその周囲にまで広がることもあります。

臍炎の症状は?

○おへそがいつまでも乾かず、赤くジクジクする

○ジクジクと湿って、膿や出血がみられることもある

○触ると痛がることもある

○おへそがむくんで突出してくることもある

治療法は?

まずは清潔が第一です。

軽症の場合は、おへそが乾燥するまでよく消毒して乾かします。

あまり神経質に消毒する必要はなく、ガーゼなどでおへそを覆う必要もありません。

シャワーや沐浴で毎日汚れを洗い流すことで十分です。

ただし炎症がひどい場合には、抗菌薬や抗生物質を投与したり切開してうみを出すこともあります。

悪化すると細菌が全身に回ることもあるので、早めのケアをして下さい。

臍肉芽腫(さいにくげしゅ)とは?

臍肉芽腫はへその緒が取れたあと一部残った組織が増殖し、盛り上がって「しこり」になるものです。

臍炎同様、そのままにしておくと臍肉芽腫も細菌感染しやすいため注意が必要です。

臍肉芽腫の症状は?

○おへその中にピンクやくすんだ赤の柔らかい肉のしこりができる

○炎症を起こすと赤く盛り上がってジクジクする

○大きさは小さいものからおへそ全体を覆うものまで様々

○臍肉芽腫のように見えて、まれに腸管とつながっていて粘膜が飛び出していることもある

治療法は?

しこりは感染しやすいため、触らないようにして、早めに小児科を受診しましょう。

そのままにしておくと悪化して、血液に細菌が侵入して全身に回ると「肺血症」を起こす可能性もあります。

■臍肉芽腫が小さい場合

「硝酸銀」を使って焼いて取り、消毒することで治ります。

その後は特に薬などは必要なく、臍炎と同じように清潔を心がけましょう。

■臍肉芽腫が大きくなってしまった場合

小児科などで肉芽腫を切除する必要があります。

手術のような大掛かりなものではなく、根元を糸で結んで血流を止め取り除きます。

臍肉芽腫には神経はないため、痛みは感じません

安心して下さいね。

家ではシャワーや沐浴後におへそをよく消毒し、きれいに乾くまでケアしましょう。1週間程度で治ります。

image by

photo AC

普段のケアの注意点は?

清潔・消毒・乾燥が基本です。

へその緒が取れたあとは自然に乾燥してきますが、その間感染を防ぐためにアルコール消毒が必要です。

以下のことに注意しましょう。

○ケア前にママの手は清潔にしておきましょう

○1日1回、入浴後の清潔な状態の時に消毒するようにします

○おへそを指で開き、棉棒で水分を拭き取り、別の綿棒に消毒液をつけてやさしく拭き取ります

○消毒後はなるべく空気に触れされるようにしましょう

○ガーゼやおむつでおへそを完全に覆ってしまうと、乾燥の妨げになるため注意しましょう

その他のへその緒についての注意点や、取れた後の保管方法などの記事もありますので参考にして下さい。

「へその緒」は正式には「臍帯(さいたい)」といい、胎盤とつながっていて、赤ちゃんはへその緒を通して酸素や栄養をもらって成長します。へその緒はママと赤ちゃんがつながっていた証です。大切な役目を終えたへその緒は、赤ちゃんからいつ取れるのでしょうか。取れた後のケアはどうすればいいのでし

おわりに

無菌の胎内から生れた新生児は、生後、一部の感染症から全身の感染症へと発展しやすいため、普段のケアが大切です。

臍炎(さいえん)と臍肉芽腫(さいにくげしゅ)も、新生児には多い病気です。

今回の症状や注意点を参考に、症状が出たときは早めに対処しましょうね。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA