赤ちゃんが肌荒れしやすい原因

赤ちゃんの肌はもちもち・すべすべという印象が強い人もいるかもしれませんが、実は、赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、肌荒れもめずらしいことではありません。

赤ちゃんの皮膚の表面(表皮)は、大人の2分の1程度の薄さしかなく、水分を保つ能力がとても低いのが特徴です。

特に、生後1〜2か月頃は、皮脂の分泌が生後まもなくに比べて低下していき、さらに乾燥肌を引き起こしやすい時期です。

また、少しの刺激でもバリア機能が大幅に低下するきっかけになることもあります。

赤ちゃんのデリケートな肌は簡単に肌荒れを引き起こし、悪化すると傷口から菌が侵入したり、アトピー性皮膚炎に繋がったりすることもあるため、意識的に守ってあげる必要があるのです。

生後まもなくの肌荒れは乳児湿疹かも

生まれてすぐの赤ちゃんには、「乳児湿疹」と呼ばれる肌荒れが起こることがあります。

生後まもなくから1歳くらいまでの赤ちゃんの顔や体にみられ、カサカサ・ぶつぶつ・赤みなど、乾燥によって起こる肌荒れと見分けがつきにくいことがほとんどです。

乳児湿疹は生後2〜3ヶ月の赤ちゃんは母親からのホルモンの影響で、一時的に皮脂が過剰に分泌されます。顔や頭、耳の周り、股部、わきの下など皮脂線が多いところにできやすく、カサカサしたものや、クリーム色のかさぶたが付着するなどの症状が出ます。しかし、5〜6ヶ月ごろから次第に消えていきます。

原因は、人間の常在菌であるマラセチアというカビの一種であると考えられており、皮脂が増えると急激に増殖するといわれています。

症状がひどい場合や気になる場合は、薬による治療が必要な場合もあるため、皮膚科または小児科を受診してください。

症状が長引く場合はアトピー性皮膚炎のおそれも

体や四肢に広がるかゆみをともなう肌荒れが2か月以上続くか、繰り返し発症する場合は、アトピー性皮膚炎の疑いがあります。

症状が長引く場合はアトピー性皮膚炎の疑いを考慮して、早めに医療機関を受診してください。

赤ちゃんの肌荒れは保湿ケアで予防しよう!

敏感な赤ちゃんの肌は、日頃からケアしてあげることが大切です。

保湿をできるだけ心がけ、乾燥による赤ちゃんの肌荒れを防ぎましょう。

うるおい成分でケア

保湿成分の含まれたローションは、赤ちゃんの肌荒れ予防に効果的です。

赤ちゃんの肌はデリケートなため、ローションを使用する場合は、アルコール・着色料・合成香料などの添加物を含まないものを選びましょう。

arau. アラウベビープラス モイスチャーローション 120ml

ミナカラ薬局のポイント

アラウベビープラスモイスチャーローションは、植物由来のうるおい成分を3種類配合しています。

赤ちゃんの肌に刺激を与えないよう、石油系合成界面活性剤・防腐剤・アルコール・着色料・合成香料・保存料などの添加物を一切配合していません。

水分を保持してケア

特に乾燥の気になる部分にはワセリンを使用することもできます。

ワセリンには皮膚の水分が蒸発するのを防ぐ働きのほか、塗った部分を保護する働きがあるため、バリア機能の弱った赤ちゃんの肌を優しく守ることができます。

プロペトホーム

プロペトホームは、白色ワセリンを精製したもので、白色ワセリンよりも不純物が少ないのが特徴です。
塗るタイミングとしては、お風呂上がりに塗ると、肌の乾燥を防ぎやすいのでおすすめです。

部屋を乾燥させない

部屋が乾燥していると、赤ちゃんの肌の水分も奪われやすくなります。

気温が低く空気が乾燥しやすい秋・冬だけでなく、エアコンを多用する夏場も空気が乾燥しやすいため、加湿器を活用するなどして部屋の湿度を40%〜60%程度に保ちましょう。

服やおむつとの擦れに注意する

服やおむつと肌が擦れることで、その部分が乾燥し、肌荒れに繋がることがあります。

肌に優しい素材の服を選ぶ、フィットするおむつを使用するなどして、肌との摩擦を避けましょう。

また、肌と服が擦れやすい部分を重点的に保湿することも効果的です。

赤ちゃんの肌荒れに使える薬は?

赤ちゃんが肌荒れになり、かゆそうにしていたり赤みが気になったりする場合は、市販薬を使用することも可能です。

ただし、赤ちゃんの肌荒れの症状がひどい場合は、まず医療機関を受診するのが基本です。

市販薬を使用する場合も医師の指示のもと使用する必要があるため、皮膚科または小児科を受診し、市販薬を使用したい旨を医師に相談しましょう。

どうしても医療機関を受診できない場合は、応急処置として市販薬を使用することも可能ですが、市販薬だけに頼ることは避け、環境が整ったら医療機関を受診してください。

ヒフメイド油性クリーム

持続的な保湿効果がある「ヘパリン類似物質」単一成分の商品です。市販の「ヘパリン類似物質」の薬の中では、唯一の「W/O型(油の中に水の粒が混ざっているタイプ)」のクリームであり、処方薬のヒルドイドソフト軟膏に使い心地が最も近いことが大きな特徴です。
一時的な保湿ではなく、長時間潤いを保ちながら水をはじいて肌を保護します。また、素肌を内部構造から整えて、肌本来の姿へ導きます。

おわりに

赤ちゃんは、肌のかゆみや違和感を言葉で伝えることができません。

保護者が赤ちゃんのさまざまな異変にいち早く気づいてあげましょう。