トリキュラー、アンジュ、マーベロンといった「低用量ピル」は正しい使い方をすればほぼ完全に避妊することができるだけでなく、服用をやめることで妊娠準備に入れたり、月経周期(生理周期)を28日間で安定にできるなど、現在社会の女性のライフスタイルにもよく合ったお薬として浸透してきました。

これらの低用量ピルは婦人科やレディースクリニックなどの医療機関(病院・クリニック)に受診していただき処方してもらうことで入手ができるようになっています。

しかし、ピルが広く使われる中で、飲み忘れてしまった時の対応方法についてお問い合わせいただくことが増えています。
1回のサイクル(28日間)で飲み忘れをしてしまう方が9〜18%以上もいるといわれる調査もあります。(※1

ピルの飲み忘れはピルの使用中に起こる困り事でもっとも多いものの一つといえます。

そこで、今回はピルを飲み忘れた時の対応方法を解説したいと思います。

24時間以内(翌日まで)に気づいた時は飲み忘れた錠剤をすぐに服用すること。24時間(翌日)を過ぎた時は服用を中止して次の月経(生理)から再開すること

マーベロン、トリキュラー、アンジュ、ファボワール、ラベルフィーユなど国内で使用されている低用量ピルを飲み忘れた時の正しい対応方法はそれぞれを開発・発売している製薬メーカーが公式情報として提示しています。(※2

いずれも、内容は同じで以下のようなものです。

万一のみ忘れがあった場合、翌日までに気づいたならば直ちにのみ忘れた錠剤を服用し、その日の錠剤も通常どおりに服用させる。2日以上連続してのみ忘れがあった場合は服用を中止させ、次の月経を待ち投与を再開させること。なお、のみ忘れにより妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用させること。

つまり、翌日まで(24時間以内)に飲み忘れに気づいた場合はすぐに飲み忘れ分を飲み、翌日になってしまっている場合は当日分はいつもの時間に飲みます

そして、もし翌日まで(24時間以内)に飲み忘れに気づかず2日目も飲み忘れてしまい、2日連続で飲み忘れた場合はピルの使用は一旦中止して次の生理(月経)を待ちましょう

その場合、次の生理(月経)がきたら生理日初日に1錠目を飲み始めます。また、次の生理(月経)がきて新しいシートを飲み始めるまでは避妊効果を期待できなくなるのでコンドームなど他の避妊方法を併用しましょう。

28錠タイプの最後の7錠は飲み忘れても大丈夫

マーベロン28、トリキュラー28、アンジュ28、ファボワール28、ラベルフィーユ28など28錠タイプのピルの最後の7錠はお薬の成分が含まれていないプラセボ錠(偽薬)となっています。

ですので、この最後の7錠の期間中に万一飲み忘れてしまっても、もともと成分が含まれていないので大丈夫です。

この期間中に飲み忘れた時は飲み忘れ分を飲み、当日分はいつもの時間に飲んでいつもどおりのペースに戻しましょう。

プラセボ錠(偽薬)の7日間を超えて飲み忘れてしまった時は効果を期待できなくなるため、2日以上飲み忘れた時と同じく次回の生理日を待ち、それまではコンドームなど他の避妊方法を併用しましょう。

最初の1錠目の飲み忘れには特に注意

ピルを飲み忘れたり服用を中止すると、卵子が入った卵胞が成長し排卵へと近づきます。

最初の1錠目、つまり新しいピルのシートを飲み始める時は直前までお薬を飲んでいない状態や休薬期間となるため、ピルの周期の中でも特に卵胞径が大きくなり排卵前の状態に近くなります。

ピルは用法用量を守って正しく使っていれば最初の1錠目から効果を発揮するので大丈夫ですが、1錠目の飲み忘れには特に注意しておくと安心でしょう。

いままでピルを飲んだことがない方や、久しぶりに飲み始める方(直前までピルを使っていなかった方)は生理日初日(月経日初日)に新しいシートの1錠目から飲み始めるのが正解です。
このとき、何時に飲むかは自由ですが、毎日同じタイミングで飲みやすい時刻を選ぶとよいでしょう。

このとき、1錠目の飲み忘れが月経初日から遅れてしまったときもピルを飲み始めて大丈夫ですが、最初の7日間は念のためコンドームなど他の避妊方法を併用しましょう(※3

すでにピルを飲んでいて新しいシートを飲み始める場合、28錠タイプのピルをお使いの方であれば前回のシートを28錠目まで服用しきった翌日のいつもの時刻に新しいシートの1錠目から服用し、シートの切り替え時も毎日1錠ずつ飲むようにしましょう。

21錠タイプのピルをお使いの方は、21錠目まで飲んだ後に7日間の休薬期間(お薬を飲まない期間)をとってから、いつもの時刻に新しいシートの1錠目から服用します。

このとき、1錠目で飲み忘れてしまったときは通常の飲み忘れと同じ対応で大丈夫です。ただ、最初の7日間は念のためコンドームなど他の避妊方法を併用しておくとより安心です(※3

2日以上飲み忘れた時に7日以上連続して服用すれば大丈夫というのは国内製薬メーカーの指針ではない

2日以上飲み忘れても、その後毎日飲み続ければ7日ほどすれば効果が戻るという情報もあります。

WHO(世界保健機関)の指針には以下のような内容が提示されています。(※4

<実薬を1〜2錠飲み忘れた場合>
気付いたところですぐに飲むこと。

<実薬を3錠以上飲み忘れた場合>
通常通り1日1錠服用し、7日間は他の避妊方法を併用するように。3周目に実薬を3錠以上飲み忘れた場合は、今のシートを中止して新しいシートの1錠目から服用するように。

また、イギリス産科婦人科学会の指針では以下のような内容が提示されています。(※5

<1錠の服用を忘れた場合>
(直前の実薬服用から 24 時間以上 48 時間未満経過した場合)は、飲み忘れた錠剤をなるべく早く服用し、残りの錠剤は予定通りに服用すること。

<2錠以上の服用を忘れた場合>
飲み忘れた錠剤のうち直近のものをなるべく早く服用し、残りの錠剤は予定通りに服用し、7錠以上連続して服用するまでコンドームなど他の避妊を併用するか性交渉を避けること。
その際、
1)第1週に飲み忘れた場合は、休薬期間または第1週に性交渉を行った場合には緊急避妊を検討する。
2)第2週に飲み忘れた場合は、直前7日間に連続して正しく服用した場合には緊急避妊は必要ない。
3)第3 週に飲み忘れた場合は休薬期間を設けず、現在のシートの実薬を終了したらすぐに次のシートを始めること。

いずれの指針も海外組織の指針であり、国内製薬メーカーの指針の方がより厳格な内容になっているため、できれば冒頭にお伝えした国内製薬メーカーの情報に従ったほうがより厳格だと言えそうです。

ただ、受診した病院(婦人科やレディスクリニックなど)の医師によってはWHOの指針なども参考にしつつアドバイスをされるケースもあるかと思います。

おわりに

初めて低用量ピルを使うときはいろいろ疑問や不安も多いと思います。

特に飲み忘れはおこりがちなので、落ち着いて対応できるように今回の対応方法は頭の片隅に入れておくことをおすすめします。
もし、飲み忘れた後に違和感などがあるときなどは遠慮なくかかりつけの婦人科やレディースクリニックにご相談くださいね。
 

脚注・注釈

※1 
Rosenberg MJ, Waugh MS, Meehan TE.: Use and misuse of oral contraceptives: risk indicators for poor pill taking and discontinuation. Contraception 1995, 51:283-288 (III)
代表的低容量ピルであるトリキュラーでは1年間での飲み忘れを含めた失敗率は9%との報告がある。[トリキュラー添付文書より]

※2

マーベロン、トリキュラー、アンジュ、ファボワール、ラベルフィーユそれぞれの添付文書内の使用上の注意事項として飲み忘れ時の対応方法の明記があります。

本剤の投与にあたっては飲み忘れ等がないよう服用方法を十分指導すること.
万一飲み忘れがあった場合(28 錠製剤の白色糖衣錠(大)を除く),翌日までに気付いたならば直ちに飲み忘れた錠剤を服用し,その日の錠剤 も通常どおりに服用させる.

2日以上連続して飲み忘れがあった場合は服用を中止させ,次の月経を待ち投与を再開させること.なお, 飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなるので,その周期は他の避妊法を使用させること.

トリキュラー21/28 添付文書より

※3
最初の1錠目を飲み遅れてしまった時は、最初の1週間は他の避妊方法を併用することが製薬メーカーの公式情報(添付文書)となっています。

経口避妊剤を初めて服用させる場合,月経第1日目から服用を開始させる.
服用開始日が月経第1日目から遅れた場合,飲みはじめの最初の1週間は他の避妊法を併用させること.

トリキュラー21/28 添付文書より

※4
WHOによるピルの飲み忘れの対応指針:下記PDFファイルの102ページ目
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/43097/1/9241562846.pdf
Selected Practice Recommendations for Contraceptive Use.

※5
イギリス産科婦人科学会によるピルの飲み忘れの対応指針:下記PDFファイルの2ページ目
http://www.fsrh.org/pdfs/CEUStatementMissedPills.pdf
Missed Pill Recommendations.