質問

Q

生理痛でピルかロキソニンを服用したことある方教えてください!

回答済み

中学の時から生理痛がひどく病院で検査してもらいましたが、
特に異常はなく、ピルか痛み止め(ロキソニン)をすすめられました。
どちらにしようか迷っています。

生理痛がひどい方で、ピルかロキソニン、あるいは両方使ったことのある方、
使ってみて良かった点、良くなかった点などありましたら具体的に教えてください。

回答(2件)

0
A プロフィール画像

絵美
薬剤師

そもそもピルとロキソニン(解熱鎮痛剤)では効く仕組みが違いますし、使用目的も違いますので、ピルとロキソニンを比較する事自体がおかしいです。

ピルは生理不順などを伴った生理痛に効果があるものなので、生理痛の原因や生理の状況等を診断しない限りはピルを使った方がいいかどうかの判断はできません。

ですので、まずは婦人科で相談するようにしましょう。

ロキソニンは解熱鎮痛を持っていますので、生理痛による痛みにはお使いいただくことができます。

お大事にしてください。

0
A プロフィール画像

えみ
薬剤師

それぞれの長所と短所があります。
ピル
長所:生理周期の安定、生理痛の軽減、経血量の減少、避妊効果。
短所:生理時以外も毎日服用しなければいけない、痛みに対して対症療法ではない、コストが高い(低用量ピルでは保険が利かない場合がある。1ヶ月約2500円)
ロキソニン
長所:対症療法なので確実に痛みを抑えることができる。保険が効くためコストが安い。
短所:痛みを予防することはできない

女性に関するQA一覧

女性に関するお役立ち情報