質問

Q

粘膜下筋腫の治療方針について

回答済み

38歳、女性です。
5年程前から月経不順のため周期を一定にする目的でマーベロン28を服用しております。
筋層内筋腫が2つあることもわかっていましたが、昨年末から今年の1月にかけて出血が11日止まらず量も多く、婦人科へ受診しましたが薬の処方はありませんでした。

ここ数ヶ月月経の量が多い日の昼用でも1時間ほどしか持たず漏れてしまう状態で、痛みに我慢できずロキソニンも服用しております。
4月の消退出血でも塊が出たり、水のような出方をしていたので採血で貧血の有無を調べたところ「ヘモグロビン10.2」で貧血でした。
エコーでは粘膜下筋腫があるので、筋腫分娩にならないように気を付ける必要があるとの事。
鉄剤と止血剤を処方していただきました。
この2つを服用しても状態が変わらなければ手術になる可能性があると言われておりますが、 粘膜下筋腫の場合は子宮鏡での手術になりますか?
手術に踏み切る場合は早いほうが良いでしょうか?

よろしくお願い致します。

回答(1件)

0
A プロフィール画像

あい
薬剤師

筋腫の治療は症状の進行具合、大きさによって経過観察となることもあれば、スプレキュア・リュープリンなどのGnRHアゴニストと呼ばれるお薬による治療となることもあります。
筋腫は良性なので、早く切るという判断だけでなく、経過観察をするという判断もあるというのが特長です。
もちろん症状・状態によって外科的治療(手術)が取られることもあります。
いちばん大切なのは、治療内容を理解しつつ、ご本人様も症状に合わせて医師と一緒に治療方法を選択していただくということではないかと思います(手前味噌な回答で申し訳ございません)

外科的治療(手術)が取られるときは、筋腫の大きさ、症状、今後の妊娠希望の状況などによって手術方法がいくつかでてきますが、子宮筋腫核出手術が取られることが多いかと思います。(今後の妊娠希望がない場合は、根本治療を狙って子宮の摘出を選択される方もいます)

子宮筋腫核出手術は腹腔鏡(内視鏡・子宮鏡)でも開腹でもとられることがありますが、このあたりは病院によって対応が変わる部分もあるかと思いますので、ご通院されている病院にもご確認いただくとよいかと思います。

腹腔鏡(内視鏡・子宮鏡)での手術を行っている病院によっては、件数をPRしているところもあります。
例:
四谷メディカルキューブさん
http://www.mcube.jp/womans/explanation/fibroid_03.html
聖マリアンナ医科大学病院さん
http://www.marianna-u.ac.jp/obgyn/html-h/ope/
など。

筋腫は貧血(鉄分が不足することでの貧血)、過多月経(月経の量が多めになる)、生理痛などが起こりやすくなるものですし、粘膜下筋腫は筋腫の中でも症状が強めではあるのでお辛いかと思いますが、ぜひご通院先の医師とも治療方針を納得いくまで相談していただければと思います。

お大事にしてください。

女性に関するQA一覧

女性に関するお役立ち情報