【薬剤師監修】おすすめ妊娠検査薬を検査のタイミング・時間・値段ごとに紹介!希望に沿った選び方を

あなたの希望に沿った妊娠検査薬を選べます。妊娠検査薬の選び方のポイント、フライング検査・デジタル表示の・お手頃価格ごとにおすすめの妊娠検査薬を紹介します!

そもそも妊娠検査薬とは?

妊娠検査薬は、薬局やインターネットで手軽に購入でき、妊娠の有無を高い確率で判定できる優れものです。

妊娠が成立すると分泌されるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激)というホルモンが尿中に含まれているかどうかを検出し、妊娠の有無を判定します。

妊娠検査薬の使い方

現在市販されている妊娠検査薬は、主に棒状です。

テストスティックの採尿部に尿をかけた後、平らな場所に検査薬を置いて判定結果が表れるのを待ちます。尿を採尿部に直接かけるのではなく、容器にとって採尿部を浸す方法もあります。

妊娠検査薬の選び方のポイント

妊娠検査薬はさまざまな種類が販売されていて、何を選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。そんな方に妊娠検査薬を選ぶ際のポイントを紹介します。

検査をするタイミングで選ぶ

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用できます。

製品のなかには生理予定日当日から使用できる早期妊娠検査薬があります。一般的な妊娠検査薬はhCG濃度が50IU/Lで検出できますが、早期妊娠検査薬は25IU/Lで検出できるという感度の違いがあります。

早い時期に検査することをフライング検査ということもあります。生理予定日の1週間後まで待てない!という方は早期妊娠検査薬を選びましょう。

しかしながら、フライング検査ではhCGの分泌量が十分でない場合、妊娠していても陰性反応が出る可能性があります。陰性反応が出ても生理が来ないときは、日にちをおいて再度検査をすることになります。

測定時間と判定時間で選ぶ

メーカーによってテストスティックに尿をかける時間や、陽性か陰性かの判定結果が出るまでの時間が異なります。

「判定結果を早く見たい」、「尿をかける時間が少ない方がいい」など、自分に合ったものを選びましょう。

値段で選ぶ

妊娠検査薬には、生理予定日1週間後から使える一般的なもの・早期妊娠検査薬・デジタル表示で判定結果がわかるものがあります。

通常の妊娠検査薬よりも、早期妊娠検査薬やデジタルの方が値段は高い傾向があります。また、ほとんどの検査薬に1回用と2回用があり、2回用の方が割安になっています。

おすすめ妊娠検査薬一覧

現在、日本で市販されている妊娠検査薬の中からおすすめの製品を紹介します。

商品名 特徴
チェックワンファスト フライング検査ができる
チェックワン デジタル 判定結果がデジタル表示で明確
チェックワン 判定結果が残る
クリアブルー 1分で判定結果がわかる
P-チェック・S ロングタイプ
ドゥーテスト®・hCG 2秒で測定できる
ウー・マンチェック 判定方法をテストスティックに記載

海外の個人輸入商品について

現在、日本で正規販売されているフライング検査ができる妊娠検査薬は一種類ですが、海外ではさまざな製品が販売されておりインターネットで入手することができる状況です。

しかしながら、個人輸入する医薬品の場合、国の検査を通っていないため、検査薬の精度や安全性で不安が残ることは否めません。正しい検査結果を得るためにも、日本で正規販売されている妊娠検査薬を使うことをおすすめします。

フライング検査ができる妊娠検査薬

チェックワンファスト


 
感度 25IU/L
判定精度 99%以上
尿をかける時間 3秒
判定時間 1分
特徴

・日本製で唯一生理予定日当日に検査ができる
・判定結果が1分の早さでわかる
・判定結果が残る

メーカー希望小売価格 1080円/1回用

チェックワンファストは、日本製で唯一フライング検査ができる早期妊娠検査薬です。 また、ほとんどの妊娠検査薬が10分程度で判定結果が消えたり無効になりますが、チェックワンファストは判定結果が残るため、パートナーに結果を見せることができます。

一般的な妊娠検査薬は一般用医薬品に分類されますが、チェックワンファストだけは医療用医薬品に分類されているため、薬剤師がいる薬局でのみ購入が可能です。薬剤師から説明を受けるので不安な点も相談することができるメリットといえるでしょう。

【医療用医薬品の購入時の注意】

・薬剤師の対面による情報提供が必要
・販売時に購入者の名前
・住所・電話番号を記録

判定結果が明確!デジタル表示の妊娠検査薬

チェックワンデジタル

感度 50IU/L
判定精度 99%以上
尿をかける時間 5〜7秒
判定時間 1〜3分
特徴 ・判定結果が「+」か「ー」でデジタル表示
・判定結果が1時間表示に残る
Amazon価格 2200円/3回用

チェックワンデジタルは判定窓が液晶画面で、「+」か「-」で判定結果がはっきり表示されることが特徴です。 一般的な妊娠検査薬の判定結果は、判定窓に色のついた線が表示されるようになっています。検査結果によっては線の色が薄く陽性か陰性かわかりにくい場合があります。 生理予定日1週間後から使用できます。薬局・ドラッグストア・登録販売者がいるコンビニエンスストア・Amazonなどのインターネットで購入することが可能です。

妊活中の方に!お手頃価格の妊娠検査薬

妊活中など、頻繁に妊娠検査薬を使用したい方は値段で製品を選ぶこともひとつの手です。

チェックワンファストやチェックワンデジタルに比べると価格が安い製品を紹介します。正しい使用時期や使い方を守れば、判定の精度はどれも99%以上と変わりません。

薬局・ドラッグストア・登録販売者がいるコンビニエンスストア・Amazonなどのインターネットで購入することが可能です。店舗にもよりますが、インターネットでの購入が比較的安価だといえます。また、2本分セットになっている2回用が割安です。

なお、ここで紹介する妊娠検査薬は、すべて生理予定日1週間後から使用する製品です。

チェックワン

感度 50IU/L
判定精度 99%以上
尿をかける時間 3秒
判定時間 1分
特徴 ・判定結果が1分の早さでわかる
・判定結果が残る
Amazon価格 545円/1回用

クリアブルー

感度 50IU/L
判定精度 99%以上
尿をかける時間 5秒
判定時間 1分
特徴 ・妊娠検査薬では知名度が高く人気の商品
・1分ですばやく判定
Amazon価格 598円/1回用

P-チェック・S

感度 50IU/L
判定精度 99%以上
尿をかける時間 5秒以上
判定時間 1〜3分
特徴 ・5回用もあるので数が欲しい方に
・ロングタイプで採尿部分も大きく使いやすい
Amazon価格 530円/1回用

ドゥーテスト・hCG

感度 50IU/L
判定精度 99%以上
尿をかける時間 2秒
判定時間 1〜3分
特徴 ・わずか2秒でしっかり測定
・採尿部が大きくはねにくい構造
Amazon価格 596円/1回用

【第2類医薬品】ウー・マンチェック 2回用

 
感度 50IU/L
判定精度 99%以上
尿をかける時間 5秒以上
判定時間 1〜3分
特徴 ・判定方法をテストスティックに記載
・持ちやすい親指グリップと大きい採尿チップを採用
Amazon価格 430円/1回用

※この記事にある商品の価格はすべて税込価格です。「チェックワンファスト」以外は、2017年3月時点のAmazon価格を記載しています。

おわりに

妊娠検査薬は、どれも高い確率で判定できる優れものですが、それは正しい使い方あってのもの。ご自身に使い勝手の良いものを薬剤師、登録販売者と相談しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

チェックワンデジタル

チェックワン

クリアブルー

P-チェック・S

ドゥーテスト・hCG

ピックアップ特集

よく見られている症状