妊婦の便秘について|解消方法と妊娠中も使える市販薬を紹介

妊婦が便秘になる原因と便秘の解消方法について徹底解説。妊娠中に便秘になりやすい原因を、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期の時期ごとににわけて解説します。また、妊娠中でも使用できるミナカラ薬剤師おすすめの便秘に効く市販薬もピックアップ。便秘の解消に役立つ食べ物や便秘の予防・解消方法についてもあわせて紹介します。

一般的に便秘とは、排便の回数が減ったり排便が順調に行われなかったりする状態のことをいいます。

数日間排便がない状態も便秘ですが、1日1回排便があっても、量が少ない・すっきりしない・便が硬いといった場合も便秘に当てはまります。

便秘になる原因は水分不足や運動不足などさまざまありますが、とりわけ妊婦は便秘になりやすく、人によっては数週間便秘が続くこともあります。

この記事では、妊婦の便秘の原因と解消方法について詳しく解説します。

妊娠初期の便秘の原因

妊娠すると多くの方が便秘を経験します。

妊娠初期で便秘になる主な原因は、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌量が増加することです。

黄体ホルモンの分泌量が増加すると交感神経が活発になり、腸管の動きが抑制されて排泄作用が弱まることで便が出にくくなるのです。

また、妊娠することによって食事内容が変化することや運動量が低下することも、妊婦が便秘になりやすくなる理由の一つです。

妊娠中期・後期は特に便秘になりやすい

もともと妊娠中は、黄体ホルモンの分泌量が増加する影響で便秘になりやすくなります。

加えて、妊娠が中期・後期と進むにつれて胎児が成長して大きくなるため、子宮が増大します。

子宮が増大すると次第に腸管を圧迫するようになり、腸管の正常な働きが妨げられて便秘になりやすくなります。

妊娠前は便秘になったことがない方であっても、妊娠して初めて便秘になることは十分あり得ます。

妊婦の便秘に効くおすすめの市販薬

妊娠中に便秘が重症で長く続く場合は医師の治療を受ける必要がありますが、症状が軽い場合は自分で改善できることがあります。

便秘を自分で改善したい場合は、食事の見直しなどのほか、市販薬を使用することも有効です。

なお、妊娠中に薬を使用すると、成分によっては母体や胎児に悪影響を与えてしまう場合があるため、薬を購入の際は薬剤師に妊娠中であることを伝えましょう。

便秘の改善に効果のある、ミナカラ薬剤師おすすめの市販薬は次のようなものがあります。

3Aマグネシア

腸を刺激しないお腹にやさしい便秘薬です。残っている便が出切ったら、飲む量を減らすこともできます。

便秘に効くほか、便秘にともなう頭重感・肌あれ・吹出物・食欲不振・腹部膨満感・痔などにも優れた効果を発揮します。

3Aマグネシアは体内の水分を腸に集めることで効果を発揮するため、水分は多めに摂取した方がより効果が期待できます。使用時はコップ1杯分以上の水を飲みましょう。

新ビオフェルミンS錠

大腸まで生きたまま届く3種類の乳酸菌がバランスよく配合された、腸内環境を整える薬です。

便通を整えて、便秘・軟便・腹部膨満感などを改善します。わずかに甘みがあるので飲みやすいのが特徴です。

妊婦の便秘におすすめの食べ物

妊娠中の便秘の場合、病院で行われる治療法は基本的に、薬物を使わない食事療法が第一選択となります。

便の排泄をうながす成分を含む食べ物を意識的に食生活に取り入れましょう。

便秘に役立つ食べ物は次のようなものがあります。

摂取が推奨されるもの 働き 食材
水溶性食物繊維 腸内環境を整えて軟便形成うながす キウイ・りんご・イチゴ・桃・みかん・海藻・こんにゃく・にんじん・ほうれん草・大根・玉ねぎ・かぼちゃ・トマト・じゃがいも・里芋・長芋・大和芋など
不溶性食物繊維 便のかさを増して便通を整えるとともに、有害物質を吸収して排泄をうながす ごぼう・レンコン・なす・にら・セロリ・セリ・トウモロコシ・ゼンマイ・サツマイモ・大豆・納豆・あずき・シイタケ・えのき・エリンギ・しめじ・玄米・ライ麦・切り干し大根など
乳酸菌 腸内細菌の善玉菌の割合を増やして腸内環境を整える

ヨ-グルト・乳酸飲料・納豆・漬物・チーズなど

オリゴ糖 乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって善玉菌の増殖をうながす ごぼう・玉ねぎ・ねぎ・にんにく・バナナ・アスパラガス・ライ麦・大豆など

食物繊維を摂取するときは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のいずれか片方だけを取り入れるのではなく、両方をバランスよく摂取しましょう。

また、お腹の調子が良くないときは、無理して1日3回でたっぷり食べるのではなく、食事の回数を5~6回に増やして少しずつ食べるようにしましょう。

便秘の解消に役立つ食べ物について、詳しくは関連記事をごらんください。

妊婦の便秘の予防・解消方法

妊娠中の便秘を予防・解消するために、自分でも意識してできることがあります。

できることなら薬に頼りたくないという方は、日常生活において次のようなことを実行してみましょう。

水分を十分にとる

水分を十分にとると便秘になりにくくなります。

水分の中でも水や野菜・果物のジュースは、便を軟らかくして腸の動きを活発にする働きが期待できるので、積極的に摂取しましょう。

がんこな便秘にはプルーンジュースを飲むこともおすすめです。

適度な運動をする

体を動かすと腸の動きが活発になります。

可能であれば毎日30分ほど早歩きで散歩することが理想ですが、体調的に難しければ10分ほどでも構いません。

なお、ジョギングなどの比較的激しい運動をする場合は、事前に病院に行き、医師に許可を得てからにしましょう。

ツボを押す

ツボを押すことで腸の働きを高める働きが期待できます。

おすすめのツボは「合谷(ごうこく)」です。

ツボを押すときは、ツボに力が伝わりやすいように垂直にゆっくりと押すようにしましょう。押す強さは「痛気持ちいい程度」がおすすめです。

おわりに

食生活の改善や適度な運動をしても便秘が解消できないときは、一度産婦人科で相談してみましょう。

医師に相談すれば、妊娠中でも使用できる便秘薬を処方してもらえることがあります。

また、妊娠中に使用されることが多い貧血薬や鉄分のサプリメントが便秘の原因になることもあるので、医師に相談する際は薬やサプリメントを常用している旨も伝えましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

3Aマグネシア

新ビオフェルミンS錠

便秘のお役立ち情報

便秘に関連するQA