質問

Q

便秘による悪影響にはどういったものがありますか

回答済み

便秘による悪影響にはどういったものがありますか?

よくぽっこりお腹や、顔色や肌の色が悪くなるといった事は聞きますが、実際のところどういった悪影響が多いのでしょうか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

利枝
薬剤師

一時的な便秘であれば便通が良くなる事で便秘以外の悪影響を感じる事は少ないですが、慢性的な便秘になると以下のような悪影響が出る事があります。

まず、お腹の張り(ぽっこりおなか)、おなら、お腹の痛み・もたれ・吐き気をから、げっぷや胸やけといった胃腸の症状は割と出やすいとされてます。

便秘によって排泄されない便が腐敗してガスをだしてしまったり、ガスで胃腸が膨張して圧迫されたりといったことが起きるためです。

便秘が慢性的になり、ひどくなると肌荒れや吹き出ものができたり、口臭等が悪くなったり、自律神経にも悪影響を及ぼし、頭痛・肩こり・めまい・時には全身のだるい感じやしびれまで出てくる事があります。

これは、便秘によって便が排泄されないために大腸内にたまった有害物質を体がなんとか体外に排泄しようとして、いったん腸から血管内に有害物質を吸収し、汗や油脂などの体液として体外に排出しようとするためで、体液に有害物質が徐々に登場してしまうために起こります。

これらはあくまでも一例で、これらの多くが出る方もいれば、あまり出ない方もいますし、コレ以外の症状が出てしまう方もいます。

慢性的な便秘用の新しいお薬「アミティーザ」なども最近でてきてますので、便秘でお困りな方は恥ずかしがらず早めに内科などにご相談いただければと思います。

便秘に関するQA一覧

便秘のお役立ち情報