質問

Q

ねんざが一年治りません

回答済み

昨年の夏にスケートボードで捻挫をし、その後1年たちますが、時折軽く痛むのと、特定の方向に曲げようとするとわずかに痛みがあります。
当初のころよりはかなり良くなっているのですが、例えば全速力で走るとかはまだ怖く、このまま完治しなかったら・・と思っています。
レントゲン&CTまでやってもらいましたが問題はなし。
ねんざの完治に1年以上かかる、もしくはそのまま治らないなどあるのでしょうか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

きな
薬剤師

足首の捻挫ということでよろしいでしょうか?
結論として完治するまで長引いてしまうことはあります。

特定の方向に曲げようとすると痛みがあるということなので、骨性もしくは靭帯(骨と骨を結ぶバンドのようなもの)に器質的な障害があると思われます。
レントゲンやCTなどでは骨折と靭帯の損傷の有無を診ているのですが、靭帯の損傷についてはストレスレントゲンテスト(捻挫したときにひねった方向にねじりながら撮影する)をする必要があります。撮影した際にこのテストをしたかどうかを確認してみてください。
ただし、少々の損傷であれば、このレントゲン撮影では分からないケースもあるのでその際は痛みがある特定の方向に動かし、どこの靭帯や軟部組織に損傷があるのかまたは関節、筋肉の動きが悪いのかを確認して頂くことが必要かと思います。
特に靭帯の弛みなどで関節が不安定になってしまう場合は足首周囲の筋肉で安定化を図る必要があるため別途適したトレーニングを指導して頂く必要があります。

整形専門でリハビリ科のあるクリニックに受診し、評価や訓練方法を指導して頂くとよいでしょう。
靭帯がゆるんでしまい何回も捻挫をしたり、痛みをかばってしまう動作がクセづいて周囲の筋肉や関節に影響を及ぼすこともあるので一度きちんと治療を受けることをおススメいたします。


以下に捻挫に対する標準的な簡単に出来るリハビリ内容(可動域を広げることと、使っていなかった筋肉を動かすこと)を記させて頂きました。
◎タオルギャザー:
椅子に座り、80~90センチのタオルの片方の端にに 両足を裸足でのせ、もう片方には1キロの重りをのせます。重りの乗ったタオルを両足の指だけで(グーパーす る感じで)自分の方に引き寄せる。
椅子に座り、足の裏を地面につけたまま前後に動かし、足首の可動域を広げる
◎スクワット:
壁に向かい合い20センチほど離れ、壁に手をつき踵を上げ、ゆっくり5秒数えおろします。 20回×2セット
これは足首がまだ硬いと、あまり膝を曲げられませんが、 少し痛いところまでまげると、可動域を広げる運動にもなります。

何もしていないときに痛みが合った際は無理せず安静にし、温めて対処してみてください。
何かご不明な点がありましたら是非コメントください。お大事にしてください。

手・足に関するQA一覧