【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

質問

Q

在宅酸素吸入をしたいのですが、医師から「安定して酸素不足の人はできるが、発作の起きる人はだめだ」と言われました。どうしたら呼吸が楽になりますか?

回答済み

ふだんから酸素不足で息切れがし、発作時はさらに不足して呼吸が非常に苦しくなります。

在宅酸素吸入をしたいのですが、医師から「安定して酸素不足の人はできるが、発作の起きる人はだめだ」と言われました。
どうしたら呼吸が楽になりますか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

さゆり
薬剤師

本来在宅酸素療法とは、肺気腫 や慢性気管支炎あるいは結核後遺症等の慢性呼吸不全(呼吸機能が低く、いつも酸素不足のある人)の補助治療法として日常的に酸素を吸入する療法で、保険の適用があります。

酸素療法には気管支拡張作用はないので、気管支喘息のように一時的に気管支が収縮して酸素不足になるような疾患では、発作時に他の薬と一緒に補助的に使用することはありますが、日常的に吸入することはありません。

もしふだんから酸素不足があるとすれば、まず気管支喘息以外に病気がないかを調べることです。気管支喘息の場合も、発作時に低酸素状態を改善するために酸素を吸入しながら来院することは大切なことです。

ただ、酸素療法はあくまで補助療法であって、気管支喘息発作の根本的な治療ではないので、自覚的に楽になっても気管支拡張薬の吸入や点滴を受けに病院に来るのが遅れないよう充分注意してください。