子供や赤ちゃんも水虫になるって本当?

水虫は性別・年齢に関係なく発症する病気です。

足がかゆい・足の皮がむける・足の裏がかたくなるといった水虫が疑われる症状が子供に現れた場合は、正しい対処と治療が必要になります。

水虫の原因菌は白癬菌

水虫は正式には「白癬(はくせん)」と呼ばれる皮膚の病気です。

「白癬菌(はくせんきん)」という真菌の一種が皮膚の角質層に寄生することによって水虫になります。

白癬菌は高温多湿なところで繁殖しやすい特徴があるため、靴や靴下で蒸れやすい「足」に水虫の症状が出る方が多いです。

水虫の原因は細菌ではなく、真菌というカビの一種であるため、真菌に効果のある治療薬を使用しないと意味がありません。

靴下や靴を履く時間が増えると水虫になりやすくなる

水虫は白癬菌が皮膚に寄生することによって発症しますが、白癬菌は長時間足に付着していないと水虫にはなりません。

小さな赤ちゃんは長時間靴下や靴を履く機会が少ないため、水虫を発症するリスクが低くなります。しかしある程度成長し、1日中靴下や靴を履く機会が増えると、子供でも水虫を発症するリスクが高まります。

子供・赤ちゃんの水虫はどこからうつる?

水虫の原因となる白癬菌は、靴や靴下だけでなく、水虫になっている人からはがれ落ちた皮膚にも多く存在しています。

水虫になると皮膚がカサカサになってポロポロとはがれ落ちやすくなります。

はがれ落ちた皮膚には白癬菌がたくさん存在しているので、皮膚に触れる・踏むなどで接触すると白癬菌に感染するおそれがあるのです。

家庭内の感染経路

家庭内に水虫の人がいる場合、畳・床・足ふきマット・スリッパなどいたるところにはがれ落ちた皮膚がついています。

足ふきマットや絨毯などを長い間共有していると、それらに付着した白癬菌から水虫に感染してしまいます。特に足の水虫は家庭内からの感染が非常に多いため注意が必要です。

そのほかの感染経路

銭湯やプールなどの公共施設では、更衣室の床や足ふきマット・トイレのサンダルなどを日常的に不特定多数の人が利用しています。

中には水虫の人もいることがあるため、気づかないうちに白癬菌を踏んだり触ったりしてしまうおそれがあります。

子供・赤ちゃんの水虫症状が現れる部位

水虫の症状は大人も子供もほぼ同じです。

水虫が発症する体の部位や症状は次のようなものがあります。

足の水虫

足の水虫は足白癬(あしはくせん)といい、主に3つのタイプがあります。

 

①趾間型

足の指の間の皮膚が白くふやけてジュクジュクし、皮が剥けるタイプ。

②小水疱型

足の裏や土踏まず周辺、足のふちなどに小さな水疱が沢山でき、それが破裂して皮がむけるタイプ。

③角質増殖型

足裏全体に生じる水虫で、足の裏の皮が硬くなるタイプ。ひび割れをともなうケースもある。

 

足の水虫はかゆみの症状が出るイメージが強いですが、実際はかゆみをともなう足白癬は全体の10%程度です。

爪の水虫

爪の水虫は爪白癬(つめはくせん)といいます。

足の爪が変形する・厚くなる・色が白や黄色に濁るといった症状が現れますが、痛みやかゆみを感じることはほとんどありません。

爪白癬は薬が浸透せず、市販薬では治療ができないため、必ず病院を受診するようにしましょう。

その他の部位

水虫は足に出ることが多い病気ですが、以下の部位にも症状が出ることもあります。

 

・頭

頭部白癬(とうぶはくせん)の主な症状は頭皮のカサカサや紅斑。髪の毛が楕円形に抜けたり頭皮の表面にフケのような細かいクズが出たりすることがある。戦前はよく見られたが、現在は稀。

・陰部

股部白癬(こぶはくせん)または「いんきんたむし」と呼ばれる。太ももの付け根が赤くカサカサして、かゆみをともなう。比較的男性がなりやすい傾向がある。

・手

手白癬の主な症状は、皮膚が赤くなる・カサカサする・かゆみ・水ぶくれなどがある。

子供・赤ちゃんの水虫の治療方法

水虫の治療は主に、白癬菌に効果のある塗り薬や飲み薬を使用します。

まずは病院を受診しましょう

水虫の診断はその場で検査が行われ、早ければ数分で結果がわかります。

水虫かどうかの確定診断は、症状が現れている部分の皮膚を採取して顕微鏡を使い、医師が目視で菌の有無を確認します。

万が一、出ている皮膚症状の原因菌が白癬菌ではなかった場合、水虫の市販薬を使用しても効果がありません。まずは病院を受診して水虫かどうかの確定診断を受けるようにしましょう。

薬は最低でも1ヶ月は塗りつづける

薬を使用して症状が良くなっても、最低でも1ヶ月は使用を続けるようにしましょう。

白癬菌は自覚症状がなくても患部に残っている危険性があるため、自己判断で薬の使用をストップするのは大変危険です。

2回目以降の水虫は市販薬の使用OK

過去に医師から水虫と診察を受けている場合、2回目以降の発症は市販薬を使用しても問題ありません。現在は処方薬と同じ成分が配合されている市販の水虫薬もあるので、それぞれ子供に合った水虫市販薬を購入しましょう。

子供・赤ちゃんの水虫にも効く市販薬

水虫治療における市販薬の場合は塗り薬がメインです。

子供・赤ちゃん用の水虫薬というものはなく、大人が使用する薬と同じものを使用します。

※乳幼児(0歳〜1歳未満)が使用する場合は医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

症状に合わせて適した剤形のお薬を選ぶと良いでしょう。

症状 おすすめの剤形

患部が広範囲に広がっている(水疱ができている場合など)

クリームタイプ

患部がジュクジュクしている

パウダータイプ

患部がカサカサして硬くなっている

液状タイプ

患部に傷がある

軟膏タイプ

クリームタイプ

ハイミズムシールEXクリーム

ハイミズムシールは薬剤師によって開発されたクリームタイプの水虫薬です。クリームタイプの水虫薬には以下のようなメリットがあります。

 

・伸びが良いため、広範囲の患部や、指の間等の薬が塗りにくい部位に適している
・軟膏よりもべと付きが少ないため、皮膚がベタベタするのを嫌がる赤ちゃんや子供におすすめ
 

ハイミズムシールは処方薬にも使用されている成分である「テルビナフィン塩酸塩」を配合。かゆみ止め成分や抗炎症成分、雑菌の繁殖を抑制するための殺菌成分も含まれるため、水虫の症状全般的に対応しています。

子供の肌に薬剤が合うかなどの不安を感じている保護者の方でも、ハイミズムシールは日本初5gサイズの小規格もあり、試し使いにも便利です。

また、商品に添付してあるQRコードを読み取ることで無料で薬剤師へ相談ができるため、「症状がおさまらなくて心配」「使い方は合ってる?」などのお悩みにも安心してご使用いただけます。

※当社調べ

パウダータイプ

ブテナロックVα爽快パウダー

患部がジュクジュクしている場合はパウダータイプの市販薬がおすすめです。水虫が発生する場所として多い指の間では、ふやけて皮がめくれることで体液が出てきてしまうことがあります。パウダータイプはそういった湿潤している部分の乾燥を助けます。

ブテナロックVα爽快パウダーは処方薬の「メンタックスクリーム」と同成分の「ブテナフィン塩酸塩」を配合しています。

液状タイプ

ラマストンMX2液 17ml

患部が乾燥し、硬くなっている場合は液状タイプがおすすめです。液状タイプは浸透性が良いため、硬くなった部分にもしっかり成分が行き渡ります。

ラマストンMX2液は処方薬の「メンタックスクリーム」と同成分の「ブテナフィン塩酸塩」を配合しています。

 

軟膏タイプ

軟膏タイプは傷がある場合も刺激になりにくくしっかり患部を保護します。

薬の管理を本人ができず、保護者の方が塗ってあげる場合は、なるべく塗る回数が少ない方が手間にならないかもしれません。

「ピロエースZ軟膏」は1日1回の使用でOK。

処方薬の「アスタット」と同じ成分の「ラノコナゾール」を配合しています。

 

症状や剤形など、水虫の市販薬の選び方に関しては下記の記事にまとめているので、ぜひごらんください。

家庭でできる子供・赤ちゃんの水虫予防・対策法

水虫の予防・対策に大切なことは、清潔な環境と乾燥です。

皮膚に付着した白癬菌は石鹸で洗い流すことができるので、毎日お風呂に入るなど、普段から足や体を清潔に保ちましょう。

ほかに身近にできる水虫の予防・対策としては次のようなものがあります。

 

・スリッパやサンダル、足ふきマットの共用は避けてこまめに洗う
・靴はこまめに洗い、中までしっかりと乾燥させる
・靴は2~3足をローテーションして履く
・お風呂から上がる前にシャワーを浴びる
・入浴後は指の間もしっかりと拭く
・水虫の人とは素足で触れ合わない
・畳や床をこまめに掃除して清潔に保つ

子供・赤ちゃんが水虫になった場合保育園やプールは参加OK?

子供が水虫になってしまった場合、周囲の方へ感染するリスクも考慮する必要があります。感染を広めないためにも、保護者が注意をすることが重要です。

保育園や幼稚園への登園はOK?

水虫は学校保健安全法にある「学校伝染病」には指定されていないため、出席停止義務等はありません。しかし、保育園や幼稚園では、床やマットなどの裸足で他の子供と接触するスペースが多いです。周囲への感染リスクを減らすためにも、子供に水虫の症状がある場合は、念のため園に連絡をした方が良いでしょう。

プールへの参加はOK?

プール水や足洗い槽で水虫に感染することはありませんが、共有のマット等に白癬菌が落ちて、それが感染源となる危険性があります。水虫の症状が強い場合は、プール施設の使用を禁止して、まずは治療に専念した方が良いでしょう。皮膚が乾燥して水虫の症状がある程度軽くなれば、プールへの参加は問題ありません。