水虫のかゆみ症状が出やすい部位

水虫の自覚症状の1つにかゆみがあります。白癬菌は足や手、頭など、身体のさまざまな部位に感染しますが、かゆみの症状が比較的出やすいのは「足」と「股間」です。

足の水虫

足の水虫は足白癬(あしはくせん)といい、主に3つのタイプがあります。

 

①趾間型(ジュクジュクタイプ)

足の指の間の皮膚が白くふやけてジュクジュクし、皮が剥けるタイプ。かゆみは出たり出なかったりとさまざまです。

②小水疱型(ポツポツタイプ)

足の裏や土踏まず周辺、足のふちなどに小さな水疱が沢山でき、それが破裂して皮がむけます。強いかゆみが出ることがあり、足の水虫の中でもかゆみ症状が一番出やすいタイプです。

③角質増殖型(カサカサタイプ)

足裏全体に生じる水虫で、足の裏の皮が硬くなるタイプ。かゆみが出るケースは少ないですが、ひび割れをともなうことがあります。

股間の水虫(いんきんたむし)

いんきんたむしを発症すると、性器周辺の皮膚が擦れ合う部分に、円形〜半円形の赤く盛り上がった発疹があらわれます。強いかゆみをともなうことが多く、場合によっては痛みの症状が出るケースもあります。

かゆみのある水虫は市販薬で治せる?

水虫の原因は細菌ではなく、真菌というカビの一種であるため、真菌に効果のある抗真菌薬を使用すれば治療が可能です。現在は市販でも抗真菌薬が販売されており、処方薬と同じ成分を配合した市販薬も販売されています。

原因が白癬菌かどうか検査が必要

水虫は市販薬でも治療が可能ですが、それは原因が白癬菌だと断定できている場合のお話です。かゆみの症状が出る皮膚疾患は水虫以外にもあり、万が一原因が白癬菌ではなかった場合、抗真菌薬を使用しても意味がありません。まずは病院で検査を受けるようにしましょう。

水虫にステロイドの使用は厳禁

かゆみの症状があるとステロイド薬を使用する方がいますが、水虫の原因菌は白癬菌であるため、ステロイド薬を使用しても意味がありません。

むしろ、水虫にステロイド薬を使用すると、かえって症状がひどくなる危険性があるため、自己判断で市販のステロイド薬を使用するのはやめましょう。

かゆみに効果のある水虫市販薬の選び方

水虫の治療薬には白癬菌をおさえる「抗真菌成分」が配合されていますが、その他にもさまざまな成分が配合されています。

かゆみをおさえる成分

 

抗ヒスタミン成分

クロルフェニラミン塩酸塩

ジフェンヒドラミン塩酸塩

局所麻酔成分 ジブカイン塩酸塩 リドカイン

鎮痒成分

クロタミトン

抗炎症成分

 

グリチルレチン酸類

水虫のかゆみの症状が強い場合は、抗ヒスタミン成分や局所麻酔成分、鎮痒成分が配合された水虫薬を選ぶと良いでしょう。

また、かゆみを我慢できず患部を搔きむしってしまうと、皮膚がただれて炎症を起こすことがあります。その場合は抗炎症成分が配合された水虫薬がおすすめです。

 

また、かゆみは外的刺激によっても引き起こされることがあります。肌が擦れ合う部位やモノに触れることが多い部位にかゆみが生じている場合は「クリームタイプ」や「軟膏タイプ」などの比較的基剤がしっかりしたテクスチャーを選ぶと良いでしょう。皮膚がコーティングされ、かゆみの緩和につながる可能性があります。また、患部の範囲が広い場合はクリームタイプのような伸びのいい剤形を選択することがおすすめです。

おすすめの剤形 特徴

クリーム

・皮膚の保護に効果的

・伸びがいい

軟膏

・皮膚の保護に効果的

・刺激が少ない

・べとつく

水疱ができていたり、ただれてジュクジュクしているような患部にもクリームや軟膏は適しています。特にかゆみがひどいとただれたり、傷ができてしまいがちなので、刺激が少なく、皮膚の保護に向いた剤形を使用しましょう。

かゆい水虫に効くおすすめ市販薬

かゆみのある水虫におすすめの市販薬をご紹介します。剤形や成分、薬の特徴を照らし合わせて、ご自身の症状に合ったお薬を選択しましょう。

 

ハイミズムシールEXクリーム

抗真菌成分 その他の有効成分 剤形 特徴

テルビナフィン塩酸塩

・グリチルレチン酸

・イソプロピルメチルフェノール

・ジフェンヒドラミン塩酸塩

クリーム

・かゆみに効く

・においに効く
・炎症に効く
・薬剤師に相談可

ハイミズムシールは薬剤師によって開発されたクリームタイプの水虫薬です。

抗真菌成分であるテルビナフィン塩酸塩、雑菌の繁殖を抑制するための殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノールを配合しています。

かゆみ止め成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩も含まれるため、かゆみの症状がある場合にも対応。グリチルレチン酸によりただれて炎症が起きているような患部にも対応できます。

日本初の5gと10gの2つの規格があり、試し使いにも便利です。

また、商品に添付してあるQRコードを読み取ることで無料で薬剤師へ相談ができるため、「症状がおさまらなくて心配」「使い方は合ってる?」などのお悩みにも安心してご使用いただけます。

※当社調べ

 

抗真菌成分 その他成分 剤形 メリット

ブテナフィン塩酸塩

・塩酸リドカイン

・dl-カンフル

クリーム ・強いかゆみに効く

ラマストンMX2は抗真菌成分としてブテナフィン塩酸塩を配合。さらにかゆみ止め成分として塩酸リドカイン、dl-カンフルの2種が含まれているため、かゆみが強く掻きむしってしまうような水虫に適しています。

 

ピロエースWクリーム

抗真菌成分 その他の有効成分 剤形 特徴

ピロールニトリン

クロトリマゾール

・クロタミトン

クリーム

・かゆみに効く

・抗真菌成分を2種類配合

ピロエースWクリームは2種の抗真菌成分ピロールニトリン、クロトリマゾールが配合されています。

かゆみ止め成分のクロタミトンも含まれているため、かゆみが強い場合におすすめです。クリームタイプで伸びがいいため、指の間などの塗布が難しい部位にも使いやすくなっています。

 

ピロエースW 軟膏

抗真菌成分 その他の有効成分 剤形 特徴

ピロールニトリン

クロトリマゾール

・クロタミトン

軟膏

・かゆみに効く

・抗真菌成分を2種類配合

ピロエースW軟膏は2種の抗真菌成分ピロールニトリン、クロトリマゾールが配合されています。

かゆみ止め成分のクロタミトンも含まれているため、かゆみが強い場合におすすめです。

軟膏タイプは患部を保護する役割もあるため、かゆみのもととなる外的刺激からも守ります。

 

抗真菌成分 その他の有効成分 剤形 特徴

チアントール

・ジフェンヒドラミン

・ジブカイン

・イソプロピルメチルフェノール

・イオウ

・酸化亜鉛

軟膏

・強いかゆみに効く
・炎症に効く

・進行した症状におすすめ

アスター軟膏は抗真菌成分としてチアントールを配合。イオウ、酸化亜鉛も含まれているため硬くなった皮膚の軟化効果や、分泌物の吸着効果により、カサカサ・ジュクジュクどちらの症状にも使いやすい商品です。

ジフェンヒドラミン塩酸塩,ジブカイン塩酸塩といった2種のかゆみ止め成分が強いかゆみをおさえます。

 

水虫の日常生活での注意点

水虫の治療は、ただ薬を塗っておけばいいというわけではなく、日常生活でのケアがとても重要になってきます。日常生活で気を付けるべきポイントについて解説します。

清潔を保つ

患部は常に清潔にしておくことが大切。白癬菌の繁殖をおさえるために入浴は毎日欠かさずにし、指の間までしっかり洗いましょう。

乾燥を心がける

ジメジメした環境では白癬菌が繁殖しやすくなります。患部のむれを防ぎ、日頃から通気性を良くすることを意識しましょう。洗ったあとは水分をしっかりふき取り、しっかり乾燥させましょう。

薬を使用するタイミング

水虫の薬を使うタイミングはお風呂上がりがおすすめです。患部が清潔であり、皮膚がふやけて薬が浸透しやすいためです。同じ時間に塗る習慣をつけておけば塗り忘れを防ぐことができます。

他の人にうつさないために

水虫は足から落ちた皮膚によっても感染するのでバスマット、タオル、スリッパなどは共用しないようにしましょう。