あかぎれになる原因は?

あかぎれは、皮膚が赤く腫れて炎症を起こし、乾燥してカサカサになり、ひびが入って裂けてしまった状態のことをいいます。

粉が吹いたり、かゆみが生じることもあり、まれに出血をともなうこともあります。

主に手足の指やかかと、特に手の指に起こりやすい症状です。

 

通常、健康な皮膚は、角質層と水分が表面の皮脂などにより保護されています。

しかし、乾燥や寒さなどの刺激によって皮脂と水分が失われて角質層が傷つくことで、荒れやあかぎれなどの症状が現れます。皮膚に十分な栄養が行き渡らないことにより、皮膚が刺激に弱く荒れやすくなる傾向があります。

あかぎれになる原因は複数あり、主に水仕事や事務作業といった生活要因と、乾燥や寒さといった環境要因に大別されます。

食器洗いや洗濯などの水仕事

水仕事をする人はあかぎれになりやすい傾向があります。

水に触れると、皮膚の水分が蒸発するのを防ぐ脂分が流されるため、皮膚に含まれている水分が蒸発しやすい状態になります。特に、温度の高いお湯は皮脂を落としてしまいやすいので注意が必要です。

また、洗剤を使用した水仕事をする場合、より皮膚の脂分を取り除いてしまいやすいので、皮膚が乾燥してあかぎれになる原因になります。

シャンプーやリンスも肌荒れや乾燥の原因となることもあります。

アルコール消毒

アルコール消毒があかぎれの一因となることがあります。

特に、看護師や医師といった医療従事者、保育士や介護士といった福祉従事者など、日常的に何度もアルコール消毒をする人は注意が必要です。

紙製品に触れる事務作業

日常的に、紙やダンボールなどの紙製品に触れる作業をしていると、皮膚が乾燥してあかぎれの原因になります。

紙製品を触ると皮膚の水分が紙製品に吸い取られてしまい、皮膚に必要な水分がなくなってしまいます。

乾燥や寒さ

湿度が低く空気が乾燥している気候や、気温が低い冬場などもあかぎれができやすい要因になります。

気温が低いと血流が悪くなり、汗や皮脂の分泌量が少なくなるので、皮膚のバリア機能が低下し乾燥しやすくなります。

また、乾燥した空気が皮膚に触れると皮膚の水分が蒸発してしまうため、あかぎれの原因となります。

長湯や温度の高いお湯

皮膚は長時間水分に触れていると皮膚に必要な皮脂が落ちてしまうため、1時間以上の入浴にも注意が必要です。

また、温度の高いお湯も同様に皮脂を落としてしまうため、お湯の温度に注意しましょう。

栄養不足

不規則な食生活やバランスの偏った食事を続けていると、皮膚に十分な栄養が行き渡らなくなってあかぎれなどの皮膚トラブルが起こりやすくなります。

特にビタミンB2・ビタミンB6など皮膚の健康維持に関係のあるビタミン類の栄養が不足すると、あかぎれになりやすくなります。

睡眠不足

睡眠不足はあかぎれにつながる要因になります。

睡眠時間が不足すると体の抵抗力が弱まり、新陳代謝がスムーズに行われなくなります。結果として皮膚の回復力が低下し、あかぎれなどの皮膚トラブルが起こりやすくなります。

あかぎれの予防法|日常生活で心がけること

あかぎれを予防するためには、あかぎれとなる原因を取り除くことが大切です。

日常生活においては、手の脂分を余分に落としすぎないことと、物理的な刺激をなるべく避けることが望ましいです。

外出時や事務作業時は手袋を着用する

秋や冬など外気温が低い季節の外出時は、乾燥や冷たい外気から肌を守るために手袋を着用しましょう。また、紙製品を触る事務作業時も皮膚を守るために手袋を着用してください。

 

なお、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、肌を傷つけることがあるので綿100%の製品を使用するとよいでしょう。

水仕事ではゴム手袋を着用する

水仕事の際にゴム手袋を使うことで、あかぎれを予防することができます。

食器洗いや洗濯といった水仕事の際は、ゴム手袋などを着用して、なるべく手を濡らさないようにしましょう。洗剤に直接触れないようにする点でも、ゴム手袋を使用することは有効です。

 

ゴム手袋が肌に合わない場合は、内側に木綿の手袋を着用してからゴム手袋をするのもよいでしょう。

水仕事で水に触れる時間を減らす

食器洗いでは、使う食器を減らしたり、食器を洗う前に軽くキッチンペーパーなどで汚れを拭き取っておくことで、水に触れる時間を削減できます。

入浴はぬるま湯にして長湯を避ける

お湯の温度が高いと皮膚の脂分を落としてしまうため、入浴時はなるべくお風呂の温度を高くしすぎず、38〜40度程度のぬるめの温度にしましょう。

入浴時間についても、長く入浴すると皮膚がふやけて皮膚のバリア機能が低下してしまうので、長風呂は避けてください。

 

また、皮膚への刺激を避けるために、体を洗うときはタオルでゴシゴシと強くこすらないようにし、体を拭くタオルは刺激の少ない綿などの素材を選びましょう。

入浴後、肌の水分を拭き取ったらなるべく早めに保湿クリームを塗ることもおすすめします。

ハンドクリームを使う

こまめに保湿成分の配合されたハンドクリームを塗ることで、あかぎれや手荒れの予防に有効です。

特に紙製品に触れる事務作業を行う場合は、作業の前後でハンドクリームを塗ることをおすすめします。水仕事や入浴の後にハンドクリームやワセリンでケアをしましょう。

加湿器で部屋の湿度を高める

部屋の乾燥を防ぐために加湿器の使用も有効です。

ただし、部屋の湿度が高すぎるとウイルスやカビが増殖しやすくなるため、湿度は50%程度を目安に設定することをおすすめします。

十分な栄養を摂取する

食生活が不規則になると皮膚に栄養が十分に行き渡らず、皮膚トラブルの原因となります。規則正しい食生活を送るとともに、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

特に、あかぎれや手荒れが気になる方は、主にビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンEを含む食品を積極的に摂取しましょう。

ビタミンAには皮膚や粘膜を健康に保つ役割、ビタミンB2・B6には皮膚の修復を助ける役割、ビタミンEには皮膚の血行を促進する役割があります。

 

それぞれの栄養素を含む代表的な食品は以下の通りです。

栄養素 代表的な食品
ビタミンA レバー、卵黄、にんじん、小松菜、ほうれん草、にら、バター、いわしなど
ビタミンB2 レバー、牛乳、卵、うなぎ、わかめ、のり、納豆、まいたけ、アーモンド、干ししいたけなど
ビタミンB6 マグロ、トマト、じゃがいも、にんにく、ケール、レバー、かつお、鶏むね肉など
ビタミンE アーモンド、ナッツ類、ほうれん草、トマト、かぼちゃ、アボカドなど

睡眠をしっかりとる

しっかりと体を休ませることは、皮膚の健康にもつながります。

夜更かしをすると本来夜間に出る成長ホルモンがうまく分泌されず、健康な細胞をつくりだすことができなくなってしまいます。十分な睡眠時間を確保しましょう。

あかぎれの予防に使える市販薬

皮膚の状態によっては、市販薬であかぎれを予防できる場合があります。

特に、あかぎれになる手前の乾燥肌状態の皮膚には、保湿成分を配合した市販薬を使用することをおすすめします。

肌がカサカサに乾燥している場合

肌がカサカサに乾燥している場合は、保湿成分であるヘパリン類似物質を配合した市販薬を使うことをおすすめします。または、皮膚の血流を促進するビタミンEを配合した塗り薬を使用するのもよいでしょう。

ヘパリン類似物質乳状液「JM」

乾燥肌の保湿や肌トラブルの改善に使われる市販薬です。ヘパリン類似物質が皮膚科で処方される薬と同量配合されています。

乳状液タイプの塗り薬なのでクリームタイプよりべとつきにくく、日中も使いやすい特徴があります。

また、しっとりとした使用感なので、広い範囲の乾燥部位をカバーすることができます。

ヒフメイド油性クリーム

ヘパリン類似物質を配合した市販薬では初めてのW/O(ダブリューオー)型といわれるクリームタイプの塗り薬です。

W/O型クリームは、油分に水分を混ぜて作られており、水に溶けにくいという性質があります。

有効成分のヘパリン類似物質が皮膚科で処方される薬と同量配合されています。

ユースキンA(ユースキンAa)

ユースキンAには皮膚の炎症をおさえるグリチルレチン酸、血行を促進するビタミンE酢酸エステル、保湿成分のグリセリンが配合されています。

乾燥で皮膚が固くなっている場合

皮膚の乾燥がひどく、皮膚が固く分厚くなっている場合は、角質融解作用をもつ保湿成分である尿素を配合した市販薬がおすすめです。

ただし、すでに皮膚がひびわれていてあかぎれになっている場合は、尿素が傷口にしみて痛いので使用しないでください。

ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム

処方薬のケラチナミンコーワクリームと同じ興和株式会社から販売されており、処方薬と同じく尿素が20%配合された市販薬です。

尿素には角質を柔らかくする作用があるので、角質が硬くなった部位の保湿に適しています。

あかぎれになったときの対処法

既にあかぎれになっている場合は、予防だけではなく治療が必要となります。

あかぎれの症状によっては、自分でケアできる場合と病院を受診した方が早く治る場合があります。

あかぎれになったときの対処法について、詳しくはこちらの記事をごらんください。