声枯れは、声帯や喉頭に何らかの異常がある場合に起こることがあります。なお、声枯れやかすれのことを医学用語で嗄声(させい)ともいいます。

長時間声を出し続ける教師や保母さんなどの仕事をしている人、カラオケなどで大声を出した人、風邪などで喉に炎症を起こした人が声枯れを起こすことがあります。

しかし、まれに声枯れには病気の原因が隠れていることもあります。この記事では、声枯れの原因として考えられる病気について詳しく解説します。

声枯れの原因

声枯れが起こる原因としては、次のようなものがあります。

喉の酷使

仕事などで長時間しゃべる、カラオケで歌い過ぎるなどして声帯や咽頭が傷つき、炎症が起こることによって声枯れになることがあります。

多くの場合は一時的なもので、炎症がおさまれば自然に治ることがほとんどです。無理に声を張り上げることは極力控えましょう。

飲酒や喫煙

過度の飲酒や喫煙は、喉を刺激して炎症を起こしてしまうことがあるため、声枯れの原因となります。

また、声帯ポリープなどの病気の原因にもなるので、飲酒や喫煙はなるべく控えましょう。

薬による副作用

使用している薬の副作用で声枯れが起こることもあります。

気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療で、レルベアやフルティフォームなどの吸入ステロイド薬を使用している場合は、副作用としての声枯れが起こりやすいので注意が必要です。

なお、薬の副作用で声枯れが起こっている場合は、薬の変更や中止で改善できます。

声枯れが治らないときに考えられる病気

声枯れがなかなか治らない場合は、病気が原因となっている場合があります。

声枯れに隠れている病気には、声帯そのものに問題がある場合と、声帯に関係する神経に病気がある場合があります。声枯れの症状から考えられる病気は以下の通りです。

喉頭炎

喉頭炎は、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や、刺激性ガスの吸入などにより、主に声枯れや声のかすれの症状を引き起こします。

初期段階では痛みがありませんが、炎症が広がると喉の痛みや咳をともなうことがあります。

多くの場合は、大きな声を出さずに安静にしていれば2~3日でおさまりますが、長引く場合は病院を受診して薬を処方してもらうなどの対処をする必要があります。

喉頭がん

喉頭がんは、耳鼻咽喉科領域の中ではもっとも起こりやすいがんです。原因の一つとしては、喫煙や飲酒との関連性が高いと考えられています。

主な症状としては、声枯れ・声のかすれを生じることが多く、2週間以上症状が続く場合は喉頭がんを疑う必要があります。

喉頭がんの初期症状は、食べ物を飲み込んだときの痛み、異物感などです。また、進行すると食べ物や飲み物を飲み込むことや呼吸をすることが困難になることもあります。

声帯ポリープ

声帯ポリープは、歌手や教師、保母さんなど声をよく使う方に多い病気です。喫煙する方も声帯ポリープになりやすい傾向があります。

主な症状としては、声枯れやのどの奥に何か詰まっているような違和感、声を出しているときの息の漏れ、やや低音になる、発声の途中で声が止まるといったことが起こることがあります。

声帯結節

声帯結節は、声帯へ反復した刺激が続くことで、マメやタコのようなものが声帯にできる病気です。声をよく使う職業の方に多く発症するほか、幼いこどもにも見られる病気です。

主な症状は声枯れです。日によって症状に波があり、長く話していると声が出にくくなるケースが多く、喉の痛みが出ることもあります。無理に声を出そうとすると、悪化してさらに結節が発生するおそれがあるため、できる限り安静を保ちましょう。

声帯萎縮

声帯萎縮は、声帯の容積が減少することで声帯がうまく閉じられなくなる病気です。

主な症状としては、声枯れ、声が出しにくくなる、声が弱々しくなるといったものがあげられます。

声帯萎縮が起きる原因は、加齢によるものや声帯麻痺、声帯溝症などの病気によるものがあります。

反回神経麻痺

反回神経は、喉の周辺をコントロールして声帯の開け閉めも行っている神経です。反回神経になんらかのダメージがあり、麻痺することを反回神経麻痺といいます。

反回神経麻痺の主な症状は、声枯れや誤嚥(誤って気管に水や食べ物が入ること)があげられます。

なお、反回神経麻痺には、頸静脈孔腫瘍や肺がん、食道がん、弓部大動脈瘤などの重大な病気が関わっているおそれもあるため、速やかに病院を受診して原因を突き止めることが必要です。

声枯れの対処法

声枯れの対処法としては、市販薬を使用することもおすすめです。

声枯れの原因によって適切な市販薬は異なりますが、風邪などによる喉の炎症におすすめの市販薬は「龍角散ダイレクト」です。

龍角散ダイレクトスティックミント

声枯れや喉の荒れ、喉の不快感、痰、咳などを和らげる薬です。顆粒状の薬で、水を飲むことなく使用できます。舌の上でサッと溶け、患部に直接作用するため、喉に素早く効果を発揮します。

声枯れの対処法と、声枯れを改善するおすすめの市販薬・漢方薬については、関連記事をごらんください。

おわりに

風邪などで起こした一時的な声枯れの症状は時間がたてば自然に治りますが、なかなか治らない声枯れについては注意深く観察する必要があります。

一つの目安として、声枯れの症状が1カ月以上続く場合は病気が原因となっているおそれがあるため、病院を受診しましょう。

また、突然声枯れが起こって激しい胸痛や呼吸困難などをともなう場合は、緊急の場合があるため速やかに病院を受診してください。