質問

Q

風邪から気管支炎になりやすい子供に対する普段からの注意点は何ですか。

回答済み

2歳の子供が風邪をひきやすく、すぐに気管支炎になってしまいます。

日頃どんなことに注意したらよいでしょうか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

玉田
薬剤師

子供の場合、気管や気管支が狭い、体の免疫機能が未発達、気道の粘膜にある線毛の機能が未発達などの理由から気管支炎になりやすいです。
そのため、気管支炎は小児では、ある程度仕方がなく、成長に伴って気管支炎の頻度は減っていきます。

気管支炎の原因は鼻やのどなどの上気道の要因が考えられます。
副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を合併している場合は、鼻汁が常にのどに落ち込むため、その鼻汁が刺激となって気管支炎を起こす可能性があります。また、鼻の奥にあるアデノイドというリンパ組織やのどにある扁桃腺が大きいために空気の通り道をふさいでいる場合には、いびきや口呼吸を生じやすいです。すると、外界のほこりなどの刺激物やウイルス・細菌が直接気管に入り込むため、より気管支炎を起こしやすくしてしまいます。

これらの指標として、鼻汁の量、睡眠時のいびき、口呼吸の頻度をみてみましょう。