質問

Q

これは、喘息の症状にあたりますか?

回答済み

六月に、喘息の人と同じぐらい気管が狭いと病院で診断されました。放置しすぎてた為、普通の人よりも治る確率は低いとも言われました。

くわしく、喘息の検査をし、はっきりと喘息か喘息じゃないか言われなかったんです…

で、2週間分薬を出され、それを飲んだ後はもう1度も病院行っていません。

夏はなにも症状が起こらなかったんですが、夏休みの終わりの少し涼しくなったあたりから咳がすごくひどくなってきました。

すごく痰が絡むときが多く、時々ご飯を戻したりしてしまいます。

それに走ったら、息は何とか吸えるものの、息が吐けなくなります。

これは、喘息の症状にあたりますか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

さやか
薬剤師

喘息の特徴として喘鳴(ぜんめい)というものがあり、呼吸をするとゼイゼイ・ヒューヒューいったりします。

また、常に辛いのではなく、アレルギー性の発作として起こることもあり、発作の際は喘息の症状によって気管が狭くなって呼吸が辛くなることがあるため気管支を広げて呼吸を楽にしてあげたりします。

また、根本治療としては吸入タイプのステロイド剤で喘息の原因となる炎症やアレルギー反応を解消します。

今回の症状が喘息の症状であるかどうかは残念ながら実際に医療機関で受診しないと判断できませんが(ネット上では診断行為はできないため)、まだ呼吸が辛いようでしたらお薬の変更や他の原因も含めた診断を行ったほうが良いかと思いますのでできれば内科などに受診していただければと思います。

お大事にしてください。