痰とは?

痰は、のどから肺へ通じる空気の通り道である「気道」から出る分泌物です。

気道が分泌した粘液は、ほこりやウイルス・細菌などの異物を取り込み、これが痰となります。

分泌物は常に出ていますが、通常は気道の表面の粘膜に再吸収されたり、のどまで上がってきても無意識に飲み込んでいるため、体外には排出されません。

しかし、さまざまな原因で分泌物の量が増えると塊になり、痰として外に排出されます。

痰が出る原因

痰が出る主な原因には、次のようなものがあります。

風邪やインフルエンザなどの感染症

ウイルスや細菌に感染することによって、気道に炎症が起こって痰が出ることがあります。

気管支や肺の病気

気道である気管支や肺に炎症が起こると、痰が出ます。

気管支炎・肺炎や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息などの病気が考えられます。

心臓の病気

心不全が起こると、肺の血管に血液がたまって圧が上がるため、血の混じった痰が出ることがあります。

アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)やハウスダストなどによる通年性アレルギー性鼻炎では、鼻水がのどに流れる後鼻漏(ごびろう)という症状が現れることがあります。

この後鼻漏が痰の原因になることがあります。

生活環境の影響

工場からの排煙・自動車の排気ガスなどの汚れた大気や、自分や他者が吸うたばこが気道に刺激を与え、痰が出ることがあります。

痰は体調を示すサイン

痰は体調を示すサインとなるため、痰が出る場合は量・色・粘度などを観察することが大切です。

痰の色と粘度は体調によって変化する

通常の痰は透明から白で粘り気もほとんどありません。

しかし、気道で炎症が起こると痰の量が増え、色も変化して粘り気が増します。

さらに痰の中に、体内に入り込んだ細菌を食べた白血球の死骸が混ざることがあり、このことも痰の色や粘り気を変化させます。

痰の色や粘度など痰の性状について、詳しくは関連記事をごらんください。

痰に血が混じる場合は注意が必要

赤や茶色の痰が出るときは、鼻の中、口の中、のど、気管支、肺など体のどこかで出血が起こっているおそれがあります。

混じった血が少量であれば問題ありませんが、重大な病気である危険性もあるため、早めに医療機関を受診しましょう。

痰に血が混じっている場合に考えられる病気について、詳しくは関連記事をごらんください。

痰が出るときの注意点

痰は飲み込まない

痰には気道内の細菌や異物が含まれており、体にとって有害なものです。

痰は飲み込まずに、吐き出すようにしましょう。

特に感染症の場合は、痰を外に出し切ることが、早めの回復につながります。

痰が絡む咳は無理に止めない

咳は、外部から気道への刺激、気道の炎症、のどに絡んだ痰などが原因で起こり、痰を体の外に排出する働きがあります。

そのため、痰が絡むゴホゴホとした湿った咳は、咳止めの薬などで無理に止めないようにしましょう。

ただし、咳をすることは体に負担を与えるため、痰が絡まないコンコンとした乾いた咳は止めた方が良いとされています。

痰が絡む場合の対処法

痰が絡むのを気にして咳払いや痰切りを頻繁に行うと、のどの粘膜を痛めてしまうことがあります。

次のような対処法で、痰を出しやすくしましょう。

多めの水分補給

痰に粘り気があると、体外に出にくくなります。

痰を出しやすくするため、水分を普段より多めに補給しましょう。

水分を補給することは、のどの乾燥対策にもつながります。

部屋の乾燥を防ぐ

痰を出すためには周りの環境も大切で、空気が乾燥すると、痰が出にくくなります。

加湿器を使用したり濡れタオルを干すなどして、室内の湿度を高く保ちましょう。

マスクを使用する

汚れた大気などによる気道への刺激をやわらげるためには、マスクの着用も効果的です。

特に乾燥した冬場には、のど保湿のためにもマスクの使用をおすすめします。

たばこを吸うのをやめる

喫煙は気道を刺激し、健康な人でも痰が出る原因となります。

痰がのどに絡むのが気になる方は、禁煙することが大切です。

すぐに禁煙できない場合でも、少しずつ本数を減らすことを心がけましょう。

薬を使用する

痰が絡まって苦しい場合は、市販薬を使用するのもひとつの手段です。

痰を切れやすくする成分が配合された薬や漢方薬は、薬局・ドラッグストア・インターネットなどで市販されています。

痰を切れやすくする薬について、詳しくは関連記事をごらんください。

病気の疑いがある場合は病院を受診

咳や痰が2週間以上止まらない、黄色や緑色などの粘り気のある痰が出る、痰に血が混じっている、などの場合は何らかの病気であるおそれがあります。

医療機関を受診して、医師の診断を受けて治療を行いましょう。

受診する科は、総合的な診断ができる内科や鼻炎などの持病のある場合は耳鼻咽喉科が良いでしょう。

おわりに

痰は自分の体調を示すバロメーターとなります。

色や量・粘度などを確認し、異常があるようなら早めに医療機関を受診してください。