口角炎は市販薬で治せる?

口角炎では、唇の両端部分である口角に炎症や亀裂ができる症状です。

特に食事や会話などで口を開ける時に痛むことが多く、ときには出血することもあります。子どもから高齢者まで年齢問わず、一年中起こりうる身近な症状です。

軽い口角炎の場合は自然に治ることもあります。

しかし、唇は食事や会話でよく使う部位であり、自然に治るまでに時間がかかったり、痛みで日常生活に支障がでることもあります。

慢性化する前に、早めに市販薬を活用し対処しましょう。

口角炎の原因

口角炎が起こる原因はさまざまあり、原因によって特徴も異なります。

主な原因 特徴
舌なめずり ・舌なめずりが癖になりやすい子どもに多い
・空気の乾燥しやすい冬場に多い
化粧品などのアレルギー ・特に皮膚の弱い方に起こりやすい
・日焼け止め、歯磨き粉などでも起こりうる
アトピー性皮膚炎 アトピーが唇にできたもの(アトピー性皮膚炎の症状)
ストレス・栄養不足 ・ビタミンB群の不足、睡眠不足などの生活習慣の悪化も原因となる

その他にも、病気が原因となり口角の炎症が起こることもあります。

口角炎の塗り薬と飲み薬はどちらが良い?

口角炎には、唇に直接塗る「塗り薬」と、体の内側から効果を発揮する「飲み薬」があります。

口角炎は、まずは「塗り薬」で対処しましょう。「塗り薬」は患部に直接有効成分が浸透するため、炎症や傷などをすばやく抑えることができます。

口角炎の市販薬の中には、ステロイドを配合しているものや抗炎症成分など複数の有効成分が配合されているものなど、さまざまな種類があります。使いやすさや使用感も加味して自分に合った薬を選びましょう。

「飲み薬」では、口角炎の原因のひとつであるビタミンB群不足を解消することで、体の内側から口角炎にアプローチします。特に口角炎ができやすい方、口角炎以外にも口内炎や肌荒れなどが起きやすい方に適しています。

ただし、飲んだら口角炎がすぐ治るというものではありません。一ヶ月程度服用を続けることが推奨されています。

なお、「塗り薬」と「飲み薬」を併用することも可能です。口角炎が慢性的にできやすい方は薬をうまく活用することをおすすめします。

モアリップ:医薬品のリップクリーム

炎症を抑える成分の「グリチルレチン酸」と、荒れた皮膚を修復する成分の「アラントイン」など複数の有効成分が配合された医療用のリップクリームです。

そのまま塗れるチューブタイプで手も汚れません。無香料・無着色で子どもや赤ちゃんにも使用できます。

5〜6日使用しても症状が良くならない場合は、医師や薬剤師に相談してください。

デンタルピルクリーム:ステロイド成分配合

デンタルピルクリーム

炎症を抑える働きをするステロイド成分「プレドニゾロン」と、殺菌成分「セチルピリジニウム塩化物水和物」を配合した塗り薬です。治りにくい口角炎にも、ステロイド成分が効果を発揮します。

口角炎だけでなく口内炎・歯肉炎など口の中の炎症にも使用できます。

妊娠中・授乳中や、唇をなめやすい子どもでも使用することができます。 

メンソレータムシリーズ

メンソレータムメディカルリップnc

メンソレータムメディカルリップnc

炎症を抑える効果のある「グリチルレチン酸」と、組織修復成分の「アラントイン」が配合された医薬品のリップクリームです。

その他にも、患部の血行を促進し代謝をうながすビタミンE誘導体や、皮膚の粘膜の健康を維持するビタミンB6も配合されています。

また、殺菌作用のあるセチルピリジニウム塩化物水和物も配合されているため、患部の細菌感染を防ぐ効果もあります。

スースーするメントールなどの成分が配合されていないため、敏感な唇にも優しい使い心地です。

メンソレータムメディカルリップb

メンソレータムメディカルリップb

メンソレータムメディカルリップncに、スーッと爽快な使い心地をもたらすdl-メントールを配合した製品です。

ジャータイプで、傷やひび割れに合わせて薬をやすいことも特徴です。

メンソレータムヒビプロLP

メンソレータムヒビプロLP

ひび割れてしまった唇に効果を発揮する外用薬です。

炎症を抑える効果のあるグリチルレチン酸・アラントインの他に、患部の治りを助けて健康に保つビタミンEやビタミンB6も配合されています。

妊娠中・授乳中や子どもでも使用することができます。

口角炎の飲み薬:ビタミンBBプラス「クニヒロ」

ビタミンBBプラス「クニヒロ」

口角炎の治療に使われるビタミンB群をバランス良く配合。

ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB1、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムの5種類のビタミンB群が、口角炎に体の内側からアプローチします。

合成着色料は配合されていません。15歳未満は使用できないので注意してください。

3歳から飲める:ビタミンBB-L錠「クニヒロ」

ビタミンBB−L錠「クニヒロ」

皮膚の皮脂腺の働きを調整する持続型のビタミンB2酪酸エステル、ビタミンB6にビタミンCを配合。口角炎だけでなく、ニキビや肌荒れにも効果を発揮します。

水無しでなめたり噛んだりできるチュアブル錠です。

3歳以上から飲むことはできますが、年齢によって1回の量と1日の服用回数が決められています。必ず添付文書で正しい用法用量を確認しましょう。

1日1回の飲み薬:トラフルBBチャージ start アフィリエイトタグ

トラフルBBチャージ

持続型のビタミンB2酪酸エステル、ビタミンB6にビタミンCを配合。

その他にも、ヨクイニンエキス、L−システイン、ニコチン酸アミド、ビオチンなどさまざまな有効成分が配合されています。

1日1回だけ、就寝前の服用をおすすめします。7歳以上から飲むことができます。

口角炎の改善・予防のポイント

口角炎予防にビタミンB群の食事を

ビタミンB群が不足していると、唇の荒れが起こりやすくなります。口角炎の飲み薬やサプリメントだけに頼るのではなく、日々の食事でも積極的に摂取しましょう。

特にビタミンB2やビタミンB6は、唇だけではなく皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない栄養素です。

ビタミンB2は、鮭、レバー、牛乳、卵などに多く含まれています。ビタミンB6は、大豆、鶏むね肉などに

唇の保湿をする

唇の乾燥は、口角炎の悪化につながる大きな原因となります。口角炎ができる前に、予防としても意識して唇を保湿しましょう。

市販されているワセリンなどは、皮膚の乾燥を防ぎ、さまざまな刺激から肌を守る効果が期待できます。ワセリンの中でも成分がワセリン単体の製品を選びましょう。

刺激の強い食べ物は避ける

口角炎の改善や予防のために、唇への刺激をできるだけ減らすことも大切です。

口角炎ができている場合は、からい料理や味の濃い料理、熱いものなど刺激の強い食べ物はできるだけ避けましょう。

口角炎は病気の危険性はある?

口角炎がなかなか治らない方や悪化してしまった方は、歯科・皮膚科・口腔外科を受診します。

痛みやかゆみが悪化し日常生活に支障がでたり、市販薬を使用して5,6日経過しても改善しない場合は病院を受診し治療しましょう。

また、口角炎がなかなか治らない場合や繰り返す場合、まれに感染症や他の病気が関係していることがあります。

症状に思い当たる場合や不安がある場合は、できるだけ早く病院を受診しましょう。

カンジダ菌・ヘルペスへの感染

カンジダ菌や化膿を引き起こす菌などの感染によって、口角炎が起こることがあります。

カンジダなどの真菌感染の場合は口唇に白い苔のようなものが付着し、細菌に感染している場合はただれが強くあらわれます。

また、ヘルペスなどのウイルス感染の場合には口の周りにむずむずするような違和感やかゆみを感じ、水疱(すいほう)があらわれます。

肝障害・甲状腺機能低下

口角炎の原因のひとつにビタミンB2・B6の欠乏があります。

ビタミンB2・B6は、肝障害や甲状腺機能低下といった何らかの病気によって欠乏することがあります。