「唇が乾燥したら、リップクリームを塗れば大丈夫。」というわけではありません。

唇が乾燥する原因によって対処の仕方は異なります。また、乾燥の程度や症状によっては、化粧品のリップクリームより医薬品のリップクリームを塗った方がいい場合もあります。

唇が乾燥する原因を理解し、合わせてどのように対策すればいいのか確認しましょう。

唇が乾燥する原因は?

紫外線を浴びる

強い日差しなどで紫外線を浴びることで、他の皮膚と同じように唇もダメージを受けます。

唇は紫外線をブロックする役割をもつメラニンの量が少ないので、ダメージを蓄積しやすい特徴があります。

唇をなめる癖

唇をなめることで唇の皮脂が減り、乾燥が進むこともあります。

唇が乾燥したときに無意識に唇をなめるていると、結果的に乾燥を引き起こします。唇の乾燥は進行すると亀裂が入る原因になり、痛みをともなうので注意が必要です。

栄養不足

食生活の偏りは唇が荒れる原因のひとつになります。特に、ビタミンB2やビタミンB6は皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあり、不足するとさまざまな皮膚のトラブルがおこるおそれがあります。

血行不良

血液の循環が悪いと、水分や栄養素がうまく唇の皮膚に行き渡らず、乾燥や炎症の原因になります。冬場など気温が低い場合は特に血行不良が起こりやすくなります。

口紅やリップクリームなどの外的刺激

口紅などのメイク用具や美容目的のリップクリームは、唇の荒れを引き起こす原因になる可能性があります。

アレルギーの直接的原因にならなくても、唇が炎症を起こすきっかけにもつながります。唇が乾燥したり荒れていたり、なんらかの症状がある場合や症状が悪化している場合は、いつも使用している化粧品でも使用を控えましょう。

すぐにできる乾燥対策

リップクリームを塗る

リップクリームには唇をケアするためにさまざまな役割があります。

唇の保湿だけではなくは、紫外線をブロックする成分や、医薬品のリップクリームであれば組織を修復する成分や炎症を抑えてくれる成分が配合されているものもあります。

室内の加湿

乾燥した室内に長くいることで唇の水分が失われます。冬場の乾燥しやすい季節はなるべく加湿器を使うなどして工夫するとよいでしょう。

唇をなめない

唇をなめることで皮脂膜が減ってしまい、乾燥の原因になります。

また、荒れた唇をさわることで敏感になっている皮膚に刺激を与えることになり、症状が悪化する場合もあります。
炎症をおこしている部分などは、できるだけなめたりさわったりしないように意識しましょう。

皮膚に良い栄養の摂取

唇を健康に保つためにも偏食せずにしっかり栄養を補給することも大切です。

特にビタミンB2やビタミンB6は皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあり、不足するとさまざまな皮膚のトラブルがおこるおそれがあります。

ビタミン群が含まれるものを普段から意識的に食事に取り入れることで健康な状態を維持します。

 

【皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミン群が含まれる食材】

ビタミンB2:魚や卵、乳製品

ビタミンB6:赤身の魚や、ヒレ肉やささみなどの脂が少ない肉類

睡眠と休養

しっかり体を休ませることも大切です。

夜更かしをすると本来夜間に出る成長ホルモンがうまく分泌されず、健康な細胞をつくりだすことができなくなってしまいます。十分な睡眠時間を確保しましょう。

市販薬で唇の乾燥対策!

リップクリームは、化粧品以外に医薬品・医薬部外品に分類される商品も販売されています。

医薬品・医薬部外品に分類される商品は、厚生労働省から効果が認められている成分を配合しているという点でしっかり治療したいという方におすすめです。

 

唇の乾燥には、リップクリームだけではなく、ビタミン剤や漢方製剤も選択肢のひとつです。

ビタミン剤は効率的に目的のビタミン成分を摂取できるので食事とは別に補助として利用できます。漢方製剤は乾燥を直接改善するわけではありませんが、胃腸の働きを改善することで間接的にアプローチできます。症状や目的に合わせて併用も含めて検討しましょう。

おすすめのリップクリーム

ベビーワセリンリップ :ワセリンで唇を保護

【保湿クリーム】ベビーワセリンリップ 10g(携帯用 乾燥肌 パラベンフリー)

ワセリンは皮膚の保護剤です。角質層まで浸透することはなく、肌表面に膜をつくりさまざまな刺激から唇を守ります。

また、保湿効果もありますが、水分を与えるというわけではなく、あくまで表面の水分を閉じ込めるだけです。そのため、お風呂上がりなど水分が蒸発してしまった肌には化粧水で水分を補給し、その上からワセリンを塗りましょう。

クチピア:アフターフォローも充実

クチピアには唇の修復をうながすアラントインや、炎症を鎮めるグリチルレチン酸、皮膚の新陳代謝をうながすビタミンE誘導体、皮膚の健康を維持するビタミンB6、パンテノールが配合されており、乾燥し繰り返し唇の荒れに効果が期待できます。

添加物として保護成分であるワセリンが含まれているので、患部にピッタリ密着し、荒れた唇をしっかり保護します。

また、製品に記載しているQRコードを読み取ると薬剤師に無料でチャット相談できるので安心して使用することができるのも嬉しいポイントです。

メンソレータムメディカルリップb:スーッとした清涼感

メンソレータムメディカルリップb

ビタミンB6、ビタミンE誘導体、アラントイン、グリチルレチン酸に加え、殺菌成分であるセチリピリジニウム塩化物水和物を配合し感染を予防。

dl-メントールが入っているため、塗ったあとにスーッとする清涼感を得たい方におすすめです。

おすすめのビタミン剤

ビタミンBBプラス「クニヒロ」:ビタミンB群配合

ビタミンBBプラス「クニヒロ」

ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB1、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムの5種類を配合。ビタミンB群を総合的に摂取できるため唇の健康維持に適しています。

トラフルBBチャージ:持続型ビタミンB2配合

トラフルBBチャージ

持続型のビタミンB2酪酸エステル、ビタミンB6にビタミンCを配合。緩やかに体内に吸収されるので1日1回の服用で効果が期待できます。

その他にも、ヨクイニンエキス、L−システイン、ニコチン酸アミド、ビオチンなどさまざまな有効成分が配合されています。

おすすめの漢方

漢方は長期的に服用することで内側の体質から改善していくという考えのもと、乾燥によってくり返す唇の荒れに効果が期待できます。

半夏瀉心湯:胃腸の働きを助ける漢方

半夏瀉心湯エキス錠Fクラシエ

東洋医学において唇は五臓六腑で言う脾(胃腸)と関係づけられることから、胃腸への負担は唇のトラブルにつながります。胃腸の働きを助ける半夏瀉心湯を服用することで唇の症状の改善にアプローチします。